ホセ・カンセコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ホセ・カンセコ
José Canseco
フォートワース・キャッツ コーチ #33
Jose Canseco 2009.jpg
2009年1月27日
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国[1]
出身地 キューバの旗 キューバ
ハバナ
生年月日 1964年7月2日(49歳)
身長
体重
6' 4" =約193 cm
240 lb =約108.9 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手指名打者
プロ入り 1982年 MLBドラフト15巡目
初出場 1985年9月2日
最終出場 2001年10月6日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴
  • ラレド・ブロンコス (2010)
  • ユマ・スコーピオンズ (2011)
  • フォートワース・キャッツ(2013 - )
ホセ・カンセコ
基本情報
本名 ホセ・カンセコ・カパス・ジュニア
José Canseco Capas, Jr.
通称 メジャー最強ホームラン王
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生年月日 1964年7月2日(49歳)
出身地 キューバの旗 キューバ
ハバナ
所属 フリー
身長 193cm
体重 115kg
階級 ヘビー級
スタイル ムエタイ
テーマ曲 ワイルド・シング
テンプレートを表示

ホセ・カンセコ・カパス・ジュニアJosé Canseco Capas, Jr. , 1964年7月2日 - )は、キューバ共和国ハバナ出身のプロ野球選手外野手指名打者)。右投げ右打ち。元MLB選手で元総合格闘家。現在は北米独立リーグフォートワース・キャッツに選手兼任コーチとして所属している。愛称"The Chemist"ザ・ケミスト)。

2005年暴露本Juiced〜禁断の肉体改造〜』を出版してMLB選手の85%がアナボリックステロイドを使用している、もしくは使用した事があると述べ、大きな波紋を引き起こした。元MLB選手で、日本プロ野球にも所属したオジー・カンセコ一卵性双生児の兄[2]

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

キューバハバナに生まれ、両親がキューバ革命によって財産を没収された。1965年フィデル・カストロ政権が反体制派のアメリカ合衆国への移住を認めたことに伴い、家族・従兄弟・親戚と共にフロリダ州マイアミへ移住した。マイアミにはキューバ人コミュニティが形成されており、ラファエル・パルメイロも同様にキューバから移住していた。

1982年MLBドラフトオークランド・アスレチックスから15巡目に指名を受け、入団した。

オークランド・アスレチックス[編集]

Nuvola apps kaboodle.svg 映像外部リンク
Nuvola apps kaboodle.svg 1989年10月7日のALCS第4戦
初めてスカイドームの5階席を直撃する本塁打(MLB.comによる動画)
Nuvola apps kaboodle.svg 映像外部リンク
Nuvola apps kaboodle.svg 1993年5月26日
飛球を頭に当てて本塁打にしてしまう珍プレー(MLB.comによる動画)
Nuvola apps kaboodle.svg 映像外部リンク
Nuvola apps kaboodle.svg 1993年5月29日
投手デビュー(MLB.comによる動画)
オークランド・アスレチックス時代(1989年)

1985年マイナーリーグのAA級・AAA級合計で打率.333・36本塁打・127打点を記録し、9月2日の対ボルチモア・オリオールズ戦でMLB初出場。また、同年のベースボール・アメリカ・マイナーリーグ年間MVPを受賞した。

1986年はレギュラーを獲得し、前半戦で打率.274・23本塁打・78打点を記録、オールスターゲームに初選出された。後半戦は打率.196と調子を落とし、打率.240・175三振ながら33本塁打・117打点を記録。ウォーリー・ジョイナーを抑えて新人王に輝いた[3]。オフの日米野球でMLB選抜の一員として日本を訪れ、日本のファンにも強い印象を植え付けた。

1987年は31本塁打・113打点を記録し、同年に新人ながら49本塁打を放って本塁打王のタイトルを獲得した、マーク・マグワイアとのコンビはバッシュ・ブラザーズと呼ばれた。

