世界ボクシング機構

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
世界ボクシング機構
World Boxing Organization
略称 WBO
設立年 1988年
種類 ボクシング組織
本部 プエルトリコの旗 プエルトリコサンフアン
ウェブサイト http://www.wbo-int.com/
テンプレートを表示

世界ボクシング機構(せかいボクシングきこう、World Boxing Organization / WBO)は、プロボクシングの世界王座認定団体の一つ。世界ボクシング協会(WBA)から分裂して1988年に設立された。本部はプエルトリコサンフアンにある。現会長はフランシスコ・バルカルセル

歴史、概要[編集]

1988年のWBAの会長選挙結果を受け、カリブ地域の反対派とアメリカ合衆国の有力プロモーターの思惑が一致し分派、ルイス・サラスアルベルト・アレマンらがWBAから独立し発足した。

発足当初は、シュガー・レイ・レナードに対抗するトーマス・ハーンズが複数階級制覇のため安易に利用するなどマイナータイトルの域を出なかったが、1990年代に入りオスカー・デ・ラ・ホーヤの活躍で徐々に認知度がアップ。その後、1990年代後半になるとナジーム・ハメドマルコ・アントニオ・バレラアセリノ・フレイタスビタリ・クリチコウラジミール・クリチコマニー・パッキャオダリウス・ミハエルゾウスキージョー・カルザゲミゲール・コットといった人気と実力を備えた選手がWBO王座を持ったことで、世界王座認定団体としての地位を確立。現在ではWBC、WBA、IBFとともに主要4団体のひとつに数えられるまでに至った。

2009年10月より女子王座の認定も開始。スージー・ケンティキアンイナ・メンツァーを最初の女子世界王者とした。なお、女子の階級についてはアトム級に該当する階級は設けていないが、ジュニアヘビー級が設置されている。

日本との関係[編集]

日本のJBCは、長らくIBFおよびWBOへの日本選手の参加を認めていなかった。これはIBFの項でも触れられているが、JBCが「王座の乱立は望ましくない」とのスタンスを保っていることが主な理由である。しかし近年はIBFやWBOの王者がWBAやWBCの王者と統一戦を行う場合があることや、世界的に知名度の高い王者を輩出することなどで両団体の評価が高まり、日本選手の王座挑戦機会を増やすためにもJBCは両団体を認定するべきだ、との声も強くなっていた。実際、WBOはJBCの認定を目指し、1998年にニューヨーク在住の会社オーナー・高橋(正野)篤史に日本代表としての認定証を託し、JBCへ送り込んだ経緯もある。高橋はJBCのマネージャーライセンス(三迫)も10年間保持していたが、未だWBOに関しての正式回答は受けていないというのが実情である。日本人でもWBOのランキングに入る選手も存在するが、これはWBO側が自身の作成するランキングが国際的であることをアピールするためである。

JBCが認可する以前より、同団体の王座への挑戦を行う日本のボクサーは存在する。最も古い例では、1995年2月19日に米国カリフォルニア州で行われた試合で、西島洋介山北米ボクシング機構(NABO)クルーザー級王座を獲得している。 また2002年12月15日に大阪府池田市で開催された興行においての試合でも、野上真司がWBOアジア太平洋スーパーフェザー級王座を獲得している。2008年10月11日に韓国のボクシングコミッションのライセンスを取得した木村隼人がWBOアジア太平洋スーパーフライ級暫定王座を獲得、2009年12月12日には山口賢一がWBOアジア太平洋スーパーバンタム級暫定王座を獲得、2011年11月15日には竜宮城がWBOアジア太平洋フェザー級王座に挑戦したが王座獲得に失敗している。2012年4月30日に大阪府堺市での興行でOPBF東洋太平洋フェザー級王者の大沢宏晋がWBOアジア太平洋フェザー級暫定王者のロベルト・コパ・パルエをOPBF東洋太平洋フェザー級王座の挑戦者として迎え、9回1分34秒TKO勝ちを収めOPBF東洋太平洋フェザー級王座の防衛と同時にWBOアジア太平洋フェザー級暫定王座を獲得している。

2009年より、JBCは国内世界王者とJBC未公認メジャー団体王者による王座統一戦に限り、容認する方向性を打ち出し、規制が事実上緩和された格好になった。それを受け、2010年4月30日に日本武道館にてWBO世界バンタム級王者フェルナンド・モンティエルがWBC世界バンタム王者の長谷川穂積の王座に挑戦する形で試合が開催された。なお、この試合はJBCの公認タイトルマッチであり、長谷川は日本人として初めてWBOの世界王者と対戦したことになる。

