ローマン・ゴンサレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ローマン・ゴンサレス
基本情報
本名 ローマン・アルベルト・ゴンサレス・ルナ
通称 チョコラティート (Chocolatito)[1]
階級 ミニマム級 - フライ級
身長 159.5cm[2]
リーチ 163cm[2]
国籍 ニカラグアの旗 ニカラグア
誕生日 1987年6月17日(27歳)
出身地 ニカラグア, マナグア
スタイル ボクサーファイター
プロボクシング戦績
総試合数 41
勝ち 41
KO勝ち 35
敗け 0
テンプレートを表示

ローマン・ゴンサレスRomán González、男性、1987年6月17日 - )は、ニカラグアプロボクサーマナグア出身。 第16代WBA世界ミニマム級王者。元WBA世界ライトフライ級スーパー王者。第41代WBC世界フライ級王者。帝拳ジム所属。
「チョコラティート」(Chocolatito) の愛称で親しまれている[1]

スペイン語では、"z" は無声音で発音され、"zá" の音節にアクセントがあるため「ゴンサーレス」のように発音されるが、英音表記の「ゴンレス」で書かれることもある。

来歴[編集]

1987年6月17日、ニカラグアマナグア出身。10歳の時にボクシングを始め、12歳で故郷の英雄アレクシス・アルゲリョの特別コーチを受けた[3][4][5]。アルゲリョの再来とも言われ、特に上下に放つ鋭いアッパーカットは、アルゲリョの指導を受けた賜物と言われる[5]。軽快なボディワークでプレッシャーをかけ、パンチを上下に打ち分ける的確で多彩なコンビネーション技術を持つ[3]。センス、パワーともに優れたハードパンチャーである[5]

アマチュアの戦績は87戦全勝[6][7]とされているが、オリンピックや世界選手権やパンアメリカン競技大会等の主要大会の出場経験は無い。

2005年7月1日プロデビュー(2回KO勝ち)。

2006年10月6日、9戦目でニカラグアライトフライ級王座、ならびにWBAフェデセントロライトフライ級王座獲得。その後ニカラグア王座は1度、WBAフェデセントロ王座は2度の防衛に成功。

2007年5月12日、WBAフェデラテンミニマム級王座獲得。王座獲得後、日本の帝拳プロモーションとマネージメント契約を締結。

2007年11月3日、帝拳ジムマネージメント契約選手として日本のリングに初登場。東京後楽園ホールで2度の世界挑戦経験を持つエリベルト・ゲホン(フィリピン)とノンタイトル戦を行い、初回KO勝ち。

2008年9月15日、20戦全勝(18KO)の戦績を引っ提げての世界初挑戦。パシフィコ横浜でWBA世界ミニマム級王者新井田豊横浜光)に同級1位として挑む。初回から激しい打ち合いに終始し、迎えた4回、ゴンサレスの強打により王者の右まぶたが大きく腫れたところでドクターチェックが入り、試合をストップ。ゴンサレスのTKO勝ちとなり、全勝のまま世界王者となった[8]

2009年2月28日、メキシコオアハカフランシスコ・ロサス(メキシコ)と対戦し、12回2-0(116-112、115-113、114-114)の僅差判定勝ちで初防衛に成功した。この結果についてゴンサレスは、計量後に食べ過ぎて下痢をしたと話している[9]

2009年7月14日、神戸ワールド記念ホールで、同級1位で元WBC世界ミニマム級王者高山勝成真正)を相手に2度目の防衛戦を行い、12回判定勝ち[10]。その後、3度目の防衛にも成功した[11]

2010年10月、ライトフライ級での世界挑戦決定に伴い、同月7日付で保持していたWBA世界ミニマム級王座を返上[12]

2010年10月24日、東京・両国国技館でのWBA世界ライトフライ級暫定王座決定戦に同級1位として出場。WBA世界ミニマム級王座の初防衛戦でも対戦したWBA世界ライトフライ級2位のフランシスコ・ロサスと再戦。当初、この試合はゴンサレスが正規王者ファン・カルロス・レベコに挑戦する予定であったが[13]、レベコが腎臓胆石の手術で出場不可能となったため、ロサスとの暫定王座決定戦に変更となった[14]。 試合は序盤からゴンサレスが自慢の強打で圧倒し、2回にロサスから3度のダウンを奪い、1分38秒KO勝ち。無敗で2階級制覇を達成した[15]

