世界ボクシング評議会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
世界ボクシング評議会
World Boxing Council
略称 WBC
設立年 1963年
種類 ボクシング組織
本部 メキシコの旗 メキシコ
メキシコシティ
会長 マウリシオ・スライマン
設立者 ルイス・スポタ(初代会長)
ウェブサイト http://wbcboxing.com/
テンプレートを表示

世界ボクシング評議会(せかいボクシングひょうぎかい、World Boxing Council, WBC) は、プロボクシングの世界王座認定団体の一つ。本部はメキシコメキシコシティにある。現会長はマウリシオ・スライマン。

概要[編集]

元々は世界ボクシング協会(WBA)、ヨーロッパボクシング連合(EBU)、英国ボクシング管理委員会(BBBofC)、ラテンアメリカプロボクシング連合(LAPBU)、東洋ボクシング連盟(OBF)が対等の立場で討議する機関として1963年2月14日に設立。その後WBAとは別に独自の世界ランキングを作成するなど、分立志向を強め1968年には完全に分裂した。主要4団体中、加盟国が最も多く、最もそのチャンピオンベルトに権威があると言われるプロボクシング団体。他団体はランキング15位までしか作成していないのに対し40位まで名簿作成していることもその理由である。

歴史[編集]

設立[編集]

WBAからの脱退[編集]

破産騒動[編集]

  • 2003年グラシアノ・ロッシジャーニドイツ)から不当にライトヘビー級の世界王座を剥奪したとして、3100万ドル(約34億円)の損害賠償を命じられる。その後も支払い命令の無効を求めたが認められず、ロッシジャーニとの和解交渉も不調に終わる。日本の会社更生法に相当する米連邦改正破産法第11条の適用申請(後に取り下げ)。
  • 2004年6月14日米連邦改正破産法第7条(会社清算)の適用を申請。組織の存続を念頭に置かない破産の手続きに入る。この際、ホセ・スライマン会長がWBCのウェブサイト上で声明を発表(後に破産手続き中止)。
  • 2004年8月、和解が成立。この騒動は当時WBA以上と評判であるWBC権威の低下をもたらし、WBOなどが主要団体の一つになるきっかけになった。

ムエタイ部門の設立[編集]

  • ホセ・スライマン会長、副会長ゴーウィット・パッグディープーム(タイ)とタイ・スポーツ局長サンティパープ・テーチャワーニットの間で“WBC MUAY THAI”の発足が報告され、2005年2月24日にムエタイの標準ルールに基づく運営をするなどの内容の覚書が作成され署名された。
  • 2005年9月9日 - 香港で行われたムエタイの興業で、中国人散打選手、タイガー・チャン(張慶軍/中国)がマレック・“ザ・ジェット”・ボグスウィッツ(イギリス)を破りWBCの認定する最初のムエタイ王者(WBCムエタイインターナショナルヘビー級)になる。

女子王者認定[編集]

WBCダイヤモンド王座創設[編集]

2009年8月に、「WBCダイヤモンド王座」(WBC Diamond Championship)の創設を発表。初のダイヤモンド王者となったマニー・パッキャオには、通常の世界王座のベルトをベースに、18カラットの金、861個のダイヤモンド、221個のエメラルド、6個のルビー、180個のスワロフスキー・クリスタル・ガラスなどの宝石が埋め込まれた特製のチャンピオンベルトが贈呈された。また、ベルトを覆う革にはフェラーリ社製のものが使われる。創設の際に行われた投票では、理事会の全員が賛成したという。翌9月には、メキシコシティのCorona Auditoriumで行われた記者会見で、WBC会長が実際に贈呈されるベルトを披露した[2]

WBCシルバー王座創設[編集]

2010年3月、ホセ・スライマン会長が暫定王座に替わるタイトルとして、11月にメキシコで開催予定のWBC総会で「WBCシルバー王座」(WBC Silver Championship)の創設を発表することを公表。なお、王者には、通常の世界王座のベルトをベースに、バックル部が金色ではなく銀色のシルバーベルトが贈呈される。また、暫定王者とは異なり、シルバー王者のWBCランクは維持される。

世襲されたWBC会長の座[編集]

2014年1月16日、1975年以来38年間WBC会長を務めていたホセ・スライマンがカリフォルニア大学ロサンゼルス校内にあるロナルド・レーガンUCLAメディカルセンターで82歳で死去し[3][4]、前任者の四男でWBC事務局長のマウリシオ・スライマンは自身のWBC会長就任を否定したが[5]、同年2月11日にメキシコシティで行われた会長選挙で満票(26票)を集め、新会長に選出された[6]。奇しくもホセ・スライマンと同じ44歳でのWBC会長選出を果たしたマウリシオ・スライマンだが、結果的にはWBC会長の座がスライマン父子で世襲された形となった。

JBCとの関係[編集]

