英国ボクシング管理委員会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
英国ボクシング管理委員会
British Boxing Board of Control

BBBofC
スポーツ ボクシング
創設 1929年
本部所在地 カーディフ
前身団体 ナショナルスポルティングクラブ
公式サイト
www.bbbofc.com/index.php
イギリスの旗

英国ボクシング管理委員会(えいこくぼくしんぐかんりいいんかい、英:the British Boxing Board of Control、BBBofC)は、イギリスのプロボクシングを統括する団体。本部は、ウェールズカーディフにある。英国ボクシング統括委員会と和訳されることもある。略称はBBBofC(ビー・ビー・ビー・オブ・シー)であり、BBBCではない。

概要[編集]

1929年に設立されて以来、イギリス全土のプロボクシングを統括し、王座の認定を行っている。BBBofC自体は、英国国内の頂点となる英国王座と、その直下に位置するイングランド王座およびケルト王座の3種類の王座を認定している。また、BBBofCは、英国全土を8つの地域に分割して、各地域に評議会と王座を設置している。世界ボクシング評議会(WBC)を構成している組織の一つでもある(世界ボクシング協会(WBA)については加盟要請を受けていたが拒否)。

採点方式[編集]

英国ボクシング管理委員会は世界的に見ても独特の採点方式を採っている。通常プロボクシングはジャッジ3人で採点を行うが、英国ボクシング管理委員会ではジャッジ1人で採点を行っている、またジャッジは他にレフェリーとリングアナウンサーの役目も務めており、3役を全て1人でこなしている。タイトルマッチの場合は他の地域と同じようにジャッジ3人が採点を担当しレフェリーが採点に関与することは無い。

王座[編集]

BBBofC自体は、以下の3種類の王座を認定している。

BBBofCが設置する8つの地域の評議会は、それぞれ、以下の王座を認定している。4から8までは、イングランド内部の地区王座である。

  1. スコットランド王座
  2. 北アイルランド王座
  3. ウェールズ王座
  4. 北部王座
  5. 中部王座
  6. 南部王座
  7. 西部王座
  8. ミッドランズ王座

ロンズデールベルト[編集]

BBBofCは、ロンズデールベルトを贈呈することで知られている。ロンズデールベルトは、2度以上の防衛を果たした英国王者に贈呈される。初期のものは、純金で出来ており、歴史的価値が高い。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]