1988年4月に「40-40(40本塁打40盗塁)を狙う」と宣言[4]。当時、この記録の達成者は皆無でメディアの反応も冷ややかだった。7月3日のトロント・ブルージェイズとの試合で1試合3本塁打。2年ぶりにオールスターゲームに選出され、初の先発出場を果たす。9月18日にはカンザスシティ・ロイヤルズブレット・セイバーヘイゲンから40本目の本塁打を放つ。9月23日には40盗塁に到達し、史上初の40本塁打・40盗塁を達成。9月は打率.393・8本塁打で月間MVPを受賞した。最終的に打率.307・42本塁打・124打点・40盗塁、リーグトップの長打率.569を記録し、本塁打王・打点王の二冠を獲得し、チームの地区優勝に大きく貢献。ボストン・レッドソックスとのリーグチャンピオンシップシリーズでは第2戦でロジャー・クレメンスから同点の2点本塁打を放つなど3本塁打を記録し、チームは4連勝でリーグ優勝。ロサンゼルス・ドジャースとのワールドシリーズでは第1戦の第1打席で満塁本塁打を放つが、チームは自身の頭上を越えるカーク・ギブソンの逆転サヨナラ本塁打で敗戦。その後は無安打で打率.053に終わり、チームも1勝4敗で敗退した。オフにMVPを満票で受賞し、シルバースラッガー賞も受賞した。

1989年は左手首を骨折して65試合の出場に留まるが、17本塁打・57打点を記録し、チームは地区連覇。ブルージェイズとのリーグチャンピオンシップシリーズでは第4戦で本塁打を放ち、リーグ連覇に貢献。ベイエリア・シリーズとして注目を集めたサンフランシスコ・ジャイアンツとのワールドシリーズでは、第3戦の試合開始前にロマ・プリータ地震がベイエリア一帯を襲ったため中止となり、10日間中断される。再開後の第3戦で3点本塁打を放つなど打率.357を記録し、チームは4連勝で15年ぶりのワールドチャンピオンに輝いた。

1990年は5月に打率.353・13本塁打と絶好調で2度目の月間MVPを受賞。途中に故障者リスト(DL)入りもあったものの37本塁打・101打点を記録するが、のちに再発する背中の違和感を覚え始める。レッドソックスとのリーグチャンピオンシップシリーズでは打率.182と振るわなかったが、チームはリーグ3連覇。シンシナティ・レッズとのワールドシリーズでは安打が第2戦で放った本塁打のみと不振を極めたために第4戦では先発を外され、チームは4連敗で敗退した。2度目のシルバースラッガー賞を受賞した。

1991年は44本塁打・122打点の好成績で2度目の本塁打王のタイトルを獲得し、球団史上ジミー・フォックス以来となる2度目のシーズン40本塁打以上を記録。MVPの投票でも4位に入った。3度目のシルバースラッガー賞を受賞した。

1992年は調子が上がらず、8月31日にジェフ・ラッセルルーベン・シエラボビー・ウィットプラス金銭とのトレードテキサス・レンジャーズへ移籍。

テキサス・レンジャーズ[編集]

1993年5月26日の対クリーブランド・インディアンス戦でカルロス・マルティネスの放った打球を見失ってボールが頭に当たり、それがフェンスを越えて本塁打となる珍プレーを演じ、試合後にナショナル・プロフェッショナル・サッカーリーグハリスバーグ・ヒートプロサッカー選手としてのオファーを出した[5]。5月29日の対レッドソックス戦では1-12と大量リードを許し、ファンサービスの一環で8回に投手としてマウンドに上がったが、3失点を喫した上に肘を故障。6月23日を最後に離脱し、トミー・ジョン手術を受ける事になった。手術によりかつての強肩が衰え、翌年からは指名打者としての出場が多くなった。

1994年は6月13日の対シアトル・マリナーズ戦で3本塁打を含む5安打・8打点を記録。1994-95年のストライキでシーズンが8月に打ち切られたが、31本塁打・90打点と復活の兆しを見せ、カムバック賞を受賞。12月9日に2選手とのトレードでレッドソックスへ移籍した。

ボストン・レッドソックス[編集]