設立当初、日本ボクシングコミッション(JBC)は、この王座を認めない方向であったが(実際に関光徳花形進ファイティング原田が海外でWBC王座に挑戦した際、この時点ではJBCはWBCに加盟していなかったため、たとえ王座を奪取してもJBCでは王者と認めないという達しが出ていた)、ジョニー・ファメション vs.原田戦が、挑戦者の原田がダウンを連続して奪い、優勢に見えた試合だったにもかかわらず、判定負け(※しかも、最初は引き分け宣告をリング上で行いながら、リングを降りるとすぐに、チャンピオンの判定勝ち防衛に変更するという不可解なもの)だったこと、また原田が欧米人以外では初の3階級制覇のかかった試合であったこともあり、当時の世論が沸騰。JBCはWBCを認めて原田の国内での再戦を認めろ、との意見が強まり、世論と業界の事情に押される形で、JBCもファメションvs.原田の再戦の日本での開催を認めざるをえなくなった(当初JBCはWBC認定王者を認めない立場から当時のWBA王者の西城正三へのターゲット変更を模索したが、西城は日本テレビ専属・原田はフジテレビ専属のため交渉がまとまらなかった)。結果JBCは、なしくずし的にWBC認定の世界王座自体を認めることになり、この試合が開催された1970年1月6日以降から2013年3月31日まで、日本はWBAとWBCと世界王座認定団体を2団体承認するという形が43年間以上続いた。

2011年には東北地方太平洋沖地震による震災被害からの日本復興支援として、マイク・タイソンオスカー・デ・ラ・ホーヤ、マニー・パッキャオなど過去から当時に至るまでの世界王者十数名からサイン入りグローブやトランクスを集め、これに地震による電力不安の影響で東京から神戸へ会場が変更された4月8日開催のトリプル世界戦に出場の6選手から提供されたグッズを併せてJBCに託した。それらは日本の主なボクシング会場に展示の後、JBCが慈善オークションにかけることとなり[7]、同トリプル世界戦の調印式冒頭では、会長の息子で立会人を務める副会長のマウリシオ・スライマンが、この興行は日本を勇気づけるだろうと挨拶した後[8]、日本語で「WBCは世界のボクシング界の人々とともに、日本と一緒に戦います。ガンバレ、ニッポン」と激励メッセージを送った[9]。同年6月のJBC事務局長更迭に伴う混乱のため、この慈善オークションは大幅に遅れ[10]、2012年1月24日から3月11日までの7週間、Yahoo!オークションにて開催された[11][12][* 1]

WBCルール[編集]

WBC認定試合におけるルールの主な特徴を以下に挙げる。

  • フリーノックダウン制(レフェリーが「試合続行不能」と判断しない限り、1ラウンド中何度ダウンしても試合続行)。
  • ノックダウンした選手はゴングに救われない(ダウンのカウント中に3分を経過してもカウント続行。10カウント以内に立ち上がって試合続行に応じられない場合はノックアウトが成立する)。なお、以前は最終回のみゴングに救われていた。
  • バッティングによる負傷があった場合、偶然の場合は1点、故意の場合は2点、負傷していない方から減点される(アメリカでは、どの州でも現在まで適用されていない)。
  • 偶然のバッティングによる負傷で試合続行不可能となった場合、4回終了までは引き分け。5回以降は試合をストップしたラウンドを含めたそれまでの採点(負傷判定)で勝敗を決定。
  • 2006年より「オープン・スコアリング・システム(公開採点制度)」を採用。4回と8回(女子は7回)を終了した時点でそれまでの採点を公表する。
  • ラウンド・マスト・システム(各ラウンドの判定は極力差を付ける。ただしWBAほど厳格ではない)。

タイトル[編集]

WBCは現在世界王座の他にも、アメリカ大陸王座、インターコンチネンタル王座、ユース王座、ムンドヒスパノ王座、全アフリカ世界王座、女子世界王座(WBC FEMALE)、ムエタイ王座(WBC MUAY THAI)等の王座を認定している。

