スージー・ケンティキアン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スージー・ケンティキアン
Kentikian.png
基本情報
本名 Susianna Levonovna Kentikian
通称 キラー・クイーン
階級 フライ級
身長 155cm
国籍 ドイツの旗 ドイツ / アルメニアの旗 アルメニア
誕生日 1987年9月11日(26歳)
出身地 アルメニア, エレバン
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 32
勝ち 29
KO勝ち 16
敗け 2
無効試合 1
テンプレートを表示

スージー・ケンティキアンSusi Kentikian1987年9月11日 - )は、ドイツの女子プロボクサーである。本名はスジアンナ・レヴォノヴナ・ケンティキアンSusianna Levonovna Kentikian)。アルメニアエレバン出身。ケンティシャン表記も見られる。

来歴[編集]

5歳のとき、ナゴルノ・カラバフ戦争のため、家族とともに生まれ故郷を離れハンブルクに移住。12歳でボクシングを始める。

アマチュアで実績を重ねた後、2005年1月15日のプロデビューを判定ながら勝利。

2006年7月25日、Daniela Grafを判定で退け、ドイツフライ級タイトルを獲得。

2006年9月9日、マリベル・ズリータ英語版をTKOで倒しWIBFインターコンチネンタル王座を獲得。

2007年2月16日、Carolina AlvarezをTKOで倒し、初の世界タイトルとなるWBA女子世界王座を獲得。

3度防衛後の2007年12月7日、ナディア・ホックミフランス語版を判定で退け、WIBF世界王座獲得とともにWBA王座4度目の防衛に成功した。

2009年3月20日、エレナ・リード英語版に判定勝ちし、WIBF王座5度目・WBA王座9度目の防衛に成功した。

2009年7月4日、WIBF/WBA女子世界フライ級タイトルマッチでカロリーナ・グティエレス・ガイテを3者フルマーク判定で下し、WIBF王座6度目・WBA王座10度目の防衛に成功した。

2009年10月10日、ジュリア・サヒンWBO女子初代世界同級王座を争い、判定勝利。WBO王座獲得とともにWIBF王座7度目・WBA王座11度目の防衛に成功した。

2009年11月18日、女子としては初となるWBAスーパー王座の認定を受けた。

2010年4月24日、ナディア・ラオウイとのドイツ人対決を2-1の判定で制して、WBO王座初・WIBF王座8度目・WBA王座12度目の防衛に成功した[1]

2010年7月17日、アレリー・ムシーニョと対戦も、3回に負傷で無効試合。

2011年3月26日、Ana Arrazolaを判定で退け防衛成功。

2011年10月21日、WBO女子世界ミニフライ級王者で2階級制覇を狙ったティラポーン・パンニミットを判定で退け防衛成功。

2012年5月16日、WBO/WIBF王座の防衛戦としてメリッサ・マックモローを迎えるが、1-2判定で敗れ王座陥落。

2012年12月1日、残るWBA王座の防衛戦としてカリーナ・モレノを迎えるが、1-2の僅差判定で敗れ無冠になってしまった。

戦績[編集]

  • 21戦29勝(16KO)2敗1無効試合

獲得タイトル[編集]

  • ドイツ女子フライ級王座
  • WBA女子世界フライ級王座(正規王座・スーパー王座)
  • WIBF女子世界フライ級王座
  • WBO女子世界フライ級王座

脚注[編集]

  1. ^ 「殺しの女王」ケンティキアン、2-1でV12 ボクシングニュース「Box-on!」 2010年4月26日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
創設
初代WBA女子世界フライ級王者

正規:2007年2月16日 - 2012年12月1日
スーパー:2009年11月18日 - 2012年5月16日

次王者
カリーナ・モレノ
空位
前タイトル保持者
レジーナ・ハルミッヒ
WIBF世界フライ級王者

2007年12月7日 - 2012年5月16日

次王者
メリッサ・マックモロー
前王者
創設
初代WBO女子世界フライ級王者

2009年10月10日 - 2012年5月16日

次王者
メリッサ・マックモロー