ギレルモ・リゴンドウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ギレルモ・リゴンドウ
Guillermo Rigondeaux after the win vs. Rico Ramos 20JAN2012 Las Vegas - Palms Casino.jpg
2012年1月20日、パームスでのリゴンドウ
基本情報
本名 ギレルモ・リゴンドウ・オルティズ
通称 El Chacal
The jackal
階級 スーパーバンタム級
身長 165cm
リーチ 172cm
国籍 キューバの旗 キューバ
誕生日 1980年9月30日(33歳)
出身地 サンティアーゴ・デ・クーバ
スタイル サウスポー
プロボクシング戦績
総試合数 13
勝ち 13
KO勝ち 8
敗け 0
テンプレートを表示
獲得メダル
キューバの旗 キューバ
男子 ボクシング
オリンピック
2000 シドニー バンタム級
2004 アテネ バンタム級
世界ボクシング選手権
2001 ベルファスト バンタム級
2005 綿陽 バンタム級
パンアメリカン大会
2003 サントドミンゴ バンタム級
中央アメリカ・カリブ海大会
2006 カルタヘナ バンタム級

ギレルモ・リゴンドウGuillermo Rigondeaux、男性、1980年9月30日 - )は、キューバプロボクサー。現WBAWBO世界スーパーバンタム級スーパー王者。トレーナーはペドロ・ディアス。過去にはホルヘ・ルビオ(テオン・ケネディロバート・マロキン戦)、イスマエル・サラス(リコ・ラモス戦のみ)、ロニー・シールズやフレディ・ローチ(ジオバンニ・アンドラーデ戦のみ)だったことがあるがいずれも短期間で解雇している[1]。キューバから亡命したことで、ハバナに暮らす妻と2人の子供は24時間体制で政府の監視下に置かれることになり、キューバ革命闘士であった父親からは勘当された[1]ボブ・アラムトップランク所属。

来歴[編集]

オリンピックで獲得した2つの金メダルは溶解して金歯を作成、普段から装着している[1]

アマチュア時代[編集]

2000年オーストラリアシドニーで開催されたシドニーオリンピックにバンタム級(54kg)で出場、2回戦で辻本和正を破り金メダルを獲得した[2]

2001年北アイルランドベルファストで開催された2001年世界ボクシング選手権大会にバンタム級(54kg)で出場、1回戦で辻本和正を破り金メダルを獲得した[3]

2003年タイバンコクで開催された2003年世界ボクシング選手権大会にバンタム級(54kg)で出場するが2回戦で敗退した[4]

2003年、ドミニカ共和国サントドミンゴで開催されたパンアメリカン競技大会にバンタム級(54kg)で出場、1回戦でアルヘニス・メンデス、決勝でアブネル・マレスを破り優勝した[5]

2004年ギリシャアテネで開催されたアテネオリンピックにバンタム級(54kg)で出場し金メダルを獲得した[6]

2005年中華人民共和国綿陽市で開催された2005年世界ボクシング選手権大会にバンタム級(54kg)で出場し金メダルを獲得した[7]

2007年7月、パンアメリカン大会出場のために訪れていたブラジルでエリスランディ・ララとともに亡命未遂事件を起こし、以降はキューバ代表の座から外されたため、2008年北京オリンピック出場はできなかった。

アマ戦績は243勝4敗や400戦以上12敗などいくつかの説がある[8]

プロ時代[編集]

2007年3月20日、現在もマネージャーを務めているゲーリー・ハイドがキューバボクサーについて執筆しているライターに成りすましキューバに入国。リゴンドウとの接触に成功しマネージャー契約を交わす[9]。ハイドは同時にマイク・ペレスとも契約を交わした[9]

マイク・ペレスがハイドが手配した亡命業者を使ってキューバからの脱国に成功するが、脱国時にいくつかの問題が起こったことでリゴンドウはハイドに不信感を抱き、別ルートでの亡命を模索するようになる[9]