1995年は後半戦で打率.325・19本塁打と調子を上げ、打率.306・24本塁打・81打点を記録し、チームの地区優勝に貢献。クリーブランド・インディアンスとのリーグディビジョンシリーズでは13打数無安打と全く打てず、チームも3連敗で敗退した。

1996年は前半戦で打率.305・26本塁打・63打点と大活躍を見せるが、その後は故障で長期離脱し、96試合の出場に終わる。それでも28本塁打・82打点・出塁率.400・長打率.589の好成績だった。

古巣復帰 - 以後[編集]

Nuvola apps kaboodle.svg 映像外部リンク
Nuvola apps kaboodle.svg 2000年8月10日
ヤンキー・スタジアムの3階席を直撃する本塁打(MLB.comによる動画)

1997年1月27日にジョン・ワズディンプラス金銭とのトレードで古巣アスレチックスに復帰し、バッシュ・ブラザーズが復活したものの、マグワイアが7月末にトレードで移籍し、自身も故障で8月26日を最後に離脱して打率.235・23本塁打と期待外れに終わった。オフにフリーエージェント(FA)となった。

1998年2月4日にブルージェイズと契約を結んだ。大きな故障も無くシーズンを過ごし、打率.237・リーグワーストの159三振ながら自己最高の46本塁打・29盗塁を記録した。4度目のシルバースラッガー賞を受賞した。オフに再びFAとなり、12月11日にタンパベイ・デビルレイズと契約を結んだ。

1999年は4月14日の対ブルージェイズ戦で通算400本塁打を達成。前半戦で31本塁打・69打点を記録して7年ぶりにオールスターゲームに選出されたが、背中の故障により出場辞退。その後、椎間板ヘルニアの手術を受けて114試合の出場に留まった。

2000年は5月下旬から約2か月DL入り。ウェーバー公示され、8月7日にニューヨーク・ヤンキースと契約を結んだが、目立った成績は残せなかった。チームはリーグ優勝を果たし、自身10年ぶりとなるニューヨーク・メッツとのワールドシリーズでは代打の1打席のみの出場で、結果は三振だった。

2001年1月16日にアナハイム・エンゼルスと契約を結んだが、3月28日に放出された。その後に北米独立リーグカナディアン・アメリカンリーグニューアーク・ベアーズで好成績を残して6月21日にシカゴ・ホワイトソックスと契約を結び、16本塁打を記録。

2002年2月21日にモントリオール・エクスポズと契約を結んだが、3月27日に放出された。4月24日にホワイトソックスと再び契約を結んだものの、MLB昇格はならずに10月24日に放出され、現役を引退した。

2004年にはロサンゼルス・ドジャースから現役復帰を試みたが、実現しなかった。通算462本塁打は歴代34位(2012年シーズン終了時)。

ステロイド疑惑[編集]

2005年2月13日放送、アメリカCBS放送の人気番組「60ミニッツ」のインタビューの中で、過去に筋肉増強剤のアナボリックステロイドを使用していた事を告白し[6]、MLB選手の多くが使用していると指摘して話題となった。翌14日に出版した暴露本Juiced〜禁断の肉体改造〜[7] でもステロイド使用を認めた[8]。 その中でMLB選手の85%がステロイドを使用している、もしくは使用した事があると述べた。特にマグワイア、ジェイソン・ジアンビ、パルメイロ、イバン・ロドリゲスフアン・ゴンザレスらは実名で書かれ、カンセコが注射を射つ場面を目撃したと書かれている。ほとんどの名指しされた選手はステロイド使用を否定した中、ジアンビはバルコ・スキャンダルの法廷で使用を認める供述を行った。また、この本は上記の実名選手を名指ししている内容もさる事ながら、全体的に『薬物使用はフェアでないと知っていながらつい使ってしまった』というような罪の告白では無く、『ステロイドって凄い薬だ! ホームランもガンガン打てるし、アレもでっかくなってモテモテで超ハッピー。副作用も全然無いね。みんなもやりなよ!』という使用を推奨する論調で、不謹慎であるとして批判を多く浴び、結果として本が有名になってしまい、ベストセラーとなった。

