ドニー・ニエテス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドニー・ニエテス
Donnie Nietes.png
基本情報
本名 ドニー・ニエテス
通称 Ahas
Snake(蛇)
階級 ライトフライ級
身長 160cm
リーチ 167cm
国籍 フィリピンの旗 フィリピン
誕生日 1982年5月13日(31歳)
出身地 フィリピン, バコロド市
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 37
勝ち 32
KO勝ち 18
敗け 1
引き分け 4
テンプレートを表示

ドニー・ニエテスDonnie Nietes、男性、1982年5月13日 - )は、フィリピンプロボクサー
第10代WBO世界ミニマム級王者。第18代WBO世界ライトフライ級王者。世界2階級制覇王者。
フィリピンの名門ボクシングジムでもあるALAジム所属。

来歴[編集]

ニエテスはもともとはALAジムのアシスタントとして勤務するという異色の経歴を持ち、アシスタントの実績が認められて2003年4月25日にフィリピンでプロデビューを果たす。その後、2004年5月22日にはフィリピンPBFライトフライ級王座を獲得。ロシアをはじめ東欧圏を主戦場に全勝を重ね、2006年11月24日に空位のWBOアジア太平洋ミニマム級王座を獲得した。

同王座を2度防衛した後の2007年9月30日に、空位となっていたWBO世界ミニマム級王座決定戦でポンサワン・ポープラムックと対戦し、12回判定勝利し初の世界王座を獲得した。

2009年9月12日、メキシコナヤリット州テピクのエル・パレンケ・デ・ラ・フェリアで暫定王者マヌエル・バルガスと王座統一戦で対戦し、2-1の判定勝ちで王座を統一を果たすと共にWBO世界ミニマム級王座の3度目の防衛に成功した[1]

2010年8月14日、メキシコシナロア州グアサベにてWBO世界ミニマム級11位のマリオ・ロドリゲスと対戦し、3-0の判定勝ちで4度目の防衛に成功した[2]

2011年10月8日、WBO世界ライトフライ級王者ラモン・ガルシアと対戦し3-0の判定勝ちで王座を獲得し2階級制覇を果たした。

2012年6月2日、パサイリゾート・ワールド・マニラでフェリペ・サルゲロと対戦し、3-0の判定勝ちを収め、初防衛に成功した。

2013年3月2日、セブ市ウォーターフロント・セブシティ・ホテル&カジノにてWBO世界ミニマム級王者モイセス・フェンテスと対戦し、1-0の判定で引き分けとなり2度目の防衛に成功した[3]

WBOから同級暫定王者モイセス・フェンテスとの再戦(統一戦)が義務付けられたがその後フェンテスとの再戦を確約し先に選択試合を行うことを許可された。

2013年11月30日、ケソンアラネタ・コロシアムにて同級14位で元WBA世界ミニマム級暫定王者サミー・グティエレスと対戦し初回に2度ダウンを奪ってペースを握ると、3回にダウンを追加するとカウントアウトで試合終了。3回2分58秒KO勝ちで3度目の防衛に成功した[4]

2014年5月10日、パサイSMモール・オブ・アジア内にあるモール・オブ・アジア・アリーナでWBO世界ライトフライ級暫定王者モイセス・フェンテスと王座統一戦を行い、WBO世界ライトフライ級王座の統一(記録上は4度目の防衛)を目指す。

獲得タイトル[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ニエテスWBO統一 モンティエル無冠戦でTKO敗 ボクシングニュース「Box-on!」 2009年9月13日
  2. ^ 強いフィリピン! ニエテス敵地防衛V4 ボクシングニュース「Box-on!」 2010年8月15日
  3. ^ ニエテス×フエンテス、ドローに終わる ボクシングニュース「Box-on!」2013年3月3日
  4. ^ サビージョ、ブイトラゴと分ける ニエテスはKO勝ち Boxing News(ボクシングニュース) 2013年12月1日
  5. ^ Games and Amusements Board略称GAB王座ではなくPhilippines Boxing Federation(PBF)王座である。

外部リンク[編集]

空位
前タイトル保持者
イヴァン・カルデロン
第10代WBO世界ミニマム級王者

2007年9月30日 - 2011年3月(返上)

空位
次タイトル獲得者
ラウル・ガルシア
前王者
ラモン・ガルシア
第18代WBO世界ライトフライ級王者

2011年10月8日 - 現在

次王者
N/A