2011年1月、レベコの王座返上に伴い空位となったWBA世界ライトフライ級正規王座に認定され、正規王者になった[16]

2011年3月19日、メキシコ・プエブラノニト・ドネアとの対戦経験を持つWBA世界ライトフライ級9位のマヌエル・バルガス(メキシコ)と対戦し、3-0の判定勝ちで初防衛に成功した[17]

2011年7月16日、メキシコ・カンクンでWBA世界ライトフライ級10位のオマール・サラド(メキシコ)と対戦し、7回TKO勝ちで2度目の防衛に成功した[18]

2011年10月1日、アメリカラスベガスMGMグランドで、西岡利晃 vs ラファエル・マルケス戦の前座でWBA世界ライトフライ級12位のオマール・ソト(メキシコ)と対戦。前日計量でソトが体重超過となった為、ソトが試合に勝っても王座を獲得できない条件で試合を行ったが2回KO勝ちで3度目の防衛に成功[19]。テレビアステカの解説を務めたフリオ・セサール・チャベスには「これぞリトル・アルゲリョ」と絶賛された[20]。これでデビューから30連勝(25KO)となった。

2012年3月17日、ノンタイトル戦でマヌエル・ヒメネス(メキシコ)と対戦し、初回KO勝ちを収めた。

2012年4月28日、アメリカ・カリフォルニア州ポモナで、WBA世界ライトフライ級10位で元WBO世界ライトフライ級王者ラモン・ガルシア(メキシコ)と対戦し、4回KO勝ちでWBA世界ライトフライ級王座の4度目の防衛に成功した[21]

2012年10月6日、マナグアのホリデイ・イン・マナグアでスティベン・モンテローサコロンビア)とノンタイトル戦を行い、3回TKO勝ちを収めた。

2012年11月17日、カリフォルニア州ロサンゼルスロサンゼルス・スポーツ・アリーナで、WBA世界ライトフライ級5位のファン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)と対戦し、両者打たれ強さを証明するようなファイトで3-0(118-110、116-112、116-112)の判定勝ちで5度目の防衛に成功[22]。その後、11月下旬にWBAからスーパー王座認定され、スーパー王者になった[23][24][25]

2012年12月17日、同月31日にゴンサレスのスーパー王座認定に伴うWBA世界ライトフライ級王座決定戦が大阪で元WBA・WBC世界ミニマム級統一王者でWBA世界ライトフライ級2位の井岡一翔と前WBA世界ライトフライ級暫定王者で同級5位のホセ・ロドリゲス行われ、井岡一翔 対 ホセ・ロドリゲス戦の勝者とゴンサレスの対戦指令がWBAが出したこと、ゴンサレスが井岡一翔 対 ホセ・ロドリゲス戦の勝者との対戦を望んでいること、井岡一翔と対戦する機会があれば対戦したい旨を語っていると報道された[26]

2012年12月18日、WBAがゴンサレスをWBA世界ライトフライ級スーパー王者に認定したこと、ゴンサレスのスーパー王座認定に伴い空位となる正規王座を井岡一翔とホセ・ロドリゲスとの間で行われる王座決定戦の勝者が就くことを「井岡一翔 対 ホセ・ロドリゲス戦の勝者とゴンサレスが井岡一翔 対 ホセ・ロドリゲス戦から90日以内に対戦すること、興行権の入札に至った場合はファイトマネーの75%がゴンサレスに配分されること、井岡一翔 対 ホセ・ロドリゲス戦の勝者 対 ローマン・ゴンサレスの勝者(井岡一翔 対 ホセ・ロドリゲス戦が引分の場合はゴンサレス)は9ヵ月以内に王座統一戦を行い、その王座統一戦の勝者はその試合から18か月以内に指名試合を行うことなどを記載した2012年12月6日付の文書と共に発表した[27]

2013年1月24日、同年2月23日までの30日間でローマン・ゴンサレス 対 井岡一翔戦が両者にとって次戦となるよう交渉して合意するようにとWBAより通達を受けたが[28]、同年2月7日、WBAは同月18日に最低価格が米ドルで8万ドルとする入札を行うと発表した。2012年12月6日付のWBAの文書に記載されている通り、ファイトマネーの配分がゴンサレスが75%、井岡が25%となることが確定した[29]

