テピク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
テピク
Tepic
メキシコの旗
街の広場と大聖堂
街の広場と大聖堂
位置
テピクの位置の位置図
テピクの位置
座標 : 北緯21度29分37秒 西経104度53分34秒 / 北緯21.49361度 西経104.89278度 / 21.49361; -104.89278
歴史
建設 1532年
行政
メキシコの旗 メキシコ
  ナヤリット州
 基礎自治体 テピク
 市 テピク
地理
面積  
  市域 1983.3 km2
標高 930 m
人口
人口 (2005年現在)
  市域 419,296人
その他
等時帯 山岳部標準時 (UTC-7)
夏時間 山岳部夏時間 (UTC-6)
郵便番号 63000 - 63199
市外局番 311
公式ウェブサイト : http://www.tepic.gob.mx/

テピク (Tepic) はメキシコの都市。ナヤリット州州都テピックとも表記される。人口は約30万人(2005年)。

概要[編集]

サンガングエイ火山の山麓、テピク川沿いに位置している。太平洋岸に近く、約30 km西に海岸線が広がる。

16世紀半ばにコンキスタドレス(スペインの征服者)によって建てられた街だが、本格的に発展が進んだのは、20世紀初頭に鉄道が開通してからである。周辺には先住民(インディオ)が居住している。

主な出身者[編集]

アマト・ネルボ
近代メキシコの詩人、外交官としても活躍。
ルイス・ミラモンテス
経口避妊薬の開発に尽力、パグウォッシュ会議のメンバーでもある。