世界ボクシング協会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
世界ボクシング協会
World Boxing Association
略称 WBA
設立年 1921年
種類 ボクシング組織
本部 パナマの旗 パナマ
パナマシティ
ウェブサイト http://www.wbanews.com/
テンプレートを表示

世界ボクシング協会(せかいボクシングきょうかい、World Boxing Association / WBA)は、プロボクシングの世界王座認定団体の一つ。本部はベネズエラマラカイに所在していたが、2007年初頭にパナマパナマシティに移転した。

概要[編集]

WBCIBFWBOの3団体も基を辿るとWBAに行きつく、もっとも古い世界ボクシング機構。IBF・WBOについてはWBA会長選挙が設立に影響を与えている。

沿革[編集]

設立[編集]

階級新設[編集]

  • 1922年2月11日、スーパーフェザー級(旧名称:ジュニアライト級、130ポンド未満)およびスーパーライト級(旧名称:ジュニアウェルター級、140ポンド未満)を新設。
  • 1929年6月19日、ニュースでパナマアル・ブラウンを王者として認めないが118ポンド未満の選手権を行うことを発表(バンタム級の新設・王座は設置せず)。
  • 1929年6月20日、ニュースで全国にバンタム級世界王者はパナマアル・ブラウンと発表されてしまう(NBAは否定)。
  • 1929年10月7日、エドワードフォスター会長は会議において認めざるを得ない状況となり、パナマアル・ブラウンをバンタム級の王者であると宣言する。

改称[編集]

WBCの離反[編集]

米国主導から中南米主導の団体へ[編集]

  • 1974年パナマで開催されたWBA総会でエリアス・コルドバ(パナマ)[1]が、米国・カナダ人以外では初めて会長に選出される。
  • それ以降、アメリカ合衆国からの会長選出は無く、エリアス・コルドバ(パナマ)→マンドリー・ガリンデス(ベネズエラ)→ロドリゴ・サンチェス(パナマ)と、WBAの主導権はアメリカ合衆国から中南米諸国に移る。
  • 1982年ロドリゴ・サンチェス会長の急死を受けて行われたWBA会長選挙で、米国勢力の巻き返しを狙って擁立されたロバート・リーが、選挙で敗れると、米国勢力は、そのままロバート・リーを担いでWBAを脱退し、新たな世界選手権の統括機構であるIBFを設立。分裂が固定化する。一方WBAも、この選挙で選出されたヒルベルト・メンドサ(ベネズエラ)会長が以後現在に至るまで会長を務め、次期会長が子息であるヒルベルト・メンドサ・ジュニアに世襲されることが確実となり、暫定王者とスーパー王者の乱造と相まって、世界最初の世界選手権の統一統括機構であった老舗の団体としての色をなくし、主要四団体の一つに過ぎない存在に埋没しつつあるのではないかと指摘がなされているのが現状である。

スーパー王座制度[編集]

WBA世界王者が他三団体のいずれかの王座を獲得し統一王者となった場合、WBAスーパー王座として承認される。WBA世界王座はスーパー王座として繰上げされ、通常のWBA世界王座(正規王座)は空位となり、空位となった通常の王座に新たな選手が認定される。WBAはスーパー王者と正規王者の2人が同時に存在し別々に防衛戦を行うことを認めており、この制度のメリットとしてはタイトルマッチにおけるタイトルの承認料金を二重に取れることが挙げられる。

女子部門の設立[編集]

2004年に女子部門である「WBA Women's」を設立。同年4月8日にはヴァイア・ザガナスがWBA初の女子世界王者となる。

通常女子ボクシングの世界タイトルマッチは2分10Rで行われるが、WBAルールでは3分12Rも認められる。ただし最終判断は各コミッションに委ねられており、1R3分の試合はネバダ州など少数のコミッションでしか認められていないため3分12Rのタイトルマッチはあまり実施されない。

当初はWBA女子ランキングも当然のごとく設けられていたが、複数階級に同一選手が重複ランクされるなど不手際も多く、正しく機能しないまま2009年辺りからランキングも発表されなくなり一度消滅し、2012年に復活したが相変わらず不手際が目立ったままで更新も不定期となっている。現在は他団体のランクや直近の戦績などで挑戦資格のある選手を決めている状態にあり、指名挑戦者決定もままならず暫定王者も増加している。

WBAルール[編集]

WBA認定試合におけるルールの特徴は以下のとおり。

  • スリーノックダウン制(1ラウンド中に3度のダウンがあった場合、自動的にノックアウトが成立する。ただしアメリカではフリーノックダウン制)。
  • ノックダウンした選手はゴングに救われない(ダウンのカウント中に3分を経過してもカウント続行。当然、10カウント以内に立ち上がって試合続行に応じられない場合はノックアウトが成立する)。以前は最終回のみゴングに救われていた。
  • 偶然のバッティングにより試合続行不能となった場合、4回までは引き分け(王座の移動は無し)。5回以降は、ストップしたラウンドを含めた採点(負傷判定)により勝敗を決する。
  • 試合中に採点を公表する「オープン・スコアリング・システム」は採用していない(1990年代末に試験採用していた)。
  • ラウンド・マスト・システム(各ラウンドの判定は極力差をつける)。2007年以降は主に南米諸国で採用されているハーフポイント(10-9.5のように0.5ポイント刻みで判定を示す)を試験採用中(日本やアメリカなど一部の国では不採用)。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

団体[編集]

下部組織[編集]

王者一覧表[編集]

その他[編集]

外部リンク[編集]