ヌコシナチ・ジョイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヌコシナチ・ジョイ
基本情報
本名 ヌコシナチ・ジョイ
通称 Mabere
Baby Bear
階級 ライトフライ級
身長 168cm
リーチ 172cm
国籍 南アフリカ共和国の旗 南アフリカ共和国
誕生日 1983年1月1日(31歳)
出身地 東ケープ州ムダントセーン
スタイル サウスポー
プロボクシング戦績
総試合数 28
勝ち 24
KO勝ち 17
敗け 3
引き分け 0
無効試合 1
テンプレートを表示

ヌコシナチ・ジョイNkosinathi Joyi1983年1月1日 - )は、南アフリカ共和国プロボクサー。第17代IBF世界ミニマム級王者。元IBO世界ミニマム級王者。東ケープ州ムダントセーン出身。攻防術の高さに定評があり、技巧派ながらファイタースタイルにスイッチできる利便性を兼ね備えている。

ファイトスタイルと特徴[編集]

ジョイはミニマム級屈指の技巧派ではあるものの強打者にもスイッチできるのが最大の利点。 スタミナは無蓄蔵でスピードもありタフで、ディフェンス技術と攻撃技術がしっかりしていて攻防術の完成度の高さはミニマム級の世界でも一番の評価がある。右ジャブや右フックを多く多用するスタイルでポイントを多くとっていくのはもちろん、打ち合うファイタースタイルにスイッチできるのも最大の利点になっており、ミニマム級屈指のコンプリートファイターで右フックのボディショットとカウンターを武器にしている。ミニマム級では選手層が薄いため一時期ミニマム級最強と評価されたことがある。 南アフリカをホームで戦っているため欠点は試合枯れ。その影響は2010年2011年でたった1試合しか戦っていない。2012年になってからはアクティブさを取り戻し3試合戦っている。

来歴[編集]

2002年4月28日、南アフリカ共和国・クイーンズタウンにてプロデビュー。

2004年4月24日、空位の南アフリカミニマム級王座をミジカイセー・フォスララと対戦し1回1分32秒KO勝ちで王座を獲得した。

2004年7月16日、クシュセレキレ・ガダと対戦し初回1分59秒スリーダウンルール適用のストップによるTKO勝ちで初防衛に成功した。

2004年8月28日、ウェレ・マクォロと対戦し6回と11回にダウンを奪い、12回にはダウンを更に2度追加してレフェリーストップ寸前まで追い詰め12回3-0の判定勝ちで2度目の防衛に成功した。

2005年3月5日、マワンダ・シネコと対戦し12回3-0の判定勝ちで3度目の防衛に成功した。

2005年10月29日、マワンダ・シネコと再戦し5回と6回にダウンを2度の合わせて4度倒し6回KO勝ちで4度目の防衛に成功した。

2006年4月1日、テュラニ・ンドヤマラと対戦し初回2分58秒TKO勝ちで5度目の防衛に成功した。

2006年9月22日、テョバニ・ムバンゲニと対戦し2回1分39秒TKO勝ちで6度目の防衛に成功した。

[2006年11月4日、空位のIBO世界ミニマム級王座決定戦でアルマン・デラクルス(フィリピン)と対戦し、2RKO勝ち。

2007年11月16日、IBO防衛戦でブンブン東栄(ガブリエル・プマール)(フィリピン)と対戦し初回2分31秒KO勝ちで初防衛に成功した。

2008年6月27日、IBO防衛戦で後のWBA世界ミニマム級暫定王者サミー・グティエレス(メキシコ)と対戦し5回にダウンを奪われたが、ダウンを奪い返し7回TKO勝ちで2度目の防衛に成功した。

2008年11月22日、IBO防衛戦でロレンソ・トレホ(メキシコ)と対戦し2回48秒KO勝ちで3度目の防衛に成功した。

2009年6月26日、IBF世界ミニマム級挑戦者決定戦で前王者フローレンテ・コンデス(フィリピン)と対戦し、3-0 (120-107, 120-107, 119-108) の判定勝ちで勝利した。

2010年3月26日、世界初挑戦でラウル・ガルシア(メキシコ)と対戦し、3-0 (119-109, 119-109, 118-110) の判定勝ちで勝利しIBF世界ミニマム級王座を獲得した。

2011年1月29日、IBF世界ミニマム級タイトルマッチで高山勝成(日本)と対戦。3ラウンドに偶然のバッティングによって高山が右側頭部をカットしたため無効試合となった[1]

