ダニエル・ゲール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダニエル・ゲール
DANIEL GEALE.jpg
基本情報
本名 ダニエル・ゲール
通称 Real Deal
階級 ミドル級
身長 178cm
リーチ 180cm
国籍 オーストラリアの旗 オーストラリア
誕生日 1981年2月26日(33歳)
出身地 ローンセストン
スタイル ボクサー
プロボクシング戦績
総試合数 32
勝ち 29
KO勝ち 15
敗け 3
テンプレートを表示

ダニエル・ゲールDaniel Geale 、男性、1981年2月26日 - )は、オーストラリアプロボクサーローンセストン出身。元WBA世界ミドル級スーパー王者。第10代IBF世界ミドル級王者。

来歴[編集]

アマチュア時代[編集]

2001年、大阪市開催の東アジア大会ウェルター級で出場。平田直己に勝利後、ゲンナジー・ゴロフキンに大差のポイント負けを喫した。ゲールが2013年半ばに語ったところによると、カザフスタンの選手は全般的にフットワークがよくパワーがあり、距離をうまく使って試合を運んでいたが、当時の印象ではゴロフキンはそれほどパンチのある選手ではなく、プロでなら勝てるだろうと確信していた[1]

2001年北アイルランドベルファストで開催された2001年世界ボクシング選手権大会にウェルター級(69kg)に出場するが1回戦で敗退 [2]

2003年タイバンコクで開催された2003年世界ボクシング選手権大会にウェルター級(69kg)に出場するが1回戦で敗退 [3]

プロ時代[編集]

2004年10月1日、ゴールドコーストのサウスポートシャークスAFLクラブで行われた6回戦で3回1分27秒KO勝ちを収め、デビュー戦を勝利で飾った。

2005年9月16日、IBFパンパシフィックスーパーウェルター級王座決定戦でステーブ・ドゥエット(オーストラリア)と対戦し、2回1分1秒TKO勝ちを収め、王座を獲得した。

2005年10月22日、OPBF東洋太平洋スーパーウェルター級暫定王座決定戦でゲイリー・カマー(オーストラリア)と対戦し、8回1分48秒KO勝ちを収め、王座を獲得した。

2007年2月4日、IBFパンパシフィックスーパーウェルター級王座の初防衛とOPBF東洋スーパーウェルター級暫定王座の初防衛を懸けリー・オティ(ニュージーランド)と対戦し、2回にダウンを奪われながらも、3-0(118-110、118-109、119-110)の判定勝ちで初防衛に成功した。

2007年5月4日、IBFパンパシフィックミドル級王座決定戦ならびにIBOインターコンチネンタルミドル級王座決定戦でパルクプーン・ジャンポナクタイ)と対戦し、3-0(120-108、120-109、120-109)の判定勝ちで完勝し、王座の獲得に成功した。

2007年12月14日、IBO世界ミドル級王座決定戦でダニエル・ドーソン(オーストラリア)と対戦し、3-0(120-110、120-110、119-109)の判定勝ちで完勝し、王座を獲得した。

2009年5月27日、ブリスベンブリスベン・エンターテイメント・センターで行われたIBO世界ミドル級王座の初防衛戦でアンソニー・ムンディン(オーストラリア)と対戦し、1-2(113-114、113-116、115-112)の判定負けを喫しIBO世界ミドル級王座の初防衛に失敗、王座から陥落した[4]

2009年10月21日、ローンセストンのシルバードームで行われたIBFパンパシフィックミドル級王座決定戦でサミル・ドス・サントス・バルボサ(ブラジル)と対戦し、3-0(120-108、120-108、120-108)の判定勝ちで完勝し、王座を再獲得した。

2010年6月21日、ウロンゴンのエンターテイメントセンターで行われたIBFパンパシフィックスーパーミドル級王座決定戦でカリス・カリウキ(オーストラリア)と対戦し、11回2分49秒TKO勝ちを収め、王座を獲得した。

2011年5月7日、ドイツのノイブランデンブルクでIBF世界ミドル級王者セバスチャン・シルベスタードイツ)と対戦し、2-1(110-118、118-110、118-112) の判定勝ちで王座を獲得した[5]

2011年8月31日、ホバートのダーウェントエンターテイメントセンターでエロモーゼル・アルバートナイジェリア)と対戦し、アウトボクシングに徹したゲールが試合を優勢に進め、3-0(117-111、119-109、116-112)の判定勝ちを収め、初防衛に成功した[6]

