ラウル・ガルシア (ボクサー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラウル・ガルシア
基本情報
本名 ラウル・ガルシア・イラレス
通称 Rayito
階級 ライトフライ級
身長 163cm
リーチ 163cm
国籍 メキシコの旗 メキシコ
誕生日 1982年9月10日(32歳)
出身地 バハ・カリフォルニア・スル州ラパス
スタイル サウスポー
プロボクシング戦績
総試合数 40
勝ち 36
KO勝ち 22
敗け 3
引き分け 1
テンプレートを表示

ラウル・ガルシアRaul Garcia、男性、1982年9月10日 - )は、メキシコプロボクサー。第22代IBF世界ミニマム級王者。第11代WBO世界ミニマム級王者。

双子の兄弟ラモン・ガルシアもプロボクサーで、第17代WBO世界ライトフライ級王者[1]

来歴[編集]

2004年7月2日、バハ・カリフォルニア・スル州ラパスでデビュー戦を行い、初回KO勝ちを収めデビュー戦を勝利で飾った。

2004年12月18日、バハ・カリフォルニア・スル州ラパスホセ・エスピノーザと対戦し、プロ初の判定勝ちとなるポイント判定勝ちを収め、デビュー戦からの連続KO勝ちは4でストップした。

2006年6月2日、バハ・カリフォルニア・スル州ラパスでメキシコミニマム級王者のサミー・グティエレスと対戦し、プロ初の引き分けで王座獲得に失敗した。

2007年3月16日、バハ・カリフォルニア・スル州ラパスでムンドヒスパノインターナショナルミニマム級王座を懸けヘスス・イリベと対戦し、8回TKO勝ちを収め王座区と区に成功した。

2007年6月15日、バハ・カリフォルニア・スル州ラパスでメキシコミニマム級王者のサミー・グティエレスと対戦し、2-1(116-115、115-114、112-117)の判定勝ちを収め1年ぶりの再戦を制し王座獲得に成功した。

2007年10月19日、バハ・カリフォルニア・スル州ラパスでオスカル・サトゥルニノと対戦し、3-0(118-113、116-113、116-113)の判定勝ちを収めメキシコミニマム級王座の初防衛に成功した。

2008年2月29日、バハ・カリフォルニア・スル州ラパスIBF世界ミニマム級挑戦者決定戦でロナルド・バレラコロンビアの旗 コロンビア)と対戦し、3-0の判定勝ちを収め指名挑戦権を獲得した。

2008年6月14日、バハ・カリフォルニア・スル州ラパスIBF世界ミニマム級王者フローレンテ・コンデスフィリピンの旗 フィリピン)に挑戦し、2-1の判定勝ちで無敗(24戦23勝1分)のまま世界王座を獲得した。

2008年9月13日、バハ・カリフォルニア・スル州ラパスホセ・ルイス・バレラベネズエラの旗 ベネズエラ)と対戦し、3-0(118-110、118-110、118-110)の判定勝ちを収め初防衛に成功した。

2008年12月13日、バハ・カリフォルニア・スル州ロレトホセ・ルイス・バレラと再戦し、3-0(120-107、120-107、119-108)の判定勝ちを収め2度目の防衛に成功した。

2009年4月11日、バハ・カリフォルニア・スル州ラパスホセ・ルイス・バレラと対戦し、6回2分26秒TKO勝ちを収め3度目の防衛に成功した。

2009年8月22日、バハ・カリフォルニア・スル州ロス・カボスサミー・グティエレスメキシコの旗 メキシコ)と対戦し、2-0(116-112、117-115、114-114)の判定勝ちを収め4度目の防衛に成功した[2]

2010年3月26日、南アフリカ共和国東ケープ州]イースト・ロンドンヌコシナチ・ジョイ南アフリカ共和国の旗 南アフリカ共和国)と対戦し、プロ初黒星となる0-3(110-118、109-119、109-119)の判定負けを喫しIBF世界ミニマム級王座の5度目の防衛に失敗、王座から陥落した。