2012年3月30日、高山勝成と再戦し、3-0の判定勝ちで王座を防衛した。

同年9月1日、自身初の海外での防衛戦でメキシコ初登場。シナロア州グアサベのギムナシオ・ムニシパル・ルイス・エストラーダ・メディナにてIBF同級8位で竜の子の異名を持つマリオ・ロドリゲスと対戦したが序盤は持ち前の攻防術の高さで一気にジョイがペースを握った。しかし中盤からはロドリゲスの粘り強い攻撃と得意の打ち合いに持って行かれペースを失って墓穴を掘る展開になった。7回打ち合いでを消耗したジョイがロドリゲスにボディショットによるダウンを奪われそのままカウントアウト。大逆転負けとなる7回2分7秒KO負けで自身初黒星を喫し、王座から陥落した。ロドリゲスは世界2度目の挑戦で、王座獲得に成功した[2]。ジョイのダウンは4年前のグティエレス戦以来だった。敗因には気候が冬だった南アフリカから暑いメキシコに移ったため、打ち合いで体力が消耗し適切な呼吸ができなかったことが挙げられた。

同年12月8日、イースト・ロンドンにあるムダントシンコンベンションセンターにて、ウォルター・ロハス(アルゼンチン)とWBAインターナショナルミニマム級王座決定戦を行った。ロハスは83%のKO率を誇る強打者でここ最近はフライ級で戦うことが多かった。急激な減量に苦しんだロハスを初回ボディショット一発でダウンを奪い、レフェリーがカウントを途中でストップをコールしTKO勝ちを収め王座獲得と同時に再起に成功。マリオ・ロドリゲスに南アフリカでの開催を条件にリマッチのオファーを出したがロドリゲスはすぐに拒否。WBAの王座奪取を目標に切り替えた。

2013年6月15日、ヨハネスブルグのエンペラーズ・パレスにて同国人でIBO世界ミニマム級王者で後のWBA世界ミニマム級暫定王者ヘッキー・ブドラーと対戦し、4年振りの王座返り咲きを目指すも相手の距離を取ったボクシングに苦戦しポイントを連取される。ジョイはジャブを有効に使ってポイントを取り返すも2-1の僅差判定負け(113-115、113-116、116-112)で王座返り咲きに失敗し、4団体でランキング上位の同国人同士のミニマム級ランカー同士のサバイバルに失敗した。

試合後減量苦を理由にライトフライ級に転向。

2013年8月31日、ヨハネスブルグのエンペラーズ・パレスにてベネザー・アロロド(フィリピン)が持つ、WBCインターナショナルライトフライ級王座に挑戦した。ジョイはこの試合でライトフライ級のテスト戦であり、序盤から試合枯れでのブランクの影響で起きた減量苦から解放されたかのように攻防術のスキルの高さを生かしてペースを掌握。最後は左フックで沈め、9回2分48秒KO勝ちでWBCインターナショナルライトフライ級王座獲得に成功した。

2014年2月1日、モナコモンテカルロのサル・デ・エトワールにてゲンナジー・ゴロフキンの前座でPABAライトフライ級暫定王者でWBA世界同級15位のレイ・ロリトとIBO世界ライトフライ級王座決定戦を行ったが、序盤から積極的に攻めるロリトに対して攻め手を欠いて劣勢に追い込まれた。2回終了間際にはあわやストップ寸前まで追い詰められ、3回に左フックでダウンを奪われ失神。レフェリーはカウントを途中で止め3回49秒KO負けでIBO2階級制覇に失敗と同時にサバイバルに失敗した。一方ロリトは前回のポンサワン・ポープラムックに続く勝利で元世界王者を連破。モンテカルロの試合で最大のアップセットになった。

2014年12月13日、イースト・ロンドンでIBO世界ライトフライ級王者レイ・ロリト取りマッチを行う予定で10ヶ月ぶりの再戦で王座獲得を目指す。

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 高山無念 3回NCでIBF王座獲れず ボクシングニュース「Box-on!」 2011年1月30日
  2. ^ ジョイ、逆転KO負け IBFミニフライ級 ボクシングニュース「Box-on!」 2012年9月2日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
ラウル・ガルシア
第17代IBF世界ミニマム級王者

2010年3月26日 - 2012年9月1日

次王者
マリオ・ロドリゲス