サンドロ・マジンギ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

サンドロ・マジンギSandro Mazzinghi1938年10月3日 - )は、イタリア出身の元プロボクサー。本名はアレッサンドロ・マジンギ。元WBAWBC世界ジュニアミドル級(現スーパーウェルター級)チャンピオン。

来歴[編集]

ポンテデーラ生まれ。1961年プロデビュー。アグレッシブなファイター・タイプで、1963年9月7日ラルフ・デュパスを9回KOに破ってWBA・WBC世界ジュニアミドル級王座獲得。同年12月2日にデュパスを返り討ちにした試合を含め、王座を3度防衛。1965年6月18日、同国人で後のWBA・WBC世界ミドル級王者ニノ・ベンベヌチに6回KOされ、タイトルを失う。

再戦でもベンベヌチに敗れたが、1968年5月26日、ベンベヌチから王座を奪った韓国初の世界王者、金基洙を判定で破り王座に返り咲いた。

1968年10月、ローマでの初防衛戦でフレディ・リトルと対戦したが、劣勢にあった8回、レフェリーが突如無効試合を宣した。この行為が“地元判定”と判断され、王座を剥奪された。

戦績[編集]

64勝(42KO)3敗2NC

関連項目[編集]

外部リンク[編集]