2010年9月4日、バハ・カリフォルニア・スル州シウダーコンスティトゥシオンサムエル・ガルシアと対戦し、7回TKO勝ちを収め再起に成功した。

2010年10月30日、コロンビアカルタヘナのセントロ・デ・コンベンシオネスでルイス・デ・ラ・ロサWBO世界ミニマム級暫定王座決定戦を行い、2回に1度ダウンを奪われたものの2-1(14-113、112-115、114-113)の判定勝ちを収めIBFに続きミニマム級2冠を達成した。

2011年3月、ドニー・ニエテスの王座返上に伴い空位となった正規王座に認定された。

2011年4月30日、メキシコシティのフォロ・ポランコでロンメル・アセンホ(フィリピン)と対戦し、3回2分52秒TKO勝ちを収め初防衛に成功した。

2011年8月27日、ハリスコ州グアダラハラのアウディトリオ・ベニート・フアレスでモイセス・フェンテスと対戦し、7回にダウンを奪われるも9回にダウンを奪い返すダウンの応酬となり勝敗が混沌としたが、10回以降フェンテスの攻勢を許したのが響き、1-2(112-114、114-112、112-114)の判定負けを喫し2度目の防衛に失敗、王座から陥落した[3]

2011年12月2日、バハ・カリフォルニア・スル州ラパスでエリック・ラミレスと対戦し、6回TKO勝ちを収め再起に成功した。

2012年3月3日、バハ・カリフォルニア州ティフアナのアウディトリオ・ムニシパルでミッチェル・ランデロ(フィリピン)と対戦し、3回1分49秒TKO勝ちを収めた。

2012年12月22日、ミチョアカン州モレリアのアウディトリオ・デル・ビセンテナリオでサミー・グティエレスと対戦し、3回1分25秒TKO勝ちを収めた。

2013年3月30日、シナロア州グアサベにあるエスタディオ・フランシスコ・カランサ・リモンペドロ・ゲバラWBC世界ライトフライ級シルバー王座決定戦を行い、1-2(114-113、113-114、113-115)の判定負けを喫し王座獲得に失敗した。

2014年3月15日、バハ・カリフォルニア・スル州ロス・カボスでアルカディオ・サラサールと対戦し、初回KO勝ちを収め再起に成功した。

2014年10月18日、IBFは最新ランキングを発表し、ガルシアはIBF世界ライトフライ級10位にランクインした[4]

2014年12月13日、バハ・カリフォルニア・スル州ロス・カボスアンドレス・ガルシアと対戦し、3-0の判定勝ちを収めた。

2014年12月15日、WBOは最新ランキングを発表し、ガルシアはWBO世界ライトフライ級3位にランクインした[5]

獲得タイトル[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ García: Iré con todo sobre Joyi Notifight.com 2010年3月3日閲覧 (スペイン語)
  2. ^ グティエレス暫定王者に(WBC・S・フェザー級) IBFガルシア僅差防衛 ボクシングニュース「Box-on!」 2009年8月24日
  3. ^ ダウン応酬、フエンテスがガルシア攻略 ボクシングニュース「Box-on!」 2011年8月29日
  4. ^ IBF Ratings IBF公式サイト 2014年10月18日
  5. ^ WBO RANKING DEC. 2014 WBO公式サイト 2014年12月15日

外部リンク[編集]

前王者
フローレンテ・コンデス
第22代IBF世界ミニマム級王者

2008年6月14日 - 2010年3月26日

次王者
ヌコシナチ・ジョイ
暫定王座決定戦 対戦者
ルイス・デ・ラ・ロサ
WBO世界ミニマム級暫定王者

2010年10月30日 - 2011年3月

次暫定王者
正規認定により消滅
空位
前タイトル保持者
ドニー・ニエテス
第11代WBO世界ミニマム級王者

2011年3月 - 2011年8月27日

次王者
モイセス・フェンテス