2005年3月17日から開かれたステロイド疑惑に関する下院公聴会では、パルメイロが自身の薬物使用を否定した一方で、マグワイアは自身の使用に関する質問に対する返答を拒んだりするなど不審な答弁が目立った。なお、パルメイロは同年8月1日に薬物検査で陽性となり、10日間の出場停止処分を受けた。

カンセコ自身はステロイドの副作用を否定しているが、元妻ジェシカ・カンセコの自伝によれば、初めて性的関係を持った際に異常に巨大化した陰茎に反して萎縮した睾丸(ステロイド剤を使用すると精子が死滅し睾丸が萎縮する)を目にした事、子作りの際に精子を復活させるため一年間ステロイドの使用を止めたところ、禁断症状により躁うつ状態に陥っていたとされる。

北米独立リーグ[編集]

ユマ・スコーピオンズ時代(2011年)、投手としてウォームアップ中のカンセコ
ウースター・トルネードズ時代(2012年)

2006年6月29日にゴールデンベースボールリーグサンディエゴ・サーフドーグズと1年契約を結んだ。6度のMLBオールスターゲーム出場経験があるカンセコだが、独立リーグでの給料はリーグで定められている最高額の月給2500ドルであった。リーグ発表によると、カンセコはドーピング検査に協力すると述べているとされている。しかし直後の7月5日にロングビーチ・アーマダへトレードされた。本人の希望によるもので、理由は「家庭内事情」と述べている。7月31日のリーグの本塁打ダービーでは優勝を飾った。同リーグのオールスターゲームでは余興として投手も務めた(結果は3.1を投げて3被安打・1与四球・4失点)。

2010年8月14日にユナイテッドリーグ・ベースボールラレド・ブロンコスと指名打者兼ベンチコーチとして契約を結んだ。

2011年4月11日にノース・アメリカンリーグユマ・スコーピオンズ選手兼任監督に就任した。

2012年2月にメキシカンリーグキンタナロー・タイガースと契約したが、薬物の過剰摂取から体内でテストステロンを分泌出来なくなり、「テストステロン促進薬を使用しないと生きられない」としてドーピング検査を拒否したために出場停止処分を受けた[9]。4月20日にカナディアン・アメリカンリーグのウースター・トルネードズとの契約が発表されたが[10]、給料への不満から20試合の出場に留まった。8月3日にノース・アメリカンリーグのリオグランデバレー・ホワイトウィングスと契約したが[11]、「家庭内事情」のために1試合も出場せずに終わった[12]

2013年5月19日に選手兼任コーチとしてユナイテッドリーグ・ベースボールのフォートワース・キャッツと契約を結んだ事が発表された[13]

人物[編集]

格闘技選手として[編集]

大の格闘技好きであり、「私は空手テコンドームエタイ黒帯レベルに達している」と豪語している[14]

2008年7月12日に身長5フィート9インチ(約175cm)で元NFL選手のバイ・シカヘマボクシングのセレブリティーマッチで対戦したが、最初のラウンドノックアウト(KO)負けを喫した[15]。次いで2009年1月24日に元人気子役で俳優ダニー・ボナデュースと対戦したが、3ラウンドまで闘った末、引き分けに終わった[16]

2009年5月26日には44歳にして総合格闘技イベントのDREAMに挑戦。DREAM.9のスーパーハルクトーナメント1回戦でチェ・ホンマンと対戦し、パウンドでKO負けを喫した[17]

お騒がせ男[編集]

1989年2月10日に州間高速道路95号線を120mph(約193km/h)で走行し、15mph(約24km/h)の逃走の末に逮捕。5月に有罪判決が下り、罰金500ドルを課せられた[18]

1989年4月11日にカリフォルニア州半自動拳銃を不法所持していたとして逮捕[19]。2500ドルで保釈された。 

1991年マドンナと不倫関係にあった事を後年に暴露している[20]