2012年9月1日、オーバーハウゼンケーニッヒ・ピルスナー・アレーナフェリックス・シュトルム(ドイツ)の持つWBA世界ミドル級スーパー王座と自身の持つIBF世界ミドル級王座を懸けた王座統一戦を行い、2-1(116-112、112-116、116-112)の判定勝ちを収め、IBF世界ミドル級王座の3度目の防衛に成功するとともにWBA世界ミドル級スーパー王座の獲得にも成功した[7]

2012年11月5日、WBA世界ミドル級正規王者ゲンナジー・ゴロフキンとの王座統一戦よりもアンソニー・ムンディンとの対戦を優先させたため、WBA世界ミドル級スーパー王座を剥奪された[8]

2013年1月23日、元WBA世界スーパーミドル級王者アンソニー・ムンディンと4年ぶりに再戦し、3-0(116-112、117-111が2者)の判定勝ちでIBF世界ミドル級王座の4度目の防衛に成功した[9]

2013年8月17日、IBF世界ミドル級5位のダレン・バーカー(イギリス)と対戦し、1-2(113-114、111-116、114-113)の判定負けを喫しIBF世界ミドル級王座の5度目の防衛に失敗、王座から陥落した[10]

2014年2月19日、ニューサウスウェールズ州ムーア・パークホーダーン・パビリオンガース・ウッドと対戦し、ウッズの6回終了時棄権により再起に成功した。

2014年5月24日、マイク・ペレスブライアント・ジェニングスの前座でマシュー・マックリンと対戦する予定であったがペレスの負傷欠場で試合中止となった[11]

2014年7月26日、ニューヨークマディソン・スクエア・ガーデンゲンナジー・ゴロフキンの持つWBA世界ミドル級スーパー王座並びにIBO世界ミドル級王座に挑戦したが、3回2分47秒TKO負けを喫した[12]

獲得タイトル[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Ray Wheatley Geale talks about 2001 amateur bout with Golovkin Fightnews.com(英語) 2013年7月1日
  2. ^ 11.World Championships - Belfast, Northern Ireland - June 3-10 2001”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2014年1月5日閲覧。
  3. ^ 12.World Championships - Bangkok, Thailand - July 6-12 2003”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2014年1月5日閲覧。
  4. ^ Anthony Mundine beats Daniel Geale to claim IBO crown thetelegraph.com.au(英語) 2009年5月28日
  5. ^ Daniel Geale Decisions Sebastian Sylvester, Wins IBF Crown Boxing Scene.com(英語) 2011年5月7日
  6. ^ ゲール、地元でV1 IBFミドル級戦 ボクシングニュース「Box-on!」 2011年9月1日
  7. ^ ゲール、シュトゥルム攻略 WBA&IBF2冠王 ボクシングニュース「Box-on!」 2012年9月2日
  8. ^ WBA strips Daniel Geale of title for fighting Anthony Mundine instead of Gennardy Golovkin”. FoxSports.com.au (2012年11月2日). 2014年1月4日閲覧。
  9. ^ ゲール、マンディンに雪辱 IBFミドル級 ボクシングニュース「Box-on!」 2013年1月31日
  10. ^ ダウン挽回のベーカー、ゲールに2-1勝利 ボクシングニュース「Box-on!」 2013年8月19日
  11. ^ Team Geale Confirm Golovkin Talks For July Clash”. BoxingScene.com (2014年5月11日). 2014年5月11日閲覧。
  12. ^ 強い! ゴロフキン、ゲールに3回TKO勝ち Boxing News(ボクシングニュース) 2014年7月27日

外部リンク[編集]

暫定王座決定戦 対戦者
ゲイリー・カマー
OPBF東洋太平洋スーパーウェルター級暫定王者

2005年10月22日 - 2007年2月(返上)

次暫定王者
返上により消滅
前王者
セバスチャン・シルベスター
第10代IBF世界ミドル級王者

2011年5月7日 - 2013年8月17日

次王者
ダレン・バーカー
前スーパー王者
フェリックス・シュトルム
WBA世界ミドル級スーパー王者

2012年9月1日 - 2012年11月5日(剥奪)

次スーパー王者
剥奪により消滅