バーノ・フィリップス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バーノ・フィリップス
基本情報
本名 Verno Jeremias Phillips
階級 スーパーウェルター級
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 1969年11月29日(45歳)
出身地 ベリーズの旗 ベリーズベリーズシティ
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 55
勝ち 42
KO勝ち 21
敗け 11
引き分け 1
無効試合 1
テンプレートを表示

バーノ・フィリップスVerno Phillips、男性、1969年11月29日 - )は、アメリカ合衆国プロボクサー。身長171cm。
第2代WBO世界スーパーウェルター級王者。第16代・第20代IBF世界スーパーウェルター級王者。

来歴[編集]

アマチュアボクシングで64戦52勝12敗という戦績を残した。

1988年1月23日、プロデビュー。

1993年10月30日WBO世界スーパーウェルター級王座決定戦でルペ・アキノと対戦し、7回TKO勝ちで王座を獲得した。

1995年5月17日ジャンフランコ・ロッシイタリア)と対戦し、0-3の判定負けを喫するも、試合後のドラッグテストでロッシに陽性反応が出たため、無効試合となり王座の移動はなかった。

1995年11月22日ポール・ジョーンズイングランド)と対戦し、0-2の判定負けで王座から陥落した。

1997年5月21日、ジャンフランコ・ロッシとWBU世界スーパーウェルター級王座決定戦で再戦し、2-0の判定勝ちで王座を獲得した。以後、2度の防衛に成功した。

2004年6月5日IBF世界スーパーウェルター級王座決定戦でカルロス・ボホルケス(メキシコ)と対戦し、6回終了時TKO勝ちで王座を獲得した。

2004年10月2日、初防衛戦でカシム・オウマウガンダ)と対戦し、0-3の判定負けで王座から陥落した。

2008年3月27日、IBF世界スーパーウェルター級王者コーリー・スピンクスアメリカ)に指名挑戦者として挑戦し、2-1の判定勝ちで王座を獲得した。

2008年11月29日、WBO世界スーパーウェルター級暫定王座決定戦でポール・ウィリアムス(アメリカ)と対戦し、8回TKO負けで王座獲得ならず。当初はIBFの初防衛戦になるはずであったが、コーリー・スピンクスとの再戦を拒否したとして王座を剥奪され、WBO暫定王座戦に変更になった。

獲得タイトル[編集]

  • 第2代WBO世界スーパーウェルター級王座(防衛3度)
  • 第16代IBF世界スーパーウェルター級王座(防衛0度)
  • 第20代IBF世界スーパーウェルター級王座(防衛0度)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

空位
前タイトル保持者
ジョン・D・ジャクソン
第2代WBO世界スーパーウェルター級王者

1993年10月30日 - 1995年11月22日

次王者
ポール・ジョーンズ
空位
前タイトル保持者
ロナルド・ライト
第16代IBF世界スーパーウェルター級王者

2004年4月21日 - 2004年10月2日

次王者
カシム・オウマ
前王者
コーリー・スピンクス
第20代IBF世界スーパーウェルター級王者

2008年3月27日 - 2008年(剥奪)

空位
次タイトル獲得者
コーリー・スピンクス