2013年2月15日、同月18日にローマン・ゴンサレス 対 井岡一翔戦の入札が予定されていたが、入札を前に両者の対戦は仕切り直しとなり、ローマン・ゴンサレス 対 井岡一翔戦は延期されることでゴンサレス陣営と井岡陣営が合意した[30][31]

2013年5月25日、マナグアのポリデポルティーボ・エスパーニャでロナルド・バレラ(コロンビア)とノンタイトル10回戦を行い、5回TKO勝ちを収めた[32]

2013年9月21日、マナグアのクラウン・プラザ・マナグアで後のIBFWBO世界ミニマム級統一王者フランシスコ・ロドリゲス・ジュニア(メキシコ)とノンタイトル10回戦を行い、7回1分10秒TKO勝ちを収めた[33]

2013年11月10日、両国国技館で八重樫東と対戦経験があるオスカル・ブランケット(メキシコ)とノンタイトル10回戦を行い、2回27秒TKO勝ちを収めた[34]

2014年1月14日、フライ級に転向し3階級制覇を目指す為にWBA世界ライトフライ級スーパー王座を返上した[35][36]

2014年2月15日、メキシコ・チアパス州タパチュラフアン・カントゥン(メキシコ)と対戦し、6回1分1秒TKO勝ちを収めた[37]

2014年4月6日、大田区総合体育館ファン・プリシマ(フィリピン)と対戦し、3回1分20秒TKO勝ちを収めた[38]

2014年9月5日、国立代々木第二体育館でWBC世界フライ級王者八重樫東大橋)と対戦し、9回2分24秒TKO勝ちを収め3階級制覇を達成した[39]

2014年11月22日、横浜国際プールで同級8位のロッキー・フエンテス(フィリピン)と対戦し、6回2分11秒TKO勝ちを収め初防衛に成功した[40]

戦績[編集]

  • アマチュアボクシング: 87戦 87勝 無敗
  • プロボクシング: 41戦 41勝 (35KO) 無敗
日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考
1 2005年7月1日 2R KO ラモン・ウルビナ ニカラグアの旗 ニカラグア プロデビュー戦
2 2005年8月19日 1R KO ニコラス・メルカド ニカラグアの旗 ニカラグア
3 2005年9月30日 1R KO ダビド・センテーノ ニカラグアの旗 ニカラグア
4 2005年10月15日 3R KO エディ・カストロ ニカラグアの旗 ニカラグア
5 2006年1月20日 1R 2:18 TKO ロベルト・メサ ニカラグアの旗 ニカラグア
6 2006年3月3日 2R KO ホセ・マルティネス ニカラグアの旗 ニカラグア
7 2006年3月31日 6R TKO フランシスコ・メサ ニカラグアの旗 ニカラグア
8 2006年9月1日 2R KO フランシスコ・メサ ニカラグアの旗 ニカラグア
9 2006年10月6日 1R KO オスカル・ムリージョ ニカラグアの旗 ニカラグア ニカラグアライトフライ級王座・WBAフェデセントロライトフライ級王座獲得
10 2006年12月15日 7R TKO ファン・フランシスコ・センテーノ ニカラグアの旗 ニカラグア WBAフェデセントロ王座防衛1
11 2007年2月16日 1R KO エルビス・ロメロ ニカラグアの旗 ニカラグア
12 2007年3月30日 2R TKO ビセンテ・エルナンデス メキシコの旗 メキシコ WBAフェデセントロ王座防衛2
13 2007年5月12日 1R 2:28 KO ホセ・ルイス・バレラ ベネズエラの旗 ベネズエラ WBAフェデラテンミニマム級王座獲得