2007年7月下旬、パンアメリカン大会出場のために訪れていたブラジルでエリスランディ・ララと共に深夜に選手村から抜け出し亡命を図るが失敗、8月2日に身柄を確保されキューバへ強制帰国となった[9]

帰国後、亡命に失敗したリゴンドウに厳しい処分が下される。金メダル獲得時に贈られた車を政府に没収され、当局から監視されるようになる。友人や仲間の選手からも避けられるようになり、キューバ代表の座からも外されたリゴンドーは塞ぎ込み、自宅のバルコニーでタバコとビールを立て続けに呷りながら車や人々が行き交う通りを眺める日々を送るようになる[9]

2009年2月23日、ユデル・ジョンソン、ヨルダニス・デスパイネ、ユニエル・ドルティコスと共にハイドが手配した亡命業者の高速ボートでカンクンにたどり着き、そこから国境を越えアメリカ合衆国フロリダ州マイアミに亡命し[9]、アリーナ・ボックス・プロモーションと契約した。

2009年5月22日、マイアミでプロデビューし、3回TKO勝ち。9月18日、3戦目でNABA北米スーパーバンタム級王座を獲得した[10]

2010年11月13日、テキサス州カウボーイズ・スタジアムにて、マニー・パッキャオの前座で登場。元WBA世界スーパーバンタム級王者でWBA同級3位のリカルド・コルドバ(パナマ)とWBA世界スーパーバンタム級暫定王座決定戦を行い、ダウンの奪い合いになるも、ブーイング覚悟でアウトボクシングを展開し、12回(2-1)判定勝ちを収めて7戦目で世界王座獲得に成功した[11]

2011年3月19日、WBA世界スーパーバンタム級暫定王座の初防衛戦は、対戦相手となったWBA同級11位のウィリー・ケーシーの地元アイルランドダブリンシティ・ウェストホテルで行われた。試合開始直後から鋭いボディブローから一気に攻め立て、2度のダウンを奪い、連打でまとめてレフェリーストップ。初回2分38秒TKOで圧勝し、初防衛に成功した[12]。防衛後地元テレビ局RTEは、リゴンドウの強烈な連打を津波と表現した。

2012年1月5日、自身の他、パイパロープ・ゴーキャットジムミニマム級)、ホセ・アルフレド・ロドリゲスライトフライ級)、ファン・カルロス・レベコフライ級)、リボリオ・ソリススーパーフライ級)、ウーゴ・ルイスバンタム級)、ブライアン・バスケススーパーフェザー級)、リカルド・アブリルライト級)、ヨハン・ペレススーパーライト級)、イスマエル・エル・マスウーディウェルター級)、アンソニー・ムンディンスーパーウェルター級)、ハッサン・ヌダム・ヌジカムミドル級)、ブライアン・マギースーパーミドル級)、デニス・レベデフクルーザー級)の17階級中14階級の暫定王者が世界ランキング1位にランクインされた[13] [14]

2012年1月20日、ラスベガスパームスで正規王者リコ・ラモスアメリカ)とWBA世界スーパーバンタム級王座統一戦を行い、6回1分29秒KO勝ちで王座統一に成功し正規王者となった(記録上は2度目の防衛)[15]

この試合後、リゴンドウはノニト・ドネアへの対戦要求を繰り返した。同年2月4日にアラモドームでノニト・ドネアとウィルフレド・バスケス・ジュニアとの試合を会場で観戦したが、中継局のHBOとドネア、そのプロモーターであるボブ・アラムに完全に無視されたことで激昂し、勝利者インタビューで会場にいるリゴンドウに言及しなかったHBOのベテラン解説者ラリー・マーチャントにも侮蔑の念を表明した。マーチャントはこれについて意見を求められると、「誰だって? 勘弁してくれ」と言い放ち、リゴンドウが米国にファン層を持たないことなどを理由にその時点でのドネア対リゴンドウの需要のなさを強調[16][17]、そのためリゴンドウは方向転換を余儀なくされた。

