国際ボクシング機構

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

国際ボクシング機構(こくさいぼくしんぐきこう、英:International Boxing Organization)はプロボクシングの王座認定団体である。略称はIBO。世界的な認知度は低く、いわゆるマイナー団体に分類される。

歴史[編集]

国際ボクシング機構は1990年代初頭にアメリカ合衆国フロリダコーラルゲーブルズ市で設立された。

創設者はエドワード・レヴァイン (Edward Levine) であり、そのまま初代会長に就任し現在も在職中。しかし、王座認定団体としての歴史は浅く、主要4団体(WBA, WBO, WBC, IBFの4団体)に比べ影の薄いマイナーなボクシング団体となっている。

だが、プロボクシングの盛んなアメリカの団体であるため、ボクサーのキャリアの箔付けとしてタイトル獲得を目指す選手は多い。また、敗戦や返上でタイトルを持たない有名選手の試合に掛る事も多い。

マイナー団体のため日本ボクシングコミッション(JBC)からは認められていないが、2012年5月12日ウクライナキエフ州ブロヴァルィー淵上誠が、2013年3月30日モナコモンテカルロ石田順裕が、ゲンナジー・ゴロフキンのWBA世界ミドル級王座に挑戦した際、同じく保持していたIBO王座も懸けられていた(敗戦のため獲得ならず)。

各階級の呼称は殆ど交流の無いJBCと大概は一致するが、リミット154ポンドのスーパーウェルター級は「ジュニアミドル級」、リミット140ポンドのスーパーライト級は「ジュニアウェルター級」、リミット108ポンドのライトフライ級は「ジュニアフライ級」、リミット105ポンドのミニマム級は「ストロー級」となっている。

JBCルールや他の世界王座認定機関では試合の際のボクシンググローブ、ウェルター級以上が10オンス、スーパーライト級以下が8oz着用。しかしIBOはジュニアミドル級以上が10オンス、ウェルター級以下が8oz着用。

ユース世界王座(24歳以上の選手が多く参戦しオーバーエイジ容認)や女子ボクシング世界王座やラテンアメリカ王座地中海王座アジア太平洋王座全米王座インターナショナル王座インターコンチネンタル王座も設置しているが、これまで暫定王座としての世界戦実施した例は皆無。世界ランキングは1~100位まで設置されている。

認定王者[編集]

国際ボクシング機構からは、1993年ごろより認定チャンピオンが生まれ始めた。有名なチャンピオンとしては以下のような選手がいる。有名団体との掛け持ちがほとんどである。

現王者[編集]

関連記事[編集]

ボクシング主要4団体[編集]

外部リンク[編集]