スーパーミドル級

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

スーパーミドル級: super middle weight)は、ボクシングで用いられる階級の1つである。ミドルは「中間」のこと。

ボクシング[編集]

プロボクシングでの契約ウェートは、160 - 168ポンド (72.575 - 76.204kg) である。ミドル級ライトヘビー級の間の階級で、全17階級中4番目に重い階級である。1984年設置。

アマチュアではこの階級に相当する階級は存在せず、ライトヘビー級に属する。

初代世界王者はWBA朴鐘八韓国) 、WBCシュガー・レイ・レナードアメリカ合衆国)。

この階級の世界王座防衛最多記録はスベン・オットケドイツ / IBF)、ジョー・カルザゲイギリス / WBO)の21度。

JBCでは2009年9月度より空位のランキングとして新設されたが[1][2]、2011年8月度に三浦広光が初めて日本ランク入りを果たした[3]。2013年現在、日本のジム所属選手からは田島吉秋西澤ヨシノリ清田祐三がこの階級の世界王座に挑戦しているが、世界王者は生まれていない。

脚注[編集]

  1. ^ 日本にS・ミドル級超ランキング設置”. ボクシングニュース「Box-on!」 (2009年9月24日). 2010年3月31日閲覧。
  2. ^ ヘビーなど4重量級を追加 ボクシング日本ランキング”. 朝日新聞 (2009年9月24日). 2010年3月31日閲覧。[リンク切れ]
  3. ^ 三浦広光「日本ランカーに見合った試合を心掛けます」 帝拳ジム公式モバイルサイト

関連項目[編集]

外部リンク[編集]