タイレル・ビッグス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
タイレル・ビッグス
基本情報
本名 タイレル・ビッグス
階級 ヘビー級スーパーヘビー級
身長 196cm
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 1960年12月22日(53歳)
出身地 ペンシルベニア州フィラデルフィア
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 40
勝ち 30
KO勝ち 20
敗け 10
テンプレートを表示
獲得メダル
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
男子 ボクシング
オリンピック
1984 ロサンゼルス スーパーヘビー級
世界ボクシング選手権
1982 ミュンヘン スーパーヘビー級
パンアメリカン大会
1983 カラカス スーパーヘビー級

タイレル・ビッグスTyrell Biggs、男性、1960年12月22日 - )は、アメリカ合衆国プロボクサーペンシルベニア州フィラデルフィア生まれ。1984年のロサンゼルスオリンピックボクシングスーパーヘビー級金メダリスト

鋭いジャブを持っているが、パンチ力にやや欠ける。軽快なフットワークから鋭いジャブを繰り出す、スタイリッシュな長身のボクサータイプ。(ジョー小泉曰く)ただし、フットワークは、モハメド・アリほど軽快では無い。

来歴[編集]

1984年ロサンゼルスオリンピックボクシングスーパーヘビー級に出場し、金メダルを獲得した。

1984年11月15日、プロデビュー。

1987年3月7日、デビット・ベイと対戦。試合途中、左瞼(もしくは右瞼)をカットし、流血で苦戦する展開ながらも、TKO勝ち。マイク・タイソン vs. トニー・タッカー戦の勝者への挑戦権を得た。

1987年10月16日、WBAWBCIBF世界ヘビー級タイトルマッチでマイク・タイソンと無敗同士の対戦。序盤は足を使って、中々いいボクシングをしたが、2R中盤過ぎあたりから、早くもタイソンに捕まり始める。瞼をカットし、流血しながら苦戦の末、7Rに2度のダウンを喫しKO負け。ダメージは深かった。

1991年11月23日、レノックス・ルイスと対戦し、3回KO負け。

1998年8月27日の試合を最後に引退した。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]