2012年6月9日、MGMグランドにてホルヘ・アルセマニー・パッキャオティモシー・ブラッドリーの前座でWBA同級14位テオン・ケネディ(アメリカ)と3度目の防衛戦を行い、1回、4回、5回にそれぞれ1度、2回に2度ダウンを奪い5回目のダウンでロープ際に向かってふらついて倒れたケネディをレフェリーがストップ。5回1分11秒TKO勝ちを収め、暫定王座獲得から通算3回目の防衛に成功した[18]

2012年9月15日、トーマス&マック・センターで、フリオ・セサール・チャベス・ジュニアセルヒオ・マルチネスの前座でWBA同級15位ロバート・マロキン(アメリカ)と4度目の防衛に臨み、5回・12回とダウンを奪い、12回判定勝ちで4度目の防衛に成功した[19]

2012年12月15日、テキサス州ヒューストントヨタセンターで、ノニト・ドネア対ホルヘ・アルセの前座で元WBA世界スーパーバンタム級王者のプーンサワット・クラティンデーンジムタイ)と5度目の防衛戦に臨む予定であったが、プーンサワットが予備検診をクリアできず、中止となった[20]

2013年4月13日、ニューヨークマンハッタンラジオシティ・ミュージックホールで、WBO世界スーパーバンタム級王者ノニト・ドネアと王座統一戦を行い、10回にダウンを奪われるも3-0の判定勝ちでWBA王座5度目の防衛に成功し、WBO王座とリングマガジン王座の獲得に成功した[21]

2013年7月上旬、プロモーターのボブ・アラムが、これまで何度もリゴンドウの試合を放送しておりドネアとの試合も放送したテレビ局のHBOが、リゴンドウのファイトスタイルはエキサイティングでないとして、今後リゴンドウの試合放送を見合わせる方針を打ち出したことを「私がリゴンドウの事を口にするたびにHBOの連中は嘔吐するんだ」との言葉を交えて報道陣に伝えた[22][23]。 この決定について関係者やファンの間で賛否両論が巻き起こったが、リゴンドウに敗れたドネアは「俺もテレビ放送してもらうためにファイトスタイルを変えなければならなかった。ノックアウトするようになってからようやくHBOで放送してもらえるようになったんだ、リゴンドウはこのスポーツがエンターテイメントだということを理解する必要があるね。」と話し[24]、HBOのベテラン解説者のラリー・マーチャントも「リゴンドウは美しいボクサーだよ、だけどこれはプロボクシングなんだ、そしてプロボクシングはエンターテイメントなんだよ。(観客と視聴者に)また試合を見たいと思わせなければだめなんだ。」[25]と両者ともにHBOの決定を支持した。

2013年8月7日、HBOが『チャンピオンたちの夕食会』と題した食事会を主催、HBOが試合を放送している選手ファン・マヌエル・マルケスゲンナジー・ゴロフキンミゲル・アンヘル・ガルシアユリオルキス・ガンボアマイク・アルバラードアドニス・ステベンソンルスラン・プロボドニコフテレンス・クロフォードノニト・ドネアが招待されたが[26]、リゴンドウはノニト・ドネアに勝利しWBA・WBO統一王者となったのにもかかわらず招待されなかった[27]

2013年8月16日、リゴンドウは「ボブ・アラムとトップランクは『リゴンドウをスーパースターにするには カストロにプロモートさせる必要がある』や『リゴンドウの名前を聞くとHBOの連中は嘔吐する』とかの悪趣味なジョークを言っており私への尊敬が足りない。イライラする。HBOは最近(食事会を開いて)全てのチャンピオンたちに敬意を表したけど私は招待すらされなかった。彼らは試合を組む組むと言っておきながらその約束を忘れる。すべての面で尊敬が足りない。私をきちんとプロモートするか契約を破棄するかどちらか決めて欲しい、とにかくこれ以上の軽蔑は受け入れがたいんだ。アラムが選手を平等に扱っていないことは疑いようがないのだから。」と胸の内を明かした[28]

