ボクシング・ビート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ボクシング・ビート
BOXING BEAT
愛称・略称 ボクビー
ジャンル スポーツ雑誌
刊行頻度 月刊
発売国 日本の旗 日本
言語 日本語
定価 920円前後(デジタル版は2割引)
出版社 株式会社フィットネススポーツ
編集部名 制作:株式会社MACC出版
発行人 手塚栄司
編集長 島篤史
編集 前田衷
春原俊樹
福島知好
雑誌名コード 149
刊行期間 ワールド・ボクシング』/『ボクシング・ワールド』(前身)
1982年4月(2006年10月移管) - 2009年5月(6月号)
ボクシング・ビート
2009年7月(8月号) -
ウェブサイト IRONMAN JAPAN

ボクシング・ビート』(BOXING BEAT) は、株式会社MACC出版が制作し、株式会社フィットネススポーツが発行する月刊のボクシング専門誌である。毎月15日発売。

歴史[編集]

この雑誌の源流は日本スポーツ出版社から発売されていた1968年1月創刊のボクシング・プロレス専門誌『ゴング』である。1982年4月に『ゴング』からボクシング部門が独立し、前田衷により『ワールド・ボクシング』として創刊された[1]。初代編集長は『週刊ゴング』『ゴング格闘技』の初代編集長でもあり[2]、後に日本スポーツ出版社専務取締役も務めた舟木昭太郎[3]。『ワールド・ボクシング』は『ボクシング・マガジン』と並ぶメジャーな専門誌として長く支持されたが、2006年9月発売の10月号を最後に休刊となった。

その後、前田が買い取るかたちで[3]2006年10月発売の11月号より、MACC出版の編集部はそのままに発売元をKKベストセラーズに移し、『競馬最強の法則』増刊扱いで『ボクシング・ワールド』としてリニューアルされた。記事に写真をふんだんに使用し、プロのみならずアマチュアも多く取り上げた。また、元世界王者飯田覚士と現役ボクサーの対談や、浜田剛史(元ベストセラーズ社員)、ジョー小泉リック吉村らの連載もあった。しかし、これも2009年5月発売の6月号を最後に休刊となり、MACC出版は編集部を維持してオフィシャルサイトから情報発信を続けた。

2009年7月発売の8月号からは発売元をフィットネススポーツに移し、『アイアンマン』増刊扱いで新たな専門誌 『ボクシング・ビート』として刊行されている[4]。舟木が「日本のナット・フライシャー(『リング』誌創刊者)」とも呼ぶ前田衷は[3]、過去には『ボクシング・マガジン』の初代編集長を務め、『ボクシング・ワールド』『ボクシング・ビート』の編集長を歴任した[1]。舟木によれば豊かな知識と情熱をもって質を高め、販売部数を大幅に伸ばし、また佐瀬稔に最も信頼されたボクシング編集者であったといい[3]、2010年には編集長を島篤史に交代したが[5]、現在も『ボクシング・ビート』の編集に携わっている。『ボクシング・ビート』は2011年3月号からデジタル版をスタートさせ、バックナンバーから最新号までオンライン購入できるようになっている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 著者別一覧 著者=前田衷”. Number Web. 2012年5月27日閲覧。
  2. ^ 株式会社アッパー 会社概要”. 株式会社アッパー (2008年). 2012年5月27日閲覧。
  3. ^ a b c d 舟木昭太郎 (2009年5月24日). “「ボクシング・ワールド」の休刊 尊敬する前田衷編集長のこと…”. 舟木昭太郎の日々つれづれ(アメーバブログで舟木昭太郎が配信する不定期コラム). 2012年5月27日閲覧。
  4. ^ 新ボクシング専門誌誕生! BOXING BEAT ボクシングニュース「Box-on!」 2009年7月10日閲覧
    【新ボクシング雑誌】『BOXING BEAT』7月15日発売!!/旧「ワールド」編集部による新雑誌 Fight&Life Web(株式会社フィットネススポーツ) 2009年7月9日閲覧
  5. ^ 舟木昭太郎 (2010年1月24日). “表参道の「ねぶた」イベントに一言/「格闘技通信」発行中止の報に残念”. 舟木昭太郎の日々つれづれ. 2012年5月27日閲覧。

外部リンク[編集]