エマニュエル・スチュワード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エマニュエル・スチュワードEmanuel Steward1944年7月7日 - 2012年10月25日)は、アメリカ合衆国ボクシングトレーナーウェストバージニア州出身。ミシガン州デトロイトの「クロンク・ジム」(Kronk Gym) で多くの世界チャンピオンを育て上げた。

来歴[編集]

幼少・アマチュア時代[編集]

エマニュエル・スチュワードは1944年ウェストバージニア州で生まれる。両親が離婚したことで、12歳の時に母と一緒にミシガン州デトロイトに移り住んだ。短期間自動車業界で仕事をした後、ジョー・ルイスやエディ・ファッチが居たブルースター・レクリエーション・センターに入会してボクシングを始める。アマチュアボクシングでは1963年のナショナルゴールデングローブトーナメントでの勝利を含め、95勝3敗という戦績を残している。しかし、家族の経済的理由などから就職が求められプロの道を諦めて、電気技術者として働くようになった。

トレーナー時代[編集]

1971年に弟のジェームズに付き添って近所のクロンクジムに行くようになったが、スチュワード自身は同ジムのパートタイムコーチになった。直ぐに多くの優秀なアマチュアボクサーを輩出し、全米に認知されるようなトレーナーとなった。トーマス・ハーンズら数々の選手を育て、1996年には国際ボクシング名誉の殿堂博物館に殿堂入りした[1]

晩年はクロンク・ジムの会長になった。

2012年10月25日、シカゴの病院で結腸ガンのため死去。9月から憩室炎のために入院していた[2]。68歳没。

クロンク・ジム[編集]

第一次世界大戦後にオープン、1980年にヒルマー・ケンティーがジム初の世界王者となる。最盛期の1990年代にはアリゾナ州ツーソンにもジムを開いていた。しかし経営が苦しくなっていた2006年9月に水道管などの設備を泥棒に盗まれ再建を断念、2006年11月に閉鎖された。

その後、移転して細々と運営していたが、スチュワードの死後に再び閉鎖。

2015年5月に再オープンした[3]

主な指導選手[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Emanuel Steward” (英語). 国際ボクシング名誉の殿堂博物館. 2012年3月6日閲覧。
  2. ^ Hall of Fame boxing trainer Emanuel Steward dead at 68 USA TODAY 2012年10月26日閲覧
  3. ^ Opening Event Monday For New Version Of Detroit’s Kronk Gym”. CBS Local Media (2015年5月20日). 2015年5月20日閲覧。
  4. ^ Dan Rafael (2011年10月27日). “Yuriorkis Gamboa hires new trainer” (英語). ESPN. 2012年3月15日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]