ただし、JBCが公認するのはWBC王座のみで、長谷川が勝てばWBC王座のみの防衛となりWBO王座は獲得とはならず空位になり、逆にモンティエルが勝てばWBC王座とWBO王座の統一王者となるという変則的なタイトルマッチであったが、試合はモンティエルが長谷川に4回2分59秒TKO勝ちし、WBC王座とWBO王座を統一した。

従って日本ボクシング界では『王座統一戦』とされていても、WBA・WBCの国内王者にIBFやWBOのJBC未公認メジャー団体王者が挑戦するという変則的な形でタイトルマッチが行われるため、完全な形での公認とはされていなかった。

だが、2010年12月に日本プロボクシング協会(JPBA)は統一王座に限り、IBF・WBO両王座の保持を認める方針で合意し、JBCに案を提出する。背景にはWBA・WBCが暫定王座の粗製乱造やスーパー王座・シルバー王座などの創設を進めたため、「王座の乱立を防ぐ」とした建前が脆くも崩れたことがあり、一方でIBF・WBOを単純に公認するのではなく、統一王座に限り認めることで王座の権威を保ちつつ世界戦のカードを多くする狙いがあった。

2011年2月28日、JBCは日本非公認の世界王座認定団体となるIBFとWBOについて、日本ジム所属のWBAまたはWBCの世界王者との王座統一戦に限り認めることを決定した[1]。ただし、統一王座の防衛戦は行えず、返上を義務付ける[1]

2012年4月22日、JPBAはIBF・WBO認定準備委員会を設置し、将来的な認定を前提に議論を進めていくことを発表した[2]

2012年10月13日、JPBAは東京都内で理事会を開き、IBFとWBOへの加盟をJBCに要請することを決めた[3]。これによりWBAとWBCを合わせ、2013年にも世界主要4団体が日本で認可される見通しになった[3]。世界チャンピオンの乱立を防ぐため、王座挑戦資格の内規もまとめ、条件は4団体とも同じで、国内で世界タイトルに挑戦できるのは(1)世界王座の獲得経験者、または指名挑戦権を得た選手(2)日本王座、またはOPBF王座の獲得経験者(3)アマチュアの三大国際大会(五輪世界選手権プレジデント杯)で3位以内の実績を持つ選手―に制限される[3]

2012年11月28日、JBCはIBFとWBOへ加盟について有識者会議を開催[4]。会議後、JBCの森田健事務局長は「来年早々にも認めたい」と両団体認可の方針を明らかにした[4]

2012年12月24日、JPBAは静岡県熱海市内で理事会を開き、10月にまとめた世界王座挑戦資格の内規のうち、五輪でのメダル獲得などアマチュア実績を外した上で、IBFとWBOへの加盟をJBCに正式要請することを決定した[5]。日本国内で世界王座に挑戦できるのは、元世界王者か指名挑戦権を得た選手、もしくは日本王座かOPBF王座の獲得経験者に制限し、日本王座保持者やOPBF王座保持者の世界挑戦が決まった場合は、王座返上を義務付ける[6]

2013年2月18日、JBCは2013年4月1日より、IBFならびにWBOの両団体を正式に承認し加盟する事を決定したと発表した[7] [8] [9]。JBCがWBAから独立したWBCを1970年に承認して以来、40年以上続いた2団体時代が終わり、4団体時代に突入することとなった[10]。これで主要4団体すべての世界戦を国内でJBCが正式に承認したタイトルマッチを行う事が可能となった。ただし、今後は4団体となり世界戦が乱立する可能性もあるため、JPBAは挑戦者資格の条件をつくり、JBCもWBO、IBFの承認後の一定期間、その挑戦者資格や試合の検証を行ってチェックしていく方針だという。

2013年4月1日、JBCは世界ボクシング機構(WBO)に加盟した[11]

また、これまでIBFやWBOの王座に挑戦するためにJBCに引退届を提出した選手の復帰に関しては、正式な手続きを踏んで辞めた場合、申請があれば資格審査委員会にて復帰を認めるかどうかの協議をするとしている。

2013年8月1日亀田和毅パウルス・アムブンダを破り、WBOにおいて日本人選手として初めて世界王者となった[12]

