熱海市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
あたみし
熱海市
Atami view from ocean.jpg
係留されたヨットとホテル群
Flag of Atami, Shizuoka.svg
静岡県熱海市市章.svg
熱海市旗 熱海市章
日本の旗 日本
地方 中部地方東海地方
都道府県 静岡県
団体コード 22205-4
面積 61.61km²
総人口 37,791
推計人口、2014年8月1日)
人口密度 613人/km²
隣接自治体 伊東市伊豆の国市田方郡函南町
神奈川県足柄下郡湯河原町
市の木 アタミザクラ
市の花 ウメ
市の鳥:
市の色
カモメ
スカイブルー
熱海市役所
市長 齊藤栄
所在地 413-8550
静岡県熱海市中央町1番1号
北緯35度5分45.5秒東経139度4分17.6秒
熱海市役所
外部リンク 熱海市

熱海市位置図

― 政令指定都市 / ― 市 / ― 町

 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

熱海市(あたみし)は、静岡県。静岡県の最東部に位置し、神奈川県と接する。

地理[編集]

熱海市中心部の空中写真。平地はほとんどなく、市街地や住宅地は傾斜地に形成されている。
1976年撮影の3枚を合成作成。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成。

伊豆半島の東側付け根に位置し、相模灘に面する。市域内はほとんどが丘陵であり、別荘地や住宅なども高台の上に立つ所が多く、道路も勾配の急な坂が多い。海岸線もすぐに丘となる所がほとんどだが、中心部は埋め立てで砂浜海岸などが形成されている。

同じ相模灘に面する伊東市湯河原町方面とは海岸に沿って地理的連続性を有するが、沼津市函南町方面とは駿河湾水系との分水嶺となる急峻な丹那山地によって隔てられている。

なお、相模灘にある初島も市域内となっている。

歴史[編集]

古くからの湯治の地であり、地名は「阿多美」であったが、海から熱い湯が湧き出ていたことから「熱海」とされた。1604年には徳川家康も来湯している。

鉄道省熱海線(現在のJR東海道本線)開通以降、首都圏からの保養客が押し寄せ一大保養地になった。かつては新婚旅行や職場旅行の定番(行き先)であり市の中心地東海岸町などには大型ホテル・旅館が数多ひしめいていた。

1990年代以降社員旅行の衰退と大型宿泊施設を敬遠するムードから斜陽化し転業も多い。一方で、2000年代に入り温泉を引いたリゾートマンションが増加している。

2006年、熱海市長は財政危機宣言を発している。ただ、財政力指数が1を上回る地方交付税自体不交付でもあるため富裕団体ともいえ、一連の発表は各方面に影響を与えた。理由として基金の取り崩しによる黒字であり、基金が底をつく可能性が高いためである。プライマリーバランスでは事実上赤字財政である。

しかし近年の原油高騰に伴って自動車の利用が控えられる傾向にある中で、都心の近くにあり、鉄道交通の便のよさから離れた客足が戻ってくる傾向にある(逆に自動車利用者を意識した観光地では観光客が減少しているという)。

奥座敷としての熱海[編集]

熱海が一大保養地として発展を遂げたのは熱海線の開通後であるが、保養地としての歴史は豆相人車鉄道開通前にまで遡り、明治初期ごろには既に政財界の要人が保養や会談のため多く訪れていた[1][2]。さらに、温泉と風光に恵まれ、冬暖かく、夏涼しい熱海は、明治の頃、前述のように、多くの政治家や政府高官が保養や会談のため来遊したので、東京との連絡が非常に多く、そのため東京~熱海間に電話回線が敷かれ明治時代に開通し、「市外通話発祥の地」[3]としても有名である。

現在はかつてほどの盛況は見受けられないものの、東京方面からの保養地・日帰り温泉地として相応の賑わいを保っており、いわゆる奥座敷とされている。 また、主要駅の熱海駅は静岡県内の東海道本線の駅では唯一、JR東日本の管轄となっており、熱海駅発の東海道本線のほとんどの列車が東京駅まで乗り入れている。 このような事情から、静岡県内であっても中部地方ではなく関東地方の一部として扱われることがある。 また、神奈川県西部地域及び熱海市、計11市町の行政と観光関連事業者・団体が連携して滞在型の観光地づくりを目指す「箱根・湯河原・熱海・あしがら観光圏」[4]が、2010年4月28日、観光圏整備法により国に認定された。

産業[編集]

観光を中心とした産業が主軸で、平成17年度の国勢調査では次のような結果が出ている。

  • 第1次産業に従事する者 : 1.7%
  • 第2次産業に従事する者 : 12%
    そのうち67%が建設業に従事
  • 第3次産業に従事する者 : 85%
    そのうち30%が飲食店や宿泊業に従事

人口[編集]

熱海市は全国平均と比べて少子高齢化が進んでいる。人口は減少傾向である。

Demography22205.svg
熱海市と全国の年齢別人口分布(2005年) 熱海市の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 熱海市
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
熱海市(に該当する地域)の人口の推移
1970年 51,281人
1975年 51,437人
1980年 50,082人
1985年 49,374人
1990年 47,291人
1995年 45,610人
2000年 42,936人
2005年 41,202人
2010年 39,592人
総務省統計局 国勢調査より

行政[編集]

市長[編集]

  • 市長:齊藤栄(2006年9月就任。2期目)

歴代市長[編集]

