ミゲル・アンヘル・ガルシア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミゲル・アンヘル・ガルシア
Miguel Ángel García, Feb. 2014 (1).jpg
2014年2月、アメリカ合衆国議会議事堂で脳の健康調査イベントでのガルシア
基本情報
本名 ミゲル・アンヘル・ガルシア・コルテス
通称 Mikey
階級 スーパーフェザー級
身長 168cm
リーチ 178cm
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 1987年12月15日(26歳)
出身地 カリフォルニア州ベンチュラ
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 34
勝ち 34
KO勝ち 28
敗け 0
テンプレートを表示

ミゲル・アンヘル・ガルシアMiguel Angel Garcia、男性、1987年12月15日 - )は、アメリカのプロボクサー。カリフォルニア州ベンチュラ出身のメキシコ系アメリカ人。 元WBO世界スーパーフェザー級王者。元WBO世界フェザー級王者。兄ロベルト・ガルシアは元IBF世界スーパーフェザー級王者で現在はブランドン・リオスのトレーナー。ボブ・アラムトップランク所属。

来歴[編集]

父親のエドゥアルド・ガルシアは元アマチュアボクサーでフェルナンド・バルガスの元トレーナー。兄のロベルト・ガルシアは元IBF世界スーパーフェザー級王者でノニト・ドネアやブランドン・リオスのトレーナー。一番上の兄のダニエル・ガルシアはビクター・オルティスの元トレーナー。

アマチュア時代[編集]

2005年、ナショナル・ゴールデングローブに出場するが準決勝でディエゴ・マグダレノに敗退[1]

2006年、全米選手権に出場するが1回戦でテレンス・クロフォードに敗退[2]

プロ時代[編集]

2006年7月14日、モンテベロのクワイエット・キャノンでプロデビュー。デビュー戦を判定勝ちで飾った。

2010年4月3日、コーパスクリスティアメリカン・バンク・センターで行われたUSBA全米フェザー級王座決定戦で、トマス・ビジャ(メキシコ)と対戦し、1回1分7秒TKO勝ちを収め、王座を獲得した。

2010年8月14日、テキサス州ラレドラレド・エナジー・アリーナで行われたIBF世界フェザー級挑戦者決定戦でコーネリアス・ロック(アメリカ)と対戦し、11回1分9秒TKO勝ちを収め、IBF王座への挑戦権を獲得した[3]

2011年3月26日、ニュージャージー州ボードウォーク・ホール・ダンスホールにてユリオルキス・ガンボアホルヘ・ソリスの前座でマット・ラミラード(アメリカ)が持つNABF北米フェザー級王座並びにNABO北米フェザー級王座に挑戦し、ラミラードの10回終了時棄権により王座の獲得に成功した[4]

2011年6月4日、カリフォルニア州ステイプルズ・センターにてフリオ・セサール・チャベス・ジュニアセバスチャン・ズビクの前座でラファエル・グスマン(メキシコ)と対戦し4回1分55秒KO勝ちを収め、NABF王座とNABO王座の初防衛に成功した[5]

2011年10月22日、ニューヨークマディソン・スクエア・ガーデン・シアターにてノニト・ドネアオマール・ナルバエスの前座でファン・カルロス・マルチネスと対戦し、4回2分40秒TKO勝ちを収め、NABF王座の2度目の防衛に成功した。

2012年3月10日、プエルトリコサンフアンにあるロベルト・クレメンテ・コロシアムにてオルランド・サリドファン・マヌエル・ロペスの前座でバーナベ・コンセプション(フィリピン)と対戦し、7回2分33秒TKO勝ちを収め、NABF王座の3度目の防衛とNABO王座の2度目の防衛に成功した。

2012年9月1日、メキシコシナロア州ロスモチスにて、元IBF世界ライトフライ級王者で元WBA世界フライ級暫定王者マウリシオ・パストラナ(コロンビア)と対戦し、2回1分5秒KO勝ちを収めた。

2012年11月10日、ネバダ州ウィン・ラスベガスで元WBA世界フェザー級王者ジョナサン・ビクター・バロス(アルゼンチン)と対戦し、8回2分24秒TKO勝ちを収めた[6]

