リディック・ボウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リディック・ボウ
RiddickBowe.jpg
基本情報
本名 リディック・ラモント・ボウ
英: Riddick Lamont Bowe
通称 ビッグ・ダディ(Big Daddy)
シュガーマン(Sugar Man)
階級 ヘビー級
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 1967年8月10日(47歳)
出身地 アメリカ合衆国
ニューヨーク州ブルックリン
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 44
勝ち 42
KO勝ち 33
敗け 1
無効試合 1
テンプレートを表示
獲得メダル
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
男子 ボクシング
オリンピック
1988 ソウル スーパーヘビー級

リディック・ボウRiddick "Big Daddy" Bowe、男性、1967年8月10日 - )は、アメリカ合衆国プロボクサー。元WBAWBCIBF統一世界ヘビー級王者。元WBO世界ヘビー級王者。ニューヨーク州ニューヨーク市ブルックリン出身。13人兄弟の12番目に生まれる。身長196cm、リーチ206cm。

ソウルオリンピックボクシング競技スーパーヘビー級銀メダリスト。

来歴[編集]

1988年ソウルオリンピックボクシングスーパーヘビー級に出場し、銀メダル(決勝でレノックス・ルイスに敗戦)。アマチュア戦績は104勝18敗。

1989年3月6日、トレーナーにエディ・ファッチを迎え、プロデビュー(2回TKO勝ち)。

1990年10月29日、WBCアメリカ大陸ヘビー級王座獲得。

1992年11月13日、世界初挑戦。WBA・WBC・IBF統一世界ヘビー級王者イベンダー・ホリフィールドに挑み、12回判定勝ち。32戦目にして無敗の世界王者に輝く。その後、WBCから指名試合としてソウル五輪の決勝で敗れたルイスとの対戦を義務付けられたが、それを拒否。記者会見の場でWBCのチャンピオンベルトをゴミ箱に捨てるパフォーマンスを行った。これを受け、WBCは12月14日付でボウから王座を剥奪しルイスを新王者に認定した。その後、ボウはWBA・IBF王者として2度の防衛に成功。

1993年11月6日、3度目の防衛戦で前王者ホリフィールドと再戦し、12回判定負け。前王者の雪辱を許し、世界王座から陥落。

1995年3月10日、世界再挑戦。WBO世界ヘビー級王者ハービー・ハイドに挑み、6回KO勝ち。1年4ヵ月ぶりの世界王座返り咲きを果たし、1度防衛後、1996年に王座を返上し引退。

引退後[編集]

引退後の9月にアメリカ海軍の海兵隊に入隊。入隊後、新兵キャンプにおいて訓練を受けるが、訓練中の態度が問題視され11日で除隊する。

海兵隊を除隊した3ヵ月後に姉妹を殴ったとして提訴される。

1997年4月に妻のジョディを気絶させるほど殴り逮捕される。末の息子が、ジョディが死んだと勘違いするほど壮絶な暴力だったという。その後、家族愛をアピールしたり、電話で「君に車を買ってあげた」と伝えたりするなど家族との関係を回復させるために奔走するも失敗に終わった。

1997年8月、復縁に失敗したボウは、家族が住むノースカロライナ州まで車を走らせ、3人の子供をバスの停留所で待ち伏せしたうえで誘拐。さらに、ジョディが住む家に押しかけ、車の中に用意してあったナイフや手錠、催涙スプレーなどの武器をちらつかせて脅し車に乗らせた。自宅のあるバージニア州に行くまで間に、ジョディはトイレに行きたいと嘆願してレストランに駆け込んで助けを求め警察へ通報したことから事件が発覚。ボウは誘拐容疑で逮捕された。逮捕されたボウは、テリという女性と再婚し、ニューヨーク郊外のメリーランドに引っ越した。結婚後は2人子供をもうけた。

1998年2月、別居中の妻ジュディと5人の子供を誘拐したとして有罪判決。ボウの弁護士はパンチドランカーの影響があったとして減刑を請求、証拠としてアンドリュー・ゴロタ戦の前後に撮られたインタビュー映像を提出した。この請求が認められ一旦は懲役30日へ減刑されたが、その後、判決が覆り、ボウは17ヶ月間刑務所で服役した。

2001年2月、自宅の私道において妻のテリに対して暴力を振るった容疑で逮捕される。この容疑に対しボウは、離婚訴訟を有利に進めるためにテリが行った自作自演だと主張した。しかし、裁判所の命令で、ボウは家族との接触を禁じられた。その後、自宅にあった60万ドル相当の毛皮が、ボウの従兄弟とその彼女に盗まれるという事件に巻き込まれた。

2003年3月8日に誘拐罪で服役する直前に妻のテリを含む数人に暴行を働き、第2級暴行罪で起訴された。

2005年、破産を宣言。

復帰[編集]

紆余曲折を経て、2004年9月25日、8年ぶりの復帰戦。マーカス・ロードを2回TKOに降す。2005年4月7日には復帰2戦目を行い、ビリー・ザンブランを10回判定に降したが、この試合を最後に2度目の引退。

その後、2008年12月13日に3年8か月ぶりの復帰戦を行い、8回判定勝ちを収めた。

獲得タイトル[編集]

  • アマチュア
    • AIBA世界ジュニア選手権ライトヘビー級優勝(1985年)
    • ソウル五輪ボクシング競技スーパーヘビー級準優勝
  • プロ
    • WBCアメリカ大陸ヘビー級王座
    • WBA世界ヘビー級王座
    • 第15代WBC世界ヘビー級王座
    • 第7代IBF世界ヘビー級王座
    • 第7代WBO世界ヘビー級王座

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
イベンダー・ホリフィールド
第37代WBA世界ヘビー級王者

1992年11月13日 - 1993年11月6日

次王者
イベンダー・ホリフィールド
前王者
イベンダー・ホリフィールド
第15代WBC世界ヘビー級王者

1992年11月13日 - 1993年(剥奪)

空位
次タイトル獲得者
レノックス・ルイス
前王者
イベンダー・ホリフィールド
第7代IBF世界ヘビー級王者

1992年11月13日 - 1993年11月6日

次王者
イベンダー・ホリフィールド
前王者
ハービー・ハイド
第7代WBO世界ヘビー級王者

1995年3月10日 - 1996年(返上)

空位
次タイトル獲得者
ヘンリー・アキンワンデ