ビクトル・ラミレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ビクトル・ラミレス
基本情報
本名 ビクトル・エミリオ・ラミレス
通称 El Tyson del Abasto
階級 クルーザー級
身長 170cm
リーチ 175cm
国籍 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
誕生日 1984年3月30日(30歳)
出身地 ブエノスアイレス州エセイサ
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 18
勝ち 15
KO勝ち 12
敗け 2
無効試合 1
テンプレートを表示

ビクトル・ラミレスVictor Ramirez、男性、1984年3月30日 - )は、アルゼンチンプロボクサー。本名はビクトル・エミリオ・ラミレスVictor Emilio Ramirez)。ブエノスアイレス州エセイサ出身。元WBO世界クルーザー級王者。

来歴[編集]

2006年4月8日、プロデビュー。

2008年8月30日、南米クルーザー級王座を獲得した。

2008年12月4日、WBOラテンアメリカクルーザー級王座決定戦および南米クルーザー級王座の防衛戦でエクトール・ソテロ(アルゼンチン)と対戦し、2回TKO勝ち。この勝利で世界9位にランクされた。

2009年1月17日、WBO世界クルーザー級暫定王座決定戦で同級1位アレクサンデル・アレクセーエフロシア)と対戦。テクニックに勝る相手を強打で疲弊させ、9回終了時にアレキセーエフが棄権。暫定王座を獲得した。

2009年2月、正規王座に昇格した。

2009年8月29日、ドイツゲーリー・ウェーバー・スタジアムで2位マルコ・フックドイツ)と対戦し、0-3(111-116、111-116、112-115)の判定負けを喫して王座から陥落した[1]

2015年1月5日、IBFがIBFランキング3位のオラ・アフォラビとIBFランキング4位のビクトル・ラミレスでIBF世界クルーザー級暫定王座決定戦を行うよう指令を出す[2]

2015年4月10日、ブエノスアイレスのヴィラ・ラ・ナータ・スポーティング・クラブでオラ・アフォラビとIBF世界クルーザー級暫定王座決定戦を行う予定でホームでのWBOに続く6年ぶりの王座獲得を目指す。

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 地元フックが新王者に WBO世界クルーザー級 ボクシングニュース「Box-on!」 2009年8月30日
  2. ^ Afolabi, Ramirez Ordered To Fight For IBF Interim Belt”. BoxingScene.com (2015年1月5日). 2015年1月6日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

暫定王座決定戦 対戦者
アレクサンデル・アレクセーエフ
WBO世界クルーザー級暫定王者

2009年1月17日 - 2009年2月

次暫定王者
正規認定により消滅
空位
前タイトル保持者
デビッド・ヘイ
第12代WBO世界クルーザー級王者

2009年2月 - 2009年8月29日

次王者
マルコ・フック