カビブ・アーラフベルディエフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カビブ・アーラフベルディエフ
基本情報
本名 カビブ・アーラフベルディエフ
通称 The Hawk(鷲)
階級 スーパーライト級
身長 173cm
リーチ 173cm
国籍 ロシアの旗 ロシア
誕生日 1982年12月8日(31歳)
出身地 ダゲスタン共和国カスピースク
スタイル サウスポー
プロボクシング戦績
総試合数 20
勝ち 19
KO勝ち 9
敗け 1
テンプレートを表示

カビブ・アーラフベルディエフKhabib Allakhverdiev1982年12月8日 - )は、ダゲスタン共和国カスピースク出身のロシアプロボクサー。元WBA/IBO世界スーパーライト級王者。ロシアアメリカを拠点にプロ活動をしている。ボブ・アラムのトップランク所属。マネージャーは多くのロシアのボクサーをアメリカ進出とともに契約を持っているエグリス・クリマス。

来歴[編集]

アマチュア時代[編集]

2005年中華人民共和国綿陽市で行われた2005年世界ボクシング選手権大会にてライト級銅メダルを獲得した[1]

プロ時代[編集]

2007年3月10日、プロデビュー。

2010年5月23日、カレン・テロスヤンとABCOスーパーライト級王座決定戦を行い、3-0の判定勝ちを収め王座を獲得した。この試合を機に拠点を主な拠点だったアメリカからロシアに移る。

2012年2月8日、イグナシオ・メンドーサとWBAフェデラテンスーパーライト級王座決定戦を行い、6回にダウンを奪うと7回レフェリーストップを呼び込みTKO勝ち。

2012年6月20日、モスクワにあるCSKAにてカイザー・マブザ(南アフリカ)が持つ、IBO世界スーパーライト級王座を賭け対戦し、初回と4回にダウンを奪い、4回KO勝ちを収め王座獲得に成功した。

2012年11月30日、BB&Tセンターで自らの持つIBO世界スーパーライト級王座と空位のWBA世界スーパーライト級王座を懸け、WBA世界スーパーライト級1位のホアン・グズマン(ドミニカ共和国)と対戦。グズマンが8回にスリップダウンの際に左足を負傷し、リングドクターがグズマンの試合続行不可能と判断し、2-1(76-75、75-76、76-75) の8回負傷判定勝ちを収め、IBO王座の初防衛に成功すると共にWBA王座の獲得に成功した[2]

2013年7月13日、モンテカルロにあるサル・デ・エトワールで元WBA世界同級王者で元WBA世界ウェルター級暫定王者ソレイマヌ・ムバイエフランス)と対戦し、11回2分27秒TKO勝ちによりWBA世界スーパーライト級王座は初、IBO世界スーパーライト級王座は2度目の防衛に成功した[3]

2014年4月12日、MGMグランドティモシー・ブラッドリーVSマニー・パッキャオ第2戦目の前座で登場。WBA世界スーパーライト級11位で23戦全勝のジェシー・バルガスと対戦したが、12回0-3(111-117、2者が113-115)の判定負けでキャリア初黒星が付き王座防衛に失敗した[4]

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 13.World Championships Mianyang, China November 13-20, 2005”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2014年1月5日閲覧。
  2. ^ アラフベルディエフ、グスマンに負傷判定勝ち ボクシングニュース「Box-on!」2012年12月1日閲覧
  3. ^ アラフベルディエフ、ムバイをストップ ボクシングニュース「Box-on!」2013年7月15日閲覧
  4. ^ ジェシー・バルガスが新王者に、WBA・S・ライト級 Boxing News(ボクシングニュース) 2014年4月13日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

空位
前タイトル保持者
マルコス・マイダナ
第48代WBA世界スーパーライト級王者

2012年11月30日 - 2014年4月12日

次王者
ジェシー・バルガス