ランキング変位について[編集]

ランキング委員会によって毎月決められる。当月のランキングは月中旬に決定され20日頃までに公表される。WBOでは各委員会を設置していて、各組織に会長を置き本部会長の指示を受けないよう規定し、客観的なランキングになるように努めている。

WBOルール[編集]

WBO認定試合におけるルールの特徴は以下のとおり。これらのルールはタイトルマッチに限らずWBOが関わるあらゆる試合に適用される(他の3団体はタイトルマッチのみ適用)。

  • スリーノックダウン制(1ラウンド中に3度のダウンがあった場合、自動的にノックアウトが成立する。ただしアメリカではフリーノックダウン制)。
  • ノックダウンした選手はゴングに救われない(ダウンのカウント中に3分を経過してもカウント続行。当然、10カウント以内に立ち上がって試合続行に応じられない場合はノックアウトが成立する)。
  • バッティング・ヒッティング問わずいかなる場合でも重度の負傷により試合続行不能となった場合、4回までは引き分け(王座の移動は無し)。5回以降は、ストップしたラウンドを含めた採点(負傷判定)により勝敗を決する。
  • 試合中に採点を公表する「オープン・スコアリング・システム」は採用していない。
  • ラウンド・マスト・システム(各ラウンドの判定は極力差をつける)。

下部組織[編集]

  • 北米ボクシング機構 (NABO)
  • WBOアジア太平洋 (WBO Asia-Pacific)
  • WBOインターコンチネンタル (WBO Inter-continental)
  • WBOラテンアメリカ (WBO Latino)
  • WBOオリエンタル (WBO Oriental)
  • WBOアフリカ (WBO Africa)
  • WBOヨーロピアン (WBO European)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b “JBC WBO、IBFとの王座統一戦認める”. スポーツニッポン. (2011年3月1日). http://www.sponichi.co.jp/battle/news/2011/03/01/kiji/K20110301000339550.html 2012年11月5日閲覧。 
  2. ^ “IBFとWBO認定準備委設置”. デイリースポーツ. (2012年2月23日). http://www.daily.co.jp/ring/2012/04/23/0004995523.shtml 
  3. ^ a b c “IBF、WBO加盟へ ボクシング協会が要請”. 47NEWS. (2012年10月13日). http://www.47news.jp/CN/201210/CN2012101301001768.html 2012年11月5日閲覧。 
  4. ^ a b “IBFとWBO認可へ”. 産経新聞. (2012年11月28日). http://sankei.jp.msn.com/sports/news/121128/mrt12112822050006-n1.htm 2012年12月24日閲覧。 
  5. ^ “五輪などのアマ実績外す 世界挑戦資格”. 産経新聞. (2012年12月24日). http://sankei.jp.msn.com/sports/news/121224/mrt12122418150007-n1.htm 2012年12月24日閲覧。 
  6. ^ “世界王座挑戦資格、五輪などのアマ実績外す”. スポーツ報知. (2012年12月24日). http://hochi.yomiuri.co.jp/sports/box/news/20121224-OHT1T00138.htm 2012年12月24日閲覧。 
  7. ^ “WBO、IBFに4月加盟 4団体公認へ”. 日刊スポーツ. (2013年2月18日). http://www.nikkansports.com/battle/news/f-bt-tp0-20130218-1086983.html 2013年2月21日閲覧。 
  8. ^ “WBO、IBFに4月加盟 ボクシング、主要4団体に”. 産経新聞. (2013年2月18日). http://sankei.jp.msn.com/sports/news/130218/mrt13021817350002-n1.htm 2013年2月21日閲覧。 
  9. ^ “日本ボクシング、WBOとIBFに加盟へ 4月から”. 朝日新聞. (2013年2月18日). http://www.asahi.com/sports/update/0218/TKY201302180223.html 2013年2月21日閲覧。 
  10. ^ “JBC“開国”…WBO、IBFに加盟”. デイリースポーツ. (2013年2月19日). http://www.daily.co.jp/ring/2013/02/19/0005751379.shtml 2013年2月21日閲覧。 
  11. ^ “JBCがIBF、WBO加盟、世界王者に求められる向上心”. 産経新聞. (2013年4月8日). http://sankei.jp.msn.com/sports/news/130408/mrt13040818260002-n1.htm 2013年4月20日閲覧。 
  12. ^ 宮崎日日新聞 2013年8月2日朝刊14面

外部リンク[編集]