スーパー王座

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

スーパー王座とは、世界王座より上位のボクシングの王座である。世界ボクシング協会(WBA)が2001年1月より始めた新しい制度(スーパー王者制度)である。この制度の元で認定された王者を、スーパー王者という。英語圏ではUndisputed Champion(議論なき王者)、またはUnified Champion(統一王者)ということもある。

概要[編集]

WBA[編集]

原則的に各階級の王者は、ボクシング組織団体ごとに認定されるため団体数と同人数存在する。現在は世界的に認められるボクシング団体は主要4団体、すなわち世界ボクシング協会(WBA)、世界ボクシング評議会(WBC)、国際ボクシング連盟(IBF)、世界ボクシング機構(WBO)であるため、4人の世界王者が存在することになる。

しかし、現実には各団体の王者同士の対決戦などで、横断的に複数団体から認定を受ける世界王者が存在する。WBAでは2001年1月に発表した2000年12月度世界ランキングから、同団体以外のタイトルを同時に獲得した王者を「スーパー王者」として認定する、スーパー王者制度を導入した。その後、2001年5月に発表した4月度世界ランキングから、WBA王座保持者が他団体の王座を獲得しスーパー王者認定を受けた場合、WBA正規王座は空位になるとした[1]。2009年からは女子のスーパー王座も認定している。

しかし、王座乱立が目立つWBAは他団体との王座統一以外にも実質王座を統一しているという選手、WBA王座を5度もしくは10度連続で防衛に成功した選手をスーパー王者に認定すると定めているが[2]、正規王座との統一戦も守られていないことから問題視されている。

WBAのヒルベルト・ヘスス・メンドサ副会長は2011年に「ボクシング・ビート」のインタビューで「スーパー・チャンピオンとユニファイド・チャンピオン(統一王座)は別物である」と認めている。

2009年2月14日にネート・キャンベルは自身が返上したWBA世界ライト級スーパー王座と自身の持つIBF世界ライト級王座並びにWBO世界ライト級王座を懸けアリ・フネカと対戦する予定だったが、前日計量で体重超過がありIBF世界ライト級王座を剥奪され、WBO世界ライト級王座も剥奪された為、試合前に3団体の王座が空位となってしまった。試合はフネカが勝利した場合のみWBA世界ライト級スーパー王座、IBF世界ライト級王座並びにWBO世界ライト級王座を獲得するという条件で行われたが、キャンベルがフネカに勝利したことによりWBA世界ライト級スーパー王座、IBF世界ライト級王座並びにWBO世界ライト級王座が空位となった為、2009年2月28日のファン・マヌエル・マルケスファン・ディアス戦がキャンベルへの挑戦権を懸けた一戦からWBA世界ライト級スーパー王座決定戦並びにWBO世界ライト級王座決定戦に変更になり、マルケスがディアスに勝利しWBA世界ライト級スーパー王座とWBO世界ライト級王座を獲得した例のような実質的な統一世界王者とも言い切れない例も存在する。

2012年5月5日に木村章司クリス・ジョンの持つWBA世界フェザー級スーパー王座に日本人として初めて挑戦した[3]

2013年9月14日にフロイド・メイウェザー・ジュニアの持つWBA世界スーパーウェルター級スーパー王座とサウル・アルバレスの持つWBA世界スーパーウェルター級スーパー王座ならびにWBC世界スーパーウェルター級王座を懸けた王座統一戦が行われ、メイウェザーが2-0の判定勝ちを収めアルバレスとの無敗対決を制しWBA世界スーパーウェルター級スーパー王座の統一に成功し、WBC世界スーパーウェルター級王座の獲得にも成功したが[4]、同じ階級にスーパー王者が並立しているケースで、スーパー王座の統一を懸けた王座統一戦が行われたのはこの試合だけである。

2013年12月18日にゲンナジー・ゴロフキンはWBA世界ミドル級スーパー王座に認定されたのだが[5][6]、同月29日にスーパー王座認定拒否し正規王座に留まりたいとWBAに要望し、ゴロフキンは正規王座に据え置かれ、WBA世界ミドル級暫定王者マーティン・マレーとWBA世界ミドル級3位のジャロッド・フレッチャーの間でWBA世界ミドル級王座決定戦が行われる予定だったが、マレーの持つWBA世界ミドル級暫定王座にフレッチャーが挑戦するというカードでWBA世界ミドル級暫定王座の初防衛戦として行われることとなり、同月21日に暫定王者となっていたディミトリー・チュディノフはWBA世界ミドル級暫定王座決定戦ではなくWBA世界ミドル級挑戦者決定戦の勝者という扱いになり、来年5月以降に指名挑戦者になるという混乱ぶりを見せた[7][8]