14 2007年7月13日 3R KO ミゲル・テジェス ニカラグアの旗 ニカラグア
15 2007年11月3日 1R 1:09 KO エリベルト・ゲホン フィリピンの旗 フィリピン
16 2007年12月14日 2R 1:48 KO ハビエル・テージョ パナマの旗 パナマ
17 2008年1月14日 10R 判定3-0 松本博志角海老宝石 日本の旗 日本
18 2008年2月29日 10R 判定 ハビエル・ムリージョ メキシコの旗 メキシコ
19 2008年6月13日 3R KO ファン・フランシスコ・センテーノ ニカラグアの旗 ニカラグア
20 2008年7月12日 2R 1:02 TKO アブラハム・イリアス ニカラグアの旗 ニカラグア
21 2008年9月15日 4R 1:59 TKO 新井田豊横浜光 日本の旗 日本 WBA世界ミニマム級タイトルマッチ
22 2008年12月13日 3R 0:10 TKO ミゲル・テジェス ニカラグアの旗 ニカラグア
23 2009年2月28日 12R 判定2-0 フランシスコ・ロサス メキシコの旗 メキシコ WBA防衛1
24 2009年7月14日 12R 判定3-0 高山勝成真正 日本の旗 日本 WBA防衛2
25 2010年1月30日 4R TKO イバン・メネセス メキシコの旗 メキシコ WBA防衛3
26 2010年9月3日 2R 0:25 TKO へスス・リモネス メキシコの旗 メキシコ
27 2010年10月24日 2R 1:38 KO フランシスコ・ロサス メキシコの旗 メキシコ WBA世界ライトフライ級暫定王座決定戦
王座獲得→正規王座認定
28 2011年3月19日 12R 判定3-0 マヌエル・バルガス メキシコの旗 メキシコ WBA防衛1
29 2011年7月16日 7R 0:48 TKO オマール・サラド メキシコの旗 メキシコ WBA防衛2
30 2011年10月1日 2R 0:36 KO オマール・ソト メキシコの旗 メキシコ WBA防衛3
31 2012年3月17日 1R 2:58 KO マヌエル・ヒメネス メキシコの旗 メキシコ
32 2012年4月28日 4R 2:09 KO ラモン・ガルシア メキシコの旗 メキシコ WBA防衛4
33 2012年10月6日 3R 2:27 TKO スティベン・モンテローサ コロンビアの旗 コロンビア
34 2012年11月17日 12R 判定3-0 ファン・フランシスコ・エストラーダ メキシコの旗 メキシコ WBA防衛5→スーパー王座認定
35 2013年5月25日 5R 2:42 TKO ロナルド・バレラ コロンビアの旗 コロンビア
36 2013年9月21日 7R 1:10 TKO フランシスコ・ロドリゲス・ジュニア メキシコの旗 メキシコ
37 2013年11月10日 2R 0:27 TKO オスカル・ブランケット メキシコの旗 メキシコ
38 2014年2月15日 6R 1:01 TKO フアン・カントゥン メキシコの旗 メキシコ
39 2014年4月6日 3R 1:20 TKO ファン・プリシマ フィリピンの旗 フィリピン
40 2014年9月5日 9R 2:24 TKO 八重樫東大橋 日本の旗 日本 WBC世界フライ級タイトルマッチ
WBC獲得・リングマガジン王座獲得
41 2014年11月22日 6R 2:11 TKO ロッキー・フエンテス フィリピンの旗 フィリピン WBC防衛1