2013年12月7日、ニュージャージー州アトランティックシティボードウォーク・ホール・ダンスホールで、元IBF世界バンタム級王者でWBA同級12位及びWBO同級12位のジョゼフ・アグベコガーナ)と対戦し、3-0(3者とも120-108)のフルマークの判定勝利を収め、WBAは6度目、WBO初防衛に成功した[29]。ドネアとの再戦いついて聞かれ「ドネアは貧弱な男だよ。私にやられてトラウマになってしまっているようだ。またやられたいなら、やられに来いと伝えておいてくれ。私がナンバーワンなんだ。」とドネアを挑発した[30]

2014年7月19日、マカオにあるザ・ベネチアン・マカオコタイ・アリーナで相手はまだ未定だがWBA王座は7度目、WBO王座2度目の防衛戦を行うことが決定した。

戦績[編集]

  • アマチュアボクシング:247戦243勝4敗
  • プロボクシング:13戦13勝(8KO)無敗
日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考
1 2009年5月22日 3R 1:09 TKO ファン・ノリエガ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 プロデビュー戦
2 2009年7月17日 1R 2:57 TKO ロバート・ギーエン アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 --
3 2009年9月18日 3R 2:53 TKO ジオバンニ・アンドラーデ ブラジルの旗 ブラジル NABA北米スーパーバンタム級王座決定戦
4 2009年12月16日 8R 判定3-0 ランテ・アディー ガーナの旗 ガーナ --
5 2010年2月5日 1R 0:28 KO アドルフォ・ランデロス メキシコの旗 メキシコ --
6 2010年8月21日 7R 0:10 TKO ホセ・アンヘル・ベランザ メキシコの旗 メキシコ --
7 2010年11月13日 12R 判定2-1 リカルド・コルドバ パナマの旗 パナマ WBA世界スーパーバンタム級暫定王座決定戦
8 2011年3月19日 1R 2:38 TKO ウィリー・ケーシー アイルランドの旗 アイルランド WBA防衛1
9 2012年1月22日 6R 1:29 KO リコ・ラモス アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 WBA世界スーパーバンタム級王座統一戦/WBA防衛2
10 2012年6月9日 5R 1:11 TKO テオン・ケネディ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 WBA防衛3
11 2012年9月15日 12R 判定3-0 ロバート・マロキン アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 WBA防衛4
12 2013年4月13日 12R 判定3-0 ノニト・ドネア フィリピンの旗 フィリピン WBAWBO世界スーパーバンタム級王座統一戦
WBA防衛5・WBO・リングマガジン王座獲得
13 2013年12月7日 12R 判定3-0 ジョゼフ・アグベコ ガーナの旗 ガーナ WBA防衛6・WBO防衛1
14 2014年7月19日 - - - - - 試合前

