レノックス・ルイス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レノックス・ルイス
Lennox Lewis.jpg
基本情報
本名 レノックス・クラウディス・ルイス
通称 ライオン
英国の誇り
階級 ヘビー級
身長 196cm[1]
リーチ 213cm
国籍 イギリスの旗 イギリス
誕生日 1965年9月2日(49歳)
出身地 イングランドの旗 イングランド
ロンドンウェストハム
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 44
勝ち 41
KO勝ち 32
敗け 2
引き分け 1
テンプレートを表示
獲得メダル
カナダの旗 カナダ
男子 ボクシング
オリンピック
1988 ソウル スーパーヘビー級
英連邦大会
1986 エディンバラ スーパーヘビー級

レノックス・クラウディス・ルイスLennox Claudius Lewis、男性、1965年9月2日 - )は、イギリスの元プロボクサーカナダで育ちカナダ代表としてオリンピックに出場したがプロ転向後、イギリスに帰化。

196cm[1]の大きな身体と強力な右が武器。スピード・パワー・テクニックを持ち合わせ、実力はあるが試合ごとのムラが大きい。だが、1990年代を通して最強のヘビー級ボクサーの一人との呼び声が高い。

趣味はチェスで、雪辱を熱望するビタリ・クリチコはルイスが引退した今、「チェスでもいいから戦いたい」と語っている。

来歴[編集]

1988年カナダ代表としてソウルオリンピックに出場。スーパーヘビー級金メダルを獲得した。

1989年6月27日、プロデビュー(2回TKO勝ち)。

1990年10月31日、EBU欧州ヘビー級王座獲得。

1991年3月6日、英国ヘビー級王座獲得(同時にEBU欧州王座初防衛成功)。

1992年4月30日、英連邦ヘビー級王座獲得(同時にEBU王座3度目、英国王座2度目の防衛成功)。

1992年10月31日、WBC世界ヘビー級挑戦者決定戦を兼ねた英連邦王座初防衛戦でドノバン・ラドック(カナダ)と対戦し、2回TKO勝ち。この勝利でWBA・WBC・IBF統一世界ヘビー級王者リディック・ボウ米国)への挑戦が事実上決まるが、ボウがルイスとの対戦を拒否し、12月14日付けでWBC王座剥奪。これにより、ルイスがWBC世界同級王者に認定される。その後、3度の防衛に成功。

1994年9月24日、4度目の防衛戦でオリバー・マッコール(米国)と対戦。2回、挑戦者の右カウンターでダウンを奪われる。立ち上がり試合続行の意思を示したものの、レフェリーストップが掛かりTKO負け。世界王座から陥落し、26戦目にしてプロ初黒星を喫した。

1995年10月7日、トミー・モリソン(米国)を6回TKOに降し、IBC世界ヘビー級王座獲得。

1997年2月7日、空位となったWBC世界ヘビー級王座決定戦に出場。3年前に敗れたマッコールと再戦し、5回TKO勝ち(マッコールは明らかに戦意を喪失した状態で試合を行い、遂には試合中にもかかわらず泣き出してしまう醜態を見せた)。雪辱ならびにWBC王座返り咲きを果たした。その後、4度の防衛に成功。

1999年3月13日、5度目の防衛戦でWBA・IBF王者イベンダー・ホリフィールド(米国)との3団体統一戦を行い、12回判定で引き分け。11月13日、ホリフィールドと再戦し、12回判定勝ち。WBC王座6度目の防衛に成功すると同時に、WBA・IBF王座を初めて獲得。また、この再戦はIBOの王座決定戦も兼ねており、これで4団体の世界王座統一を果たした形となった。その後、2000年4月29日にWBA王座を剥奪されるが、以降、3度の防衛に成功。

2001年4月22日、南アフリカハシーム・ラクマン(米国)と対戦し、5回KO負け。3団体の世界王座を一気に手放したが、11月17日、ラクマンと再戦し4回KO勝ち。王座奪回に成功する。2002年6月8日の初防衛戦では元統一世界王者マイク・タイソン(米国)と対戦し8回KO勝ち。その後、9月5日付けでIBF王座返上。

2003年6月21日、元WBO世界ヘビー級王者ビタリ・クリチコウクライナ)と対戦。苦戦するもクリチコの負傷(パンチによるまぶたのカット)により6回終了TKO勝ち。WBC・IBO王座2度目の防衛に成功。この試合を最後に2004年引退。保持していたWBC・IBO王座を返上した。ヘビー級で世界王者のままでの引退はロッキー・マルシアノ以来。

2008年世界ボクシング殿堂の選手部門で殿堂入りが決定し、11月15日にロサンゼルスのマリオットホテルにて殿堂入りのセレモニーが行われた[2]2009年には国際ボクシング名誉の殿堂博物館の殿堂入りも決定した[3]

戦績[編集]

  • プロボクシング:44戦41勝(32KO)2敗1分

獲得タイトル[編集]

  • 第61代EBU欧州ヘビー級王座
  • BBBofC英国ヘビー級
  • コモンウェルスイギリス連邦ヘビー級王座
  • 第16代WBC世界ヘビー級王座
  • IBC世界ヘビー級王座
  • 第20代WBC世界ヘビー級王座
  • 第44代WBA世界ヘビー級王座
  • 第14代IBF世界ヘビー級王座
  • 第6代IBO世界ヘビー級王座
  • 第22代WBC世界ヘビー級王座
  • 第16代IBF世界ヘビー級王座
  • 第8代IBO世界ヘビー級王座

出演映画[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『ボクシングヘビー級最強伝説』 ベースボール・マガジン社、2009年5月29日、106頁
  2. ^ 「世界ボクシング殿堂」就任セレモニー ボクシング総合ポータル「Box-on!」 2008年11月17日
  3. ^ ルイス、カニザレスら殿堂入り ボクシングニュース「Box-on!」 2009年6月17日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

空位
前タイトル保持者
リディック・ボウ
第16代WBC世界ヘビー級王者

1993年5月8日 - 1994年9月24日

次王者
オリバー・マッコール
空位
前タイトル保持者
マイク・タイソン
第20代WBC世界ヘビー級王者

1997年2月7日 - 2001年4月22日

次王者
ハシーム・ラクマン
前王者
ハシーム・ラクマン
第22代WBC世界ヘビー級王者

2001年11月17日 - 2004年(引退)

空位
次タイトル獲得者
ビタリ・クリチコ
前王者
イベンダー・ホリフィールド
第44代WBA世界ヘビー級王者

1999年11月13日 - 2000年4月29日(返上)

空位
次タイトル獲得者
イベンダー・ホリフィールド
前王者
イベンダー・ホリフィールド
第14代IBF世界ヘビー級王者

1999年11月13日 - 2001年4月22日

次王者
ハシーム・ラクマン
前王者
ハシーム・ラクマン
第16代IBF世界ヘビー級王者

2001年11月17日 - 2002年9月5日(返上)

空位
次タイトル獲得者
クリス・バード