1992年2月13日に高速道路を走行中の元妻エッサー(1988年11月に結婚、1991年に離婚)の車にわざと自分の車をぶつけた疑いなどDV起訴されたが、3月19日に無罪を申し立てた[21]。のちにカウンセリングを受講し、地域での奉仕活動の義務を果たした。

1996年8月27日にジェシカと再婚したが、翌1997年11月に暴行の疑いで逮捕。接見禁止とカウンセリングの受講という判決が下され、1999年に正式に離婚が成立した。

2001年10月31日に双子の兄オジー・カンセコと一緒にマイアミ・ビーチナイトクラブでカリフォルニア州からの旅行客2人とケンカになり、1人は鼻骨折、もう1人は唇に20針の大ケガを負わせた。2002年11月5日に3年間の保護観察処遇と250時間の社会奉仕活動に同意した[22]

2003年6月にステロイドの検査で陽性反応を示し、執行猶予違反のために自宅で逮捕された。1か月間を刑務所の中で過ごした[23]

2008年5月には2人との離婚費用で700から800万ドルがかかり、カリフォルニア州ロサンゼルスの自宅が差し押さえられたことを明らかにした[24]

2008年10月10日にメキシコからカリフォルニア州サンディエゴへ入る国境を車で通過する際に検問を受け、ステロイド密輸の疑いで税関に拘束された。11月4日に執行猶予1年の判決を言い渡された[25]

2013年1月2日にカナダトロントの次期市長選に立候補をする意思がある事を明らかにしたが、同月4日には市民権を早急に取得する手立てがないとして出馬を断念した[26]

2013年5月22日にフィットネスクラブのインストラクターの女性に薬物を飲ませて性的暴行をした容疑が持ち上がった[27]。カンセコは潔白を主張し、激怒して女性の写真、住所、名前や職場などの個人情報をTwitter(ツイッター)で次々と公開した。警察による調査終了後の6月7日に刑事告発が見送られる事が明らかになった[28]

2013年11月20日にペット用に購入したヒツジ2頭にオムツを履かせ、車に乗せて家に帰る途中、職務質問を受けた事をTwitterで明かした。「途中で小便や糞をしたら大変だから履かせた」と事情を説明して、警察官に大笑いされたという[29][30]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1985 OAK 29 100 96 16 29 3 0 5 47 13 1 1 0 0 4 0 0 31 1 .302 .330 .490 .820
1986 157 682 600 85 144 29 1 33 274 117 15 7 0 9 65 1 8 175 12 .240 .318 .457 .775
1987 159 691 630 81 162 35 3 31 296 113 15 3 0 9 50 2 2 157 16 .257 .310 .470 .780
1988 158 705 610 120 187 34 0 42 347 124 40 16 1 6 78 10 10 128 15 .307 .391 .569 .959
1989 65 258 227 40 61 9 1 17 123 57 6 3 0 6 23 4 2 69 4 .269 .333 .542 .875
1990 131 563 481 83 132 14 2 37 261 101 19 10 0 5 72 8 5 158 9 .274 .371 .543 .914
1991 154 665 572 115 152 32 1 44 318 122 26 6 0 6 78 8 9 152 16 .266 .359 .556 .915
1992 97 421 366 66 90 11 0 22 167 72 5 7 0 4 48 1 3 104 15 .246 .335 .456 .791
TEX 22 91 73 8 17 4 0 4 33 15 1 0 0 0 15 1 3 24 1 .233 .385 .452 .837
'92計 119 512 439 74 107 15 0 26 200 87 6 7 0 4 63 2 6 128 16 .244 .344 .456 .799
1993 60 253 231 30 59 14 1 10 105 46 6 6 0 3 16 2 3 62 6 .255 .308 .455 .763
1994 111 505 429 88 121 19 2 31 237 90 15 8 0 2 69 8 5 114 20 .282 .386 .552 .939
1995 BOS 102 450 396 64 121 25 1 24 220 81 4 0 0 5 42 4 7 93 9 .306 .378 .556 .934
1996 96 432 360 68 104 22 1 28 212 82 3 1 0 3 63 3 6 82 7 .289 .400 .589 .989
1997 OAK 108 446 388 56 91 19 0 23 179 74 8 2 0 4 51 1 3 122 15 .235 .325 .461 .786
1998 TOR 151 658 583 98 138 26 0 46 302 107 29 17 0 4 65 5 6 159 7 .237 .318 .518 .836
1999 TB 113 502 430 75 120 18 1 34 242 95 3 0 0 7 58 3 7 135 14 .279 .369 .563 .931
2000 61 264 218 31 56 15 0 9 98 30 2 0 0 1 41 1 4 65 5 .257 .383 .450 .832
NYY 37 137 111 16 27 3 0 6 48 19 0 0 0 3 23 1 0 37 2 .243 .365 .432 .797
'00計 98 401 329 47 83 18 0 15 146 49 2 0 0 4 64 2 4 102 7 .252 .377 .444 .820
2001 CWS 76 306 256 46 66 8 0 16 122 49 2 1 0 4 45 1 1 75 4 .258 .366 .477 .843
通算:17年 1887 8129 7057 1186 1877 340 14 462 3631 1407 200 88 1 81 906 64 84 1942 178 .266 .353 .515 .867
  • 2012年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1993 OAK 1 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 8 1.0 2 0 3 0 0 0 0 0 3 3 27.00 5.00
通算:1年 1 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 8 1.0 2 0 3 0 0 0 0 0 3 3 27.00 5.00
  • 2012年度シーズン終了時