  • 男子世界王座:世界選手権、王座決定戦(王座が空位の場合)、もしくは王座統一戦(暫定王者との対戦)の勝者。チャンピオンベルトが与えられる。王座獲得から一定期間防衛戦を行わなかった場合、暫定王者(次項)が別途認定される。防衛戦に応じることが出来る状態になれば暫定王者との王座決定戦が義務付けられるが、次項に示すような問題を内包している。
  • 暫定世界王座:王者が怪我等の理由で期限内に防衛戦が不可能になった際に用いられる王座。世界ランキング上位の選手同士で争われる、暫定王座決定戦の勝者が認定される。暫定王座に就いた選手は世界王座と同等の権威を持ち、防衛戦も可能だが、世界王者が復帰した際には統一戦を行わなければならない。ただし、この暫定王座の基準も曖昧で、世界王者が防衛戦の期限内で防衛戦を行わない時に、王者に何の告知もなく勝手に暫定王座を認めたり、同じクラスの正王者と暫定王者が統一戦を行わずにそれぞれ防衛戦をしたり、と問題も多い。なお、この暫定王座はWBA、IBF、WBOにも存在していて、同じような問題が発生している。WBCでは後述するシルバー王座の制定により暫定王座はより厳格なものになった。
  • 名誉王座:各階級の現役王者あるいは過去の王者のうち、この競技において特別な威信、信望、才能を持ち、不朽の財産を残した者を名誉王者 (Emeritus Champion) として認定する事が出来、理事会の3分の2以上の賛成票により可決する。これはWBCが授与する最高の栄誉とされ、移譲することのできない終身タイトルである[16]。これまでにエリック・モラレスビタリ・クリチコフロイド・メイウェザー・ジュニアルービン・カーター西岡利晃袴田巌[17]らが認定されている。
  • WBCダイヤモンド王座
  • シルバー王座:暫定王座の代替王座として創設。
  • インターナショナル王座:本来挑戦資格がないはずの16位〜30位までの選手(および例外としてWBC加盟各国の国内王者)で争われる準王座。これを獲得していると、世界ランカーと同じ資格を得られて 世界挑戦資格が得られる(決して優先挑戦権があるわけではない)
  • アメリカ大陸王座(Continental Americas):
  • ユース王座(Youth):21歳以下のボクサーが挑戦可能。
  • ムンドヒスパノ王座(Mundo Hispano):
  • 全アフリカ世界王座(All Africa World Championships):アフリカ系の人種のみ挑戦可能。ホープ用のタイトルのため、現役チャンピオンは挑戦できない。
  • 全アジア世界王座(All Asian World Championships):アジア系の人種のみ挑戦可能。ホープ用のタイトルのため、現役チャンピオンは挑戦できない。
  • 全ラテンアメリカ世界王座(All Latin American World Championships):ラテンアメリカ系の人種のみ挑戦可能。ホープ用のタイトルのため、現役チャンピオンは挑戦できない。
  • 女子世界王座(WBC FEMALE):
  • ムエタイ世界王座(WBC MUAY THAI):

下部組織[編集]

WBCの下部組織が他の団体と違う点は例えばWBAのPABA、NABAなどの組織は完全なWBAの下部組織であり、WBCの場合は元々存在するコミッション同士が集まって、自分たちで結成した組織であるということである。よって独立性が高い。

関連項目[編集]

団体[編集]

王者一覧表[編集]

脚注[編集]

  1. ^ その後、他団体の日本人世界王者も含め、このオークションへの出品者は当初の段階で40名に増加した[13]。各週における最高額落札者には日本プロボクシング協会の協力を得て、東日本新人王決勝戦最強後楽園決勝戦、ボクシングの日に開催されるカードという3興行のペアチケットが贈られる特典付きとなった[14]。また、実施後に新たな出品者を得て、期間を別に定めて追加開催された[15]

出典[編集]

  1. ^ 久保田守 (1988年5月15日). “世界”. 日本ボクシング年鑑 1988年版. ベースボール・マガジン社. p. 29. 
  2. ^ 「世界のトップ・ニュース」『ボクシング・ビート』2009年10月号、株式会社フィットネススポーツ、平成21年10月15日発行、42頁。
  3. ^ Hall of Famer Jose Sulaiman dies ESPN.com(英語) 2014年1月16日
  4. ^ 訃報 WBCスライマン会長逝く Boxing News(ボクシングニュース) 2014年1月17日
  5. ^ マウリシオ氏、WBC会長就任を否定 Boxing News(ボクシングニュース) 2014年1月19日
  6. ^ WBC新会長にマウリシオ氏 Boxing News(ボクシングニュース) 2014年2月12日
  7. ^ “8日WBCトリプル世界戦 ボクシング”. 朝日新聞. (2011年4月7日). http://www.asahi.com/sports/spo/OSK201104070012.html 2011年11月23日閲覧。  [リンク切れ]
  8. ^ ジョー小泉 (2011年4月6日). “M. Sulaiman moves audience” (英語). Fightnews.com. 2012年1月25日閲覧。
  9. ^ “副会長も日本語で「ガンバレ、ニッポン」”. 日刊スポーツ. (2011年4月6日). http://www.nikkansports.com/battle/news/f-bt-tp0-20110406-757776.html 2011年4月6日閲覧。 
  10. ^ “タイソンら寄贈、善意のグラブを倉庫に放置”. 読売新聞. (2011年11月23日). http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20111123-OYT1T00230.htm 2011年11月23日閲覧。 
  11. ^ 東日本大震災チャリティーオークション実施”. 日本ボクシングコミッション (2012年1月24日). 2012年1月25日閲覧。
  12. ^ 総落札金額のご報告と御礼”. 日本ボクシングコミッション (2012年3月12日). 2012年3月24日閲覧。
  13. ^ 出品物ご提供者”. 日本ボクシングコミッション (2012年1月30日). 2012年3月24日閲覧。
  14. ^ 本日よりオークション開始!”. ボクシングモバイル(東日本ボクシング協会) (2012年1月24日). 2012年1月25日閲覧。
  15. ^ 東日本大震災チャリティーオークション追加実施”. 日本ボクシングコミッション (2012年3月12日). 2012年3月24日閲覧。
  16. ^ Championship and Elimination Rules - Rule 1.31”. WBC. 2012年3月24日閲覧。
  17. ^ 袴田巌さんにWBC名誉ベルト 6日のダブル世界戦で 共同通信2014年4月4日

外部リンク[編集]