  • 樋口修次(1937年7月25日 - 1943年3月31日)
  • 水谷良雄(1943年5月6日 - 1945年9月25日)
  • 鶴見憲(1945年10月4日 -1947年4月1日)
  • 岸衛(1947年4月6日 - 1948年7月12日)
  • 宗秋月(1948年9月8日 - 1952年2月28日)
  • 山形文雄(1952年4月6日 - 1956年4月16日)
  • 小松勇次(1956年4月17日 - 1962年7月29日)
  • 市川止(1962年9月14日 - 1970年9月13日)
  • 川口美雄(1970年9月14日 - 1982年9月13日)
  • 内田滋(1982年9月14日 -1994年9月13日)
  • 川口市雄(1994年9月14日 - 2006年)
  • 齊藤栄(2006年9月 - 2期目)

別荘等所有税[編集]

  • 古くからの観光地であり、全国でも珍しく別荘税を徴収している。

姉妹都市(親善都市)[編集]

教育[編集]

専門学校[編集]

高等学校[編集]

中学校[編集]

  • 熱海市立熱海中学校
  • 熱海市立小嵐中学校(2013年熱海中学校と統合)
  • 熱海市立多賀中学校
  • 熱海市立泉中学校
  • 熱海市立初島中学校

小学校[編集]

  • 熱海市立伊豆山小学校
  • 熱海市立桃山小学校
  • 熱海市立第一小学校
  • 熱海市立第二小学校
  • 熱海市立多賀小学校
  • 熱海市立網代小学校
  • 熱海市立泉小学校
  • 熱海市立初島小学校

幼稚園[編集]

  • 熱海市立網代幼稚園
  • 熱海市立伊豆山幼稚園
  • 熱海市立泉幼稚園
  • 熱海市立上多賀幼稚園
  • 熱海市立多賀幼稚園
  • 熱海市立緑ガ丘幼稚園

交通[編集]

鉄道[編集]

中心駅である熱海駅

東海旅客鉄道(JR東海)

東日本旅客鉄道(JR東日本)

現在、JR東日本の東海道本線は熱海の先の来宮信号場までで、この先の丹那トンネルよりJR東海の管内となる。信号場では客扱い、乗務員の交代が出来ないため、どちらも熱海駅で行われる。これにより熱海駅を境に横浜東京方面と沼津静岡方面の在来線運行の起点となっており、熱海駅発着の列車は多い。また伊豆急行線の普通列車も熱海駅まで乗り入れており、同様に下田方面への起点ともなっている。

過去には東海道本線(当時の熱海線:国府津 - 熱海)が開業する前に、人車軌道軽便鉄道として豆相人車鉄道→熱海鉄道1895年 - 1923年の間存在した。また日本遊覧飛行鉄道という伊東市までを結ぶモノレールの敷設計画も戦前に存在し、戦後も熱海モノレールが計画され、当時の運輸省から免許が出されたが諸般の事情で工事ができず、結局幻のモノレールとなった。

バス[編集]

道路[編集]

航路[編集]

経済・交流[編集]

神奈川や東京の影響が大きく、いつの国勢調査においても、静岡県で唯一、関東大都市圏に含まれている[5]。 また、就業地別では、湯河原町小田原市といった神奈川県西部方面への流動が、丹那トンネル以西の県東地区への流動を上回っているとともに、東京都区部・横浜市への流動が静岡市への流動を圧倒的に上回っている[6]

市町村合併[編集]

現在のところ、どの隣接市町村とも合併は実施されていないが、平成の大合併の際には、市民アンケートの結果[7]を受けて、交流の深い湯河原町との県を越えた合併を検討した経緯があり、新聞などで報道され注目を浴びた。

未来都市計画フラックスタウン・熱海[編集]

東芝エレベータは、2020年をめどに新しい交通システム〝シェアリングビークル〟を生かした「フラックスタウン・熱海」という未来都市計画を立案している。 [1][2]

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

海水浴客でにぎわうサンビーチ
上多賀の長浜海水浴場

神社[編集]

博物館[編集]

その他の建築物[編集]

公園・海水浴場[編集]

温泉[編集]

祭事[編集]

  • こがし祭り - 来宮神社の例大祭。例年7月(14)・15・16日に行われる。

イベント[編集]

その他[編集]

マスメディア[編集]

熱海市を舞台とする作品[編集]

熱海サンビーチにある『金色夜叉』の貫一とお宮の銅像

文学[編集]

映画[編集]

テレビアニメーション[編集]

テレビドラマ[編集]

近年ではテレビドラマに限らず、バラエティ番組等でも熱海を紹介する番組が増加傾向にある。

楽曲[編集]

DVD[編集]

ゲームソフト[編集]

熱海に関連する有名人[編集]

熱海出身者[編集]

熱海にゆかりのある人物[編集]

郵便番号[編集]

郵便番号は以下の通りである。2006年10月1日に変更。

電話について[編集]

市外局番は大部分が0557(伊東MA)だが、奥湯河原に接する泉は0465(小田原MA)で、NTT東日本の管内になる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 移住・交流推進機構 静岡県熱海市からのお知らせ
  2. ^ 熱海ヒストリー ルオ伊豆山マスターズプレイス
  3. ^ 発祥の地コレクション/市外通話発祥の地
  4. ^ 箱根・湯河原・熱海・あしがら観光圏
  5. ^ 平成22年国勢調査 地域一覧,大都市圏・都市圏を参照。
  6. ^ 2010年国勢調査結果による。
  7. ^ わたしもひとこと・合併通信:市民アンケートは県境を越えた合併を希望を参照。
  8. ^ 津波心配だから…熱海市、沿岸のマラソン大会中止朝日新聞2012年9月13日
  9. ^ a b ラブプラス+ :熱海で“彼女”と旅行気分 「まつり」式典に市長も、温泉まんじゅうは完売毎日新聞、2010年7月10日。
  10. ^ a b 「もっと知りたい!――仮想彼女と熱海でお泊まり」『朝日新聞』2010年8月14日付朝刊、第13版、第29面。
  11. ^ 『真マジンガー 衝撃! Z編』の原作再現。

外部リンク[編集]