フリオ・セサール・バスケス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フリオ・セサール・バスケス
基本情報
本名 フリオ・セサール・バスケス
通称 El Zurdo
階級 ジュニアミドル級
身長 179cm
リーチ 193cm
国籍 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
誕生日 1966年7月13日(48歳)
出身地 サンタフェ州サンタフェ
スタイル サウスポー
プロボクシング戦績
総試合数 82
勝ち 68
KO勝ち 43
敗け 13
引き分け 1
テンプレートを表示

フリオ・セサール・バスケスJulio Cesar Vasquez1966年7月13日 - )は、アルゼンチンプロボクサーサンタフェ州サンタフェ出身。元WBA世界ジュニアミドル級王者。

来歴[編集]

1986年6月7日、アルゼンチンでプロデビュー。アルゼンチン国内を中心にプロデビューから30連勝を果たした。

1991年6月14日、プロ初黒星を喫した。

1992年12月21日、地元アルゼンチンのブエノスアイレスで空位のWBA世界ジュニアミドル級王座決定戦に出場し、上山仁日本の旗 日本新日本木村)と対戦し、1RKO勝ちで王座を獲得[1]。以後、ハビエル・カスティリェホロナルド・ライトらを相手に10度の防衛に成功した。

1995年3月4日、11度目の防衛戦でパーネル・ウィテカーと対戦し、大差(112-119、111-117、111-118)の判定負けを喫し王座から陥落した。

1995年12月16日、WBA世界ジュニアミドル級王者カール・ダニエルズと対戦し、11回TKO勝ちで王座に返り咲いた。リングマガジン ノックアウト・オブ・ザ・イヤー(年間KO賞)に選出された。

1996年8月21日、初防衛戦でローランド・ブーデュアニと対戦し、5回KO負けを喫し王座から陥落した。

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ボクシング・マガジン編集部 『日本プロボクシング史 世界タイトルマッチで見る50年』 ベースボール・マガジン社、2002年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

空位
前タイトル保持者
ビニー・バジェンサ
第27代WBA世界ジュニアミドル級王者

1992年12月21日 - 1995年3月4日

次王者
パーネル・ウィテカー
前王者
カール・ダニエルズ
第30代WBA世界ジュニアミドル級王者

1995年12月16日 - 1996年8月21日

次王者
ローランド・ブーデュアニ