ニノ・ベンベヌチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ニノ・ベンベヌチ
Nino Benvenuti.jpg
基本情報
本名 Giovanni Benvenuti
階級 ミドル級
身長 180cm
リーチ 191cm
国籍 イタリアの旗 イタリア
誕生日 1938年4月26日(75歳)
出身地 イタリアの旗 イタリアイゾラ
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 90
勝ち 82
KO勝ち 35
敗け 7
引き分け 1
テンプレートを表示
獲得メダル
イタリアの旗 イタリア
男子 ボクシング
オリンピック
1960 ローマ ウェルター級

ニノ・ベンベヌチNino Benvenuti1938年4月26日 - )は、イタリアの元プロボクサーイゾラ出身。元世界2階級王者。

来歴[編集]

アマチュアではイタリア選手権5連覇、欧州選手権も連覇。ローマオリンピックでもウェルター級金メダルを獲得。カシアス・クレイ(モハメド・アリ)を抑えてヴァル・バーカー・トロフィー(最優秀選手)を受賞した。

オリンピック後にプロ転向。1961年1月20日にプロデビュー。以来勝ち星を積み重ね、3年目の1963年にイタリアミドル級王座を獲得。

1965年6月18日、サンドロ・マジンギをKOで倒し、WBA・WBC世界ライトミドル級王座を獲得。マジンギの再戦を返り討ちにして初防衛。

1966年6月25日、韓国・ソウルでオリンピックで倒したことのある金基洙と対戦し、判定負けで世界王座を失うとともにデビューからの連勝も「65」で止まった。

1967年4月17日、エミール・グリフィスが持つWBA・WBCミドル級王座に挑戦し、判定勝ちで2階級制覇達成。

1967年9月29日の再戦で初防衛失敗するが、翌1968年3月4日に王座奪還。

1968年6月7日、赤坂義昭とローマでノンタイトルを戦い、2RKOで退けた。

ミドル級王座を3度防衛。世界王座に君臨していた1969年には映画「荒野の大活劇」でジュリアーノ・ジェンマとともに主演を務めた。

1970年11月7日、カルロス・モンソンに敗れ王座陥落。

1971年5月8日に再戦も王座奪還に失敗。この試合を最後に引退。

引退後はトリエステでレストランを経営する他、テレビ番組の司会者としても活躍。1995年よりボランティアにも精を出している。

1996年国際ボクシング名誉の殿堂博物館に顕彰された。

戦績[編集]

  • アマチュア:120勝1敗
  • プロ:90戦82勝(35KO)7敗1分け

獲得タイトル[編集]

  • WBA・WBC世界ライトミドル級王座
  • WBA・WBC世界ミドル級王座

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
サンドロ・マジンギ
第4代WBA世界ライトミドル級王者

1965年6月18日 - 1966年6月25日

次王者
金基洙
前王者
サンドロ・マジンギ
第4代WBC世界ライトミドル級王者

1965年6月18日 - 1966年6月25日

次王者
金基洙
前王者
エミール・グリフィス
第57代WBA世界ミドル級王者

1967年4月17日 - 1967年9月29日

次王者
エミール・グリフィス
前王者
エミール・グリフィス
第5代WBC世界ミドル級王者

1967年4月17日 - 1967年9月29日

次王者
エミール・グリフィス
前王者
エミール・グリフィス
第59代WBA世界ミドル級王者

1968年3月4日 - 1970年11月7日

次王者
カルロス・モンソン
前王者
エミール・グリフィス
第7代WBC世界ミドル級王者

1968年3月4日 - 1970年11月7日

次王者
カルロス・モンソン