ロナルド・ライト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロナルド・ライト
基本情報
本名 ロナルド・レイモント・ライト
通称 Winky(ウィンキー)
階級 ミドル級
身長 179cm
リーチ 183cm
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 1971年11月26日(42歳)
出身地 ワシントンD.C.
スタイル サウスポー
プロボクシング戦績
総試合数 58
勝ち 51
KO勝ち 25
敗け 6
引き分け 1
テンプレートを表示

ロナルド・レイモント・ライトRonald Lamont Wright、男性、1971年11月26日 - )は、アメリカ合衆国の元プロボクサーワシントンD.C.出身。元WBAスーパーWBCIBF世界スーパーウェルター級統一王者。元WBO世界スーパーウェルター級王者。

サウスポーで、がっちりとした固いガードと、長いリーチを存分に活かしたジャブを多用したアウトボクサータイプの選手である。派手さはないが、長身のサウスポーであり、右のリードパンチに威力があり、いぶし銀のような選手である。「Winky (ウィンキー)」の愛称をもっており、愛称を冠して"ウィンキー"ライトと呼ばれることもある。

来歴[編集]

スーパーウェルター級時代[編集]

1990年10月16日に18歳でプロデビューする。25戦無敗のまま1994年8月21日にフリオ・セサール・バスケスの持つWBA世界スーパーウェルター級王座に挑戦するが、0-3判定で敗れた。

1995年2月4日、空位のNABF北米スーパーウェルター級王座を獲得。

1996年5月17日、ブロンコ・マッカートの持つWBO世界スーパーウェルター級王座に挑戦し、2-1の僅差判定で勝利し、王座を獲得した。同王座は3度防衛に成功したが、1998年8月22日にナミビアハリー・サイモンに0-2判定で敗れて王座から陥落した。

1999年12月4日にフェルナンド・バルガスの持つIBF世界スーパーウェルター級王座に挑戦するが、0-2の僅差の判定で敗れて王座獲得に失敗した。しかし、2001年10月12日には空位のIBF世界スーパーウェルター級王座を獲得し、同王座を4度防衛。

この頃からロナルド・ライトの名前は徐々に売れ始め、2004年3月13日にシェーン・モズリーとWBA・WBC・IBF世界スーパーウェルター級王座統一戦というビッグマッチを行い、これに判定で勝利した。モズリーとは同年11月20日にリターンマッチとしてWBAスーパー・WBC世界スーパーウェルター級タイトルマッチが行われたが、ライトはこれにも判定で勝利する。ライトはこの勝利後、WBA世界スーパーウェルター級スーパー王座とWBC世界スーパーウェルター級王座を返上しミドル級に階級を上げる。

ミドル級時代[編集]

ミドル級に上げたあとの初戦は2005年5月14日に行われたフェリックス・トリニダード戦であった。一度は引退していたトリニダードは、この試合が現役復帰後2戦目であったため大いに注目されたが、ライトは3-0の大差判定で勝利し、WBC世界ミドル級王座への指名挑戦権を手に入れた。

同年12月10日にはIBFの指名挑戦権も手に入れ、2006年6月17日にWBC・WBO世界ミドル級王者ジャーメイン・テイラーに挑戦するも、1-1の判定ドローで王座獲得ならず[1]

2007年7月21日、元WBA・WBC・IBF・WBO世界ミドル級王者バーナード・ホプキンスと170ポンドのキャッチウェイトで対戦し、0-3(112-116、111-117、111-117)の判定負けを喫した[2]

2009年4月11日、1年8か月ぶりの試合でポール・ウィリアムスと対戦し、0-3(108-120、109-119、109-119)の大差の判定負けを喫した。

引退表明[編集]

2012年6月2日、3年ぶりとなる試合でピーター・クイリンと対戦し、0-3(91-98、91-98、92-97)の判定負けを喫し、同月5日、現役引退を表明した。

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ミドル級頂上対決はドロー ボクシング総合ポータル「Box-on!」 2006年6月18日
  2. ^ ホプキンス、ライトに3-0判定勝ち ボクシング総合ポータル「Box-on!」 2007年7月22日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
ブロンコ・マッカート
第5代WBO世界スーパーウェルター級王者

1996年5月17日 - 1998年8月22日

次王者
ハリー・サイモン
空位
前タイトル保持者
フェリックス・トリニダード
第15代IBF世界スーパーウェルター級王者

2001年10月12日 - 2004年4月21日(剥奪)

空位
次タイトル獲得者
バーノ・フィリップス
前王者
シェーン・モズリー
第34代WBC世界スーパーウェルター級王者

2004年3月13日 - 2005年(返上)

空位
次タイトル獲得者
リカルド・マヨルガ
前スーパー王者
シェーン・モズリー
WBA世界スーパーウェルター級スーパー王者

2004年3月13日 - 2005年(返上)

次スーパー王者
返上により消滅