2014年5月3日にはフロイド・メイウェザー・ジュニアの持つWBC世界ウェルター級王座とマルコス・マイダナの持つWBA世界ウェルター級王座を懸けた王座統一戦が行われ、メイウェザーが2-0(114-114、117-111、116-112)の判定勝ちを収めWBA王座とWBC王座を統一したことでWBA世界ウェルター級スーパー王者となったが[9]、スーパー王者を同一人物が2つの階級で同時に務めるという異例の事態となった。

2014年6月3日にはゲンナジー・ゴロフキンが改めてスーパー王座に認定され、元WBA・IBF世界ミドル級スーパー王者でWBA世界ミドル級3位のダニエル・ゲールとの対戦も発表された[10]

WBO[編集]

認定の規定はWBAとほぼ同じでWBO以外の団体の王者を兼ねた場合に協議によりスーパー王者に認定されるが、WBAとは異なり、正規王座は空位とならない。正規王者に与える称号である。

また、WBOではWBO王座を最低10度以上防衛していること、10度に満たなくても高評価と高い技術でWBO王座を防衛していることなど詳細な規定がある[11]

WIBA[編集]

女子単独団体である女子国際ボクシング協会(WIBA)にもスーパー王座制度が存在する。規定はWBA・WBO同様他の王座を同時に保持した場合に認定される。対象はWBA・WBC・IBF・WBOの他、最古の女子王座認定団体である女子国際ボクシング連盟(WIBF)も含まれる。ただし、WIBA当該階級で王座獲得歴がなくても他団体で王座を保持していればWIBAスーパー王座に認定される場合もある。

メリット[編集]

  1. 世界タイトル戦が頻繁に行えるようになり、多くの選手に世界戦の機会が広がる。
  2. 各団体の王者同士の対決を多く観ることが出来る。

デメリット[編集]

WBAスーパー王者とWBA正規王者が並立しているときには「WBA王者」と名乗る選手が同階級に2名、WBA暫定王者も並立しているときには「WBA王者」と名乗る選手が同階級に3名、さらに休養王者が存在している場合、「WBA王者」と名乗る選手が同階級に4名存在することになり、王者の権威が損なわれる。

評価[編集]

上記のような観る側にとって楽しみが増える反面、デメリットも指摘され多くの批判が存在するのも確かである。批判論の中には、昨今の暫定王者乱立と合わせて数多くのタイトル戦をこなそうとするボクシング団体及びプロモーターの商業主義そのものに対する批判もある。

過去の主なスーパー王者[編集]

WBA[編集]

女子[編集]

WBO[編集]

WIBA[編集]

脚注[編集]

  1. ^ WBA公式サイト World Championships Reguration P.4 1-10より
  2. ^ WBA Rules adopted in Panama 2013 C. CHAMPIONSHIPS. より
  3. ^ 第136号花形月報平成24年4月23日発行
  4. ^ メイウェザー、カネロを寄せつけず“大差の”2-0勝利 Boxing News(ボクシングニュース) 2013年9月15日
  5. ^ Golovkin to get WBA “super” title, Murray-Fletcher meet for WBA “regular” title, both to fight on same card in Monte Carlo Fightnews.com(英語) 2013年12月18日
  6. ^ ゴロフキンがスーパー王者に、暫定王者チュディノフ Boxing News(ボクシングニュース) 2013年12月23日
  7. ^ Golovkin keeps status WBA公式サイト 2013年12月29日
  8. ^ ゴロフキンは正規王者のまま、迷走のWBAミドル級 Boxing News(ボクシングニュース) 2013年12月29日
  9. ^ メイウェザーがマイダナに2-0判定勝ち Boxing News(ボクシングニュース) 2014年5月4日
  10. ^ Gennady Golovkin is appointed to super champion WBA公式サイト 2014年6月3日
  11. ^ WBO公式サイト SECTION 14. SUPER CHAMPIONSより

関連項目[編集]