獲得タイトル[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b ロマゴン1月30日防衛戦 ランダエタも登場 ボクシングニュース「Box-on!」 2010年1月30日
  2. ^ a b ダブル世界戦予備検診 三浦隆司、ロマゴン異常なし Boxing News(ボクシングニュース) 2014年11月19日
  3. ^ a b 原功 (2010年10月13日). “小さな怪物ローマン・ゴンサレス”. nikkansports.com. 2012年4月14日閲覧。
  4. ^ ロマゴン「アルゲリョさんに勝利を捧ぐ」”. ボクシングニュース「Box-on!」 (2009年7月10日). 2012年4月14日閲覧。
  5. ^ a b c 前田衷 (2008年10月9日). “新井田のV8を阻んだゴンサレスの実力”. Number Web. 2012年4月14日閲覧。
  6. ^ 選手プロフィール TEIKEN.COM
  7. ^ ゴンサレスがスパー公開、15日新井田戦 nikkansports.com 2008年9月8日
  8. ^ まさかの負傷陥落…新井田引退も スポニチアネックス 2008年9月16日
  9. ^ ゴンサレス KOで2階級制覇決める! デイリースポーツ online 2010年10月19日
  10. ^ 高山、ロマゴン攻略ならず ボクシングニュース「Box-on!」 2009年7月14日
  11. ^ ロマゴン圧勝 4回TKO勝ち ボクシングニュース「Box-on!」 2010年1月31日
  12. ^ Chocolatito abandona la corona(スペイン語) Notifight 2010-10-7
  13. ^ 10.24両国国技館 ゴンサレスは2階級制覇狙いレベコに挑戦 ボクシングニュース「Box-on!」 2010年9月7日
  14. ^ レベコが急病 ゴンサレス-ロサスの暫定王座決定戦に ボクシングニュース「Box-on!」 2010年10月9日
  15. ^ ゴンサレス久々強打爆発 WBA世界L・フライ級暫定王座獲得 ボクシングニュース「Box-on!」 2010年10月24日
  16. ^ レベコがフライ級に転向 ゴンサレス正規王者へ WBA・L・フライ級 ボクシングニュース「Box-on!」 2011年2月6日
  17. ^ 激闘 ロマゴン判定で初防衛 ボクシングニュース「Box-on!」 2011年3月20日
  18. ^ マルケス兄電撃KO ロマゴンも圧勝 ボクシングニュース「Box-on!」 2011年7月18日
  19. ^ ロマゴンも鮮やか米国デビュー 三浦らも勝つ ボクシングニュース「Box-on!」 2011年10月3日
  20. ^ MACC出版「ロマゴン強し! WBA世界L・フライ級タイトルマッチ」、『アイアンマン』11月号増刊(『ボクシング・ビート』11月号)、フィットネススポーツ、2011年10月15日、 17頁。
  21. ^ “ロマゴン”痛烈KO防衛 WBA・Lフライ級戦 ボクシングニュース「Box-on!」 2012年4月30日
  22. ^ ロマゴン激戦制しV5 ボクシングニュース「Box-on!」 2012年11月18日
  23. ^ “Chocolatito” González will be promoted to Super Champion WBA公式サイト 2012年11月30日
  24. ^ “Chocolatito” is the latest WBA super champion Fightnews.com 2012年11月30日
  25. ^ 一翔、大みそか大阪で2階級制覇挑戦 デイリースポーツ online 2012年12月1日
  26. ^ Roman Gonzalez Targets Ioka-Rodriguez Winner BoxingScene.com(英語) 2012年12月17日
  27. ^ Ioka vs Rodríguez van por título vacante de las 108 libras WBA公式サイト 2012年12月18日
  28. ^ WBA orders Roman Gonzalez and Kazuto Ioka to negotiate WBA公式サイト 2013年1月24日
  29. ^ Chocolatito” Gonzalez and Kazuto Ioka to Purse Bid WBA公式サイト 2013年2月7日
  30. ^ “Chocolatito”González vs Ioka Purse Bid cancelled WBA公式サイト 2013年2月15日
  31. ^ ロマゴン vs. 井岡統一戦は入札回避 帝拳ジム公式サイト 2013年2月17日
  32. ^ ロマゴン5回TKO勝ち ボクシングニュース「Box-on!」 2013年5月26日
  33. ^ ロマゴン7回TKO勝ち、次はレベコに挑戦? Boxing News(ボクシングニュース) 2013年9月22日
  34. ^ ロマゴン、リナレス、粟生が快勝 Boxing News(ボクシングニュース) 2013年11月10日
  35. ^ Chocolatico González vacates 108 lbs title WBA公式サイト 2014年1月14日
  36. ^ ロマゴンがL・フライ級王座を返上 Boxing News(ボクシングニュース) 2014年1月16日
  37. ^ ロマゴン6回TKO勝ち、次戦は4.6日本 Boxing News(ボクシングニュース) 2014年2月16日
  38. ^ 細野がKOで日本フェザー級王者に、ロマゴン快勝 Boxing News(ボクシングニュース) 2014年4月6日
  39. ^ 八重樫東9回TKO負け、ゴンサレス3階級制覇 Boxing News(ボクシングニュース) 2014年9月5日
  40. ^ ロマゴン41連勝、波状攻撃でフエンテスを6回TKO Boxing News(ボクシングニュース) 2014年11月22日

外部リンク[編集]

前王者
新井田豊
第16代WBA世界ミニマム級王者

2008年9月15日 - 2010年10月7日(返上)

空位
次タイトル獲得者
クワンタイ・シッモーセン
暫定王座決定戦 対戦者
フランシスコ・ロサス
WBA世界ライトフライ級暫定王者

2010年10月14日 - 2011年1月

次暫定王者
正規認定により消滅
空位
前タイトル保持者
ファン・カルロス・レベコ
第26代WBA世界ライトフライ級王者

2011年1月 - 2012年11月

空位
次タイトル獲得者
井岡一翔
前スーパー王者
N/A
WBA世界ライトフライ級スーパー王者

2012年11月 - 2014年1月14日(返上)

次スーパー王者
返上により消滅
前王者
八重樫東
第41代WBC世界フライ級王者

2014年9月5日 - 現在

次王者
N/A