獲得タイトル・表彰・記録[編集]

背番号[編集]

  • 33 (1985年 - 1997年)
  • 00 (1998年) 
  • 33 (1998年) 
  • 44 (1998年)
  • 33 (1999年 - 2000年) 
  • 31 (2001年)

総合格闘技戦績[編集]

総合格闘技 戦績
1 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
0 0 0 0 0 0 0
1 1 0 0 0
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
× チェ・ホンマン 1R 1:17 KO(パウンド DREAM.9 フェザー級グランプリ2009 2nd ROUND
【スーパーハルクトーナメント 1回戦】
2009年5月26日

脚注[編集]

  1. ^ Jose Canseco says he’d be glad to replace Rob Ford as Toronto’s mayor, but what would his platform look like?” (英語). National Post. 2013年3月18日閲覧。
  2. ^ Right Name, Wrong Genes: The Top 50 Less Talented Relatives of Superstars” (英語). Bleacherreport.com. 2012年3月25日閲覧。
  3. ^ “Baseball Awards Voting for 1986” (英語). Baseball-Reference.com. 2013年8月31日閲覧。
  4. ^ Jose Canseco's 40-40 Vision Starting to ComeIntoFocus”. Los Angeles Timeslanguage=英語. 2013年7月13日閲覧。
  5. ^ SPORTSPEOPLE:SOCCER;Unintended 'Header' Earns Canseco an Offer” (英語). TheNew York Times. 2013年7月2日閲覧。
  6. ^ Canseco: Steroids made baseball career possible” (英語). USA Today. 2013年6月21日閲覧。
  7. ^ 日本語訳版はJose Canseco 『禁断の肉体改造』 ナガオ勝司訳、2005年ISBN 978-4583038735
  8. ^ Jose Canseco (2006). Juiced: Wild Times, Rampant 'roids, Smash Hits, And How Baseball Got Big. ISBN 978-0060746414. 
  9. ^ カンセコ出場停止 ドーピング検査拒否で”. 日刊スポーツ. 2013年4月20日閲覧。
  10. ^ Slugger Jose Canseco signs with Worcester Tornadoes” (英語). Telegram.com. 2013年4月20日閲覧。
  11. ^ Jose Canseco set to play Saturday” (英語). ESPN.com. 2013年3月18日閲覧。
  12. ^ From Canseco to 'Manseco'” (英語). The Kingston Whig-Standard. 2013年4月20日閲覧。
  13. ^ Ex-Ranger Jose Canseco to play series with Fort Worth Cats at age 48, face twin brother” (英語). The Dallas Morning News. 2013年6月19日閲覧