ニコラス・ウォータース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ニコラス・ウォータース
基本情報
本名 ニコラス・ウォータース
通称 Axe Man(斬首人)
階級 フェザー級
身長 170cm
リーチ 185cm
国籍 ジャマイカの旗 ジャマイカ
誕生日 1986年1月4日(28歳)
出身地 モンテゴ・ベイ
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 25
勝ち 25
KO勝ち 21
敗け 0
テンプレートを表示

ニコラス・ウォータースNicholas Walters、男性、1986年1月4日 - )は、ジャマイカプロボクサーモンテゴ・ベイ出身。現WBA世界フェザー級スーパー王者並びにIBO世界フェザー級王者。切れ味鋭いフックが武器で愛称は斬首人の意味を持つAxe Manボブ・アラムトップランク所属。

来歴[編集]

アマチュア時代[編集]

2007年、パンアメリカン競技大会にフェザー級(57kg)で出場するが1回戦敗退[1]

2007年、アメリカのシカゴで開催された2007年世界ボクシング選手権大会にフェザー級(57kg)で出場するが1回戦敗退[2]

プロ時代[編集]

ジャマイカはプロボクシングの土壌が無いため中米諸国でプロデビューするケースが多く、ウォータースはパナマに渡った。

2008年8月2日、プロデビュー。

2009年12月18日、ハイチにてカルロス・マヌエル・レイエスとWBAフェデラテンフェザー級王座決定戦を行った。無敗の相手に序盤から打ち合い、7回にウォータースがダウンを喫しあわやTKO負け寸前まで追い詰められるが、3-0の判定勝ちを収め王座獲得に成功した。

2010年7月31日、ホセ・ミゲル・パヤレスとWBAフェデラテン王座の初防衛戦を行った。パヤレスのプレッシャーを避けながら強打を交えて優位に進め、5回終了時にパヤレスのセコンドが棄権を要請し初防衛に成功した。

2010年12月18日、ゴンザロ・ムングイアと防衛戦を行い、優位に試合を進め最後はレフェリーストップを呼び込み2度目の防衛に成功した。

2011年6月16日、プロデビューして初の母国での凱旋試合。キングストンにあるアウディトリオ・カール・ヘンドリクソンにて、アンヘル・サリナスと対戦し、2回2分46秒TKO勝ちを収めて3度目の防衛に成功した。

2011年10月22日、ルーヴィング・ベリーと対戦し、6回1分35秒TKO勝ちを収めて4度目の防衛に成功した。

2012年12月8日、1年振りの母国での試合で世界初挑戦。キングストンにあるナショナルインドアセンターにて、WBA世界フェザー級王座決定戦を行い、4回・5回・7回に計3度ダウンを奪い7回TKO勝ちを収め王座獲得に成功した[3]

その後は試合が決らない状態が続き試合枯れになっていた(当初は3月に初防衛戦を行う予定だったが相手が見つからず中止になった)。ビックマッチの機会を求めてボブ・アラムトップランクと契約を交わした。

2013年11月9日、約1年ぶりの試合。アメリカデビュー戦をテキサス州コーパスクリスティのアメリカンバンクセンターにて、ローマン・マルチネスVSミゲル・アンヘル・ガルシアの前座でWBA世界スーパーフェザー級15位アルベルト・ガルサ(メキシコ)と対戦。4回に右ストレートを当てるとガルサは失神しレフェリーがノーカウントで試合を止め、4回1分57秒TKO勝ちを収め初防衛に成功した。

2013年12月12日、WBAがWBA世界フェザー級スーパー王者のシンピウィ・ベトイェカとの間で120日以内(2014年4月5日まで)に王座統一戦を行うよう指令を出した[4]

2014年5月31日、マカオにあるザ・ベネチアン・マカオコタイ・アリーナシンピウィ・ベトイェカノニト・ドネアの前座でアレハンドロ・ペレスと対戦する予定だったが、同年3月29日にペレスがフアン・カルロス・マルティネスに負けを喫したことにより元世界2階級制覇王者のビック・ダルチニアンに対戦相手が変更になった。WBA世界フェザー級13位のビック・ダルチニアンと対戦し、初回こそは互角に進んだが2回に右アッパーで先制ダウンを奪った。そこから力の差が出て、5回には左フックから右フックでダウンを奪い、最後は左フック一撃でダルチニアンを失神。5回22秒KO勝ちを収め、WBA世界フェザー級王座の2度目の防衛に成功した[5]

2014年10月18日、カリフォルニア州カーソンスタブハブ・センターノニト・ドネアの持つWBA世界フェザー級スーパー王座並びにIBO世界フェザー級王座と自身の持つWBA世界フェザー級正規王座を懸け対戦し、3回と6回にダウンを奪い6回2分59秒KO勝ちを収めWBA世界フェザー級王座の統一に成功、WBA世界フェザー級王座の3度目の防衛に成功すると共にスーパー王座に認定され、IBO世界フェザー級王座の獲得にも成功した[6][7]

2014年11月12日、WBAは最新ランキングを発表し、ウォータースはWBA世界フェザー級スーパー王者としてランクインすると共に上述のドネアとの王座統一戦の勝利が評価され、WBAの2014年10月度の月間優秀選手に選ばれた[8][9][10]

獲得タイトル[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 15.Panamerican Games - Rio de Janeiro, Brazil - July 20-28 2007”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2014年6月1日閲覧。
  2. ^ 14.World Championships - Chicago, USA - October 23 - November 3 2007”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2014年1月25日閲覧。
  3. ^ ウォーターズが地元で戴冠 WBAフェザー級王座決定戦 ボクシングニュース「Box-on!」 2012年12月10日
  4. ^ Championships Committee orders mandatory fight between Veyteka and Walters WBA公式サイト 2013年12月12日
  5. ^ ウォータースがダルチニアンを5回KO Boxing News(ボクシングニュース) 2014年5月31日
  6. ^ ドネア、ウォータースに6回KO負け Boxing News(ボクシングニュース) 2014年10月19日
  7. ^ Nicholas Walters annihilated Nonito Donaire by KO6 WBA公式サイト 2014年10月19日
  8. ^ World Boxing Association Ranking WBA公式サイト 2014年11月12日
  9. ^ Sergey Kovalev is the WBA boxer of the month WBA公式サイト 2014年11月13日
  10. ^ 清田祐三が12.9初防衛戦、WBA月間MVPはコバレフ Boxing News(ボクシングニュース) 2014年11月14日

外部リンク[編集]

空位
前タイトル保持者
セレスティーノ・カバジェロ
第71代WBA世界フェザー級王者

2012年12月8日 - 2014年10月18日

空位
次タイトル獲得者
N/A
前スーパー王者
ノニト・ドネア
WBA世界フェザー級スーパー王者

2014年10月18日 - 現在

次スーパー王者
N/A