2013年1月19日、ニューヨークマディソン・スクエア・ガーデン・シアターWBO世界フェザー級王者オルランド・サリド(メキシコ)と対戦。1回に2度、3回に1度、4回に1度の計4度のダウンをサリドから奪い、8回に偶然のバッティングでガルシアが鼻骨を骨折しリングドクターの試合続行不可能との判断で試合終了。3-0(79-69、79-69、79-70)の負傷判定勝ちを収め、無敗のまま王座獲得に成功と同時にリングマガジン世界フェザー級王者に認定された[7]

2013年6月15日、テキサス州ダラスアメリカン・エアラインズ・センターで元WBO世界フェザー級王者ファン・マヌエル・ロペス(プエルトリコ)と対戦。ガルシアは前日計量で2ポンド超過の128ポンド(58.06キロ)を計測し再計量も拒否した為、体重超過で王座を剥奪された[8]。挑戦者のロペスは前日計量をパスしている為、ガルシアが勝てば王座が空位になり、ロペスが勝てば王座返り咲きとなる条件で試合が行われ、計量失格になったガルシアが4回1分43秒TKO勝ちを収めたことで、WBO王座は空位となったがリングマガジン王座の初防衛には成功した[9]

2013年11月9日、テキサス州コーパスクリスティアメリカン・バンク・センターにてWBO世界スーパーフェザー級王者ローマン・マルチネス(プエルトリコ)と対戦し2回にダウンを喫したが、8回にマルチネスからボディショットでダウンを奪い返してそのままレフェリーがカウントアウトで試合終了。8回0分56秒KO勝ちで2階級制覇を達成した[10]

2014年1月25日、ニューヨークマディソン・スクエア・ガーデン・シアターWBO世界スーパーフェザー級1位の指名挑戦者ファン・カルロス・ブルゴスと対戦し、3-0(118-110、118-110、119-109)の大差判定勝ちを収めWBO世界スーパーフェザー級王座の初防衛に成功した[11]

2014年5月17日にカリフォルニア州イングルウッドグレート・ウェスタン・フォーラムWBA世界ライト級暫定王者ユリオルキス・ガンボアと対戦する予定だったがガンボアが高額のファイトマネーを要求したため中止となった。

2014年10月15日、体重が161ポンドまで増えたことで、減量苦を理由にWBO世界スーパーフェザー級王座を返上 [12][13]

契約の無効を主張し2014年4月からトップランク社と係争中のため現在は試合を行えない状況下にある[14]

獲得タイトル[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ US National Golden Gloves - Little Rock - May 16-21 2005”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2013年12月1日閲覧。
  2. ^ US National Championships - Colorado Springs - March 6-11th 2006”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2013年12月1日閲覧。
  3. ^ 金、大差の判定負け IBFライト級王座決定戦 ボクシングニュース「Box-on!」 2010年8月16日
  4. ^ ガルシア、無敗対決制す ボクシングニュース「Box-on!」 2011年3月27日
  5. ^ マティスロスヤン、ガルシアKO勝ち ボクシングニュース「Box-on!」 2011年6月5日
  6. ^ マルティロスヤン×ララは負傷ドロー ボクシングニュース「Box-on!」 2012年11月11日
  7. ^ マイキー・ガルシア負傷判定勝ち サリドを4度倒す ボクシングニュース「Box-on!」 2013年1月20日
  8. ^ マイキー2ポンド超でベルト喪失 ボクシングニュース「Box-on!」 2013年6月15日
  9. ^ マイキー、フアンマを4回TKO ボクシングニュース「Box-on!」 2013年6月16日
  10. ^ ダウン挽回 マイキー、ロッキー沈める Boxing News(ボクシングニュース) 2013年11月10日
  11. ^ マイキー、ブルゴスに大差の勝利 V1成功 Boxing News(ボクシングニュース) 2014年1月26日
  12. ^ Mikey Garcia: ‘It was so hard to make the weight’”. THE RING (2014年10月15日). 2014年10月16日閲覧。
  13. ^ マイキー王座返上、サリドが正規王者に Boxing News(ボクシングニュース) 2014年10月16日
  14. ^ Garcia files suit against Top Rank”. ESPN.com (2014年4月16日). 2014年7月10日閲覧。

外部リンク[編集]

前王者
オルランド・サリド
第18代WBO世界フェザー級王者

2013年1月19日 - 2013年6月14日(剥奪)

空位
次タイトル獲得者
オルランド・サリド
前王者
ローマン・マルチネス
第20代WBO世界スーパーフェザー級王者

2013年11月10日 - 2014年10月15日(返上)

空位
次タイトル獲得者
オルランド・サリド