獲得タイトル[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c Championship Fight: A Great Battle Is Upon Us”. Bleacher Report (2012年1月19日). 2014年2月10日閲覧。
  2. ^ 27.Olympic Games - Sydney, Australia - September 17-30 2000”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2013年12月1日閲覧。
  3. ^ 11.World Championships - Belfast, Northern Ireland - June 3-10 2001”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2013年12月1日閲覧。
  4. ^ 12.World Championships - Bangkok, Thailand - July 6-12 2003”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2013年12月1日閲覧。
  5. ^ 14.Panamerican Games - Santo Domingo, Dominican Republic - August 1-16 2003”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2013年12月1日閲覧。
  6. ^ 28.Olympic Games Athens, Greece August 14-29, 2004”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2013年12月1日閲覧。
  7. ^ 13.World Championships Mianyang, China November 13-20, 2005”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2013年12月1日閲覧。
  8. ^ Rigondeaux beats Donaire at Radio City”. ESPN.com (2013年4月14日). 2013年12月19日閲覧。
  9. ^ a b c d e f This way out”. ESPN.com (2014年2月7日). 2014年3月14日閲覧。
  10. ^ リゴンドウ、プロ3連勝 ボクシングニュース「Box-on!」 2009年9月19日
  11. ^ 李に強力ライバル出現 リゴンドウ、暫定王者に ボクシングニュース「Box-on!」 2010年11月15日
  12. ^ リゴンドウ圧勝 敵地で初回KO防衛 ボクシングニュース「Box-on!」2011年3月20日
  13. ^ WBA公式サイト WBA Official Ratings as of November/December 2011参照
  14. ^ 暫定王座が剥奪されたわけではないので、正規王者が長期離脱するような緊急性がある場合は暫定王座の防衛戦を行うことができる。正規王者の指名試合の対戦相手の最有力候補であるのと同時にWBAによる暫定王座の更なる乱造の自制の意味合いのある措置である為。
  15. ^ リゴンドー ラモスに6回KO勝ちで王座統一 スポニチアネックス 2012年1月21日閲覧
  16. ^ No demand for Donaire-Rigondeaux bout: Merchant” (英語). ABS-CBN (2012年2月9日). 2012年2月25日閲覧。
  17. ^ Chris Robinson (2012年2月8日). “Merchant Responds To Rigondeaux's Complaints on HBO” (英語). BoxingScene.com. 2012年2月25日閲覧。
  18. ^ リゴンドウ圧勝 WBA・S・バンタム級戦 ボクシングニュース「Box-on!」 2012年6月11日
  19. ^ リゴンドウ、2度倒す ボクシングニュース「Box-on!」 2012年9月18日
  20. ^ Lem Satterfield (2012年12月13日). “Rigondeaux-Kratingdaenggym canceled for Saturday” (英語). RingTV.com. 2012年12月14日閲覧。
  21. ^ リゴンドウがドネアを判定で下す S・バンタム級頂上対決 ボクシングニュース「Box-on!」 2013年4月14日
  22. ^ Big plans ahead for Top Rank”. ESPN.com (2013年7月10日). 2013年8月7日閲覧。
  23. ^ Rigondeaux's Manager: HBO is Making a Huge Mistake!”. BoxingScene.com (2013年7月11日). 2013年8月7日閲覧。
  24. ^ Donaire contemplated retirement, talks comeback, Rigondeaux, HBO”. The Ring (2013年7月16日). 2013年8月9日閲覧。
  25. ^ Merchant Agrees With HBO For Rejecting Rigondeaux”. BoxingScene.com (2013年7月12日). 2013年8月9日閲覧。
  26. ^ プロボドニコフのツイッターからの画像” (2013年8月7日). 2013年8月10日閲覧。
  27. ^ Did HBO's 'Champions Dinner' snub Rigondeaux”. The Ring.com (2013年8月8日). 2013年8月10日閲覧。
  28. ^ Rigondeaux To Arum: I Won't Accept Any More Disrespect!”. BoxingScene.com (2013年8月16日). 2013年8月20日閲覧。
  29. ^ リゴンドウ2冠堅守 アグベコを完封 Boxing News(ボクシングニュース) 2013年12月8日
  30. ^ Rigondeaux: Donaire is Traumatized After His Beating”. BoxingScene.com (2013年12月8日). 2013年12月9日閲覧。

外部リンク[編集]

暫定王座決定戦 対戦者
リカルド・コルドバ
WBA世界スーパーバンタム級暫定王者

2010年11月13日 - 2012年1月20日

次暫定王者
王座統一戦により消滅
前王者
リコ・ラモス
第33代WBA世界スーパーバンタム級王者

2012年1月20日 - 2013年4月13日

空位
次タイトル獲得者
スコット・クィッグ
前WBO王者
ノニト・ドネア
WBAWBO世界スーパーバンタム級スーパー王者

2013年4月13日 - 現在

次スーパー王者
N/A
前王者
ノニト・ドネア
第18代WBO世界スーパーバンタム級王者

2013年4月13日 - 現在

次王者
N/A