ファン・フランシスコ・エストラーダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ファン・フランシスコ・エストラーダ
基本情報
本名 ファン・フランシスコ・エストラーダ・ロメロ
通称 El Gallo
階級 フライ級
身長 163cm
リーチ 168cm
国籍 メキシコの旗 メキシコ
誕生日 1990年4月14日(24歳)
出身地 ソノラ州プエルト・ペニャスコ
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 30
勝ち 28
KO勝ち 20
敗け 2
テンプレートを表示

ファン・フランシスコ・エストラーダJuan Francisco Estrada、男性、1990年4月14日 - )は、メキシコプロボクサー。現WBAWBO世界フライ級スーパー王者ソノラ州プエルト・ペニャスコ出身。KO率65%以上の強打と豊富なスタミナを持ち、手数の多さとボディショットと右フックを軸とした攻撃に定評がある。フェルナンド・ベルトランが代表を務めるサンフェル所属。

来歴[編集]

2008年8月30日、4回判定勝ちでプロデビュー戦を飾る。

2戦目からKOを量産するようになる。

2010年10月2日、地元プエルト・ペニャスコにあるペニャスコ・デル・ソルにて、マヌエル・アルメンダリズと空位のWBCムンドヒスパノスーパーフライ級王座を賭け対戦し、2回TKO勝ち。王座獲得に成功した。

2011年5月14日、シナロア州ロスモチスにて、のちのIBF世界スーパーフライ級王者ファン・カルロス・サンチェス・ジュニアと対戦。初回にダウンを奪われ、8回にダウンを奪い返して追い上げるもプロ初黒星となる0-3の判定負けを喫した。

2012年6月23日、アーディン・ディアル(フィリピン)と対戦。初回に2度ダウンを奪うと、2回にボディショット一撃でダウンを奪い、2回2分22秒KO勝ちを収め、IBF世界ライトフライ級ランキングとWBO世界ライトフライ級ランキングで5位にランクインした。

2012年11月17日、世界初挑戦がアメリカデビュー。カリフォルニア州ロサンゼルスロサンゼルス・スポーツ・アリーナにて、WBA世界ライトフライ級王者ローマン・ゴンサレスと対戦。強打者同士の対戦は初回から手数の多さのエストラーダと的確なパンチを放つゴンサレスの両者の持ち味が出た好試合となるが、結局判定までもつれ、0-3の判定負けを喫した[1]

2013年4月6日、マカオにあるザ・ベネチアン・マカオの中にあるコタイ・アリーナにて、WBAWBO世界フライ級スーパー王者ブライアン・ビロリアに挑戦。エストラーダ自身はWBA世界フライ級14位・WBO世界フライ級9位であった。初回からボディを軸に攻撃するが、ビロリアに押される展開になり、2回に右のパンチをもらってひざが一瞬崩れてダウン寸前になった。7回終了時には3点差でビロリアにリードされるが、8回からはエストラーダが積極的に前に出てボディショットから右フックにつなげて盛り返し、最終12回にはあわやビロリアをストップ寸前まで追い詰め、結果は2-1の判定勝ち。一人は2点差(113-115)でビロリアにつけ、二人は(117-111、116-111)と5、6点差でエストラーダにつけた。世界王座2度目の挑戦にしてフライ級最強と言われたビロリアから殊勲の勝利を収め、WBA世界フライ級スーパー王座の獲得に成功し、WBO世界フライ級王座の獲得にも成功した[2]

試合後、WBA世界ライトフライ級スーパー王者ローマン・ゴンサレスが「ガジョ(エストラーダのニックネーム)の勝利を祝福します。すばらしいパフォーマンスでした。おそらく判定はユナニマスでよかったと思いますが、これはよくあることです。世界チャンピオンに値するいいボクサーです。」とエストラーダに祝福のメッセージを送り、「もし私にリベンジしたいなら、112ポンド(フライ級)で私にチャンスを与えてほしい」と再戦要請とも取れる発言もした[3]

2013年7月27日、マカオにあるザ・ベネチアン・マカオの中にあるコタイ・アリーナにて、WBA世界フライ級9位でWBO世界フライ級1位のミラン・メリンドフィリピン)と対戦し、3-0(117-109、118-109、118-109)の判定勝ちを収めWBA世界フライ級スーパー王座は初防衛に成功し、WBO世界フライ級王座も指名試合を制すると共に初防衛にも成功した。敗れたメリンドはこの試合がプロ初黒星となった[4]

2014年4月26日、エストラーダが世界王者になって初めての母国での防衛戦を、故郷プエルト・ペニャスコのセントロ・コンベンシオネスでWBO世界フライ級10位のリッチー・メプラナムと対戦し、9回終了TKO勝ちを収めWBA世界フライ級スーパー王座は2度目の防衛に成功し、WBO世界フライ級王座も2度目の防衛に成功した[5]

2014年9月6日、メキシコシティアレナ・シウダ・デ・メヒコで元WBAWBO世界ライトフライ級スーパー王者でWBOの指名挑戦者ジョバンニ・セグラと対戦し、11回1分33秒TKO勝ちを収めWBA世界フライ級スーパー王座の3度目に成功し、WBO世界フライ級王座の3度目の防衛にも成功した[6]

2014年9月17日、WBOは最新ランキングを発表し、上述のセグラ戦の勝利が評価され、エストラーダはWBOの2014年9月度の月間MVPに選出された[7]

2014年10月10日、WBAは最新ランキングを発表し、上述のセグラ戦の勝利が評価され、エストラーダはWBAの2014年9月度の月間優秀選手に選出された[8][9][10]

獲得タイトル[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ロマゴン激戦制しV5 ボクシングニュース「Box-on!」 2012年11月18日
  2. ^ ビロリア失速 エストラーダ殊勲の2冠奪取 ボクシングニュース「Box-on!」 2013年4月7日
  3. ^ ロマゴンが新王者エストラーダを祝福 ボクシングニュース「Box-on!」 2013年4月9日
  4. ^ エストラーダ、2冠堅守 ボクシングニュース「Box-on!」 2013年7月28日
  5. ^ エストラーダ、曲者メプラナムをストップ Boxing News(ボクシングニュース) 2014年4月27日
  6. ^ エストラーダがセグラをTKO ロマゴンと統一戦希望 Boxing News(ボクシングニュース) 2014年9月7日
  7. ^ 野中悠樹、井上拓真らWBOランクイン Boxing News(ボクシングニュース) 2014年9月18日
  8. ^ World Boxing Association Ranking WBA公式サイト 2014年10月10日
  9. ^ Floyd Mayweather Jr WBA boxer of the month WBA公式サイト 2014年10月10日
  10. ^ 宮崎亮、五十嵐俊幸、松本亮らがWBAランク入り Boxing News(ボクシングニュース) 2014年10月11日

外部リンク[編集]

前WBA・WBOスーパー王者
ブライアン・ビロリア
WBAWBO世界フライ級スーパー王者

2013年4月6日 - 現在

次スーパー王者
N/A
前王者
ブライアン・ビロリア
第15代WBO世界フライ級王者

2013年4月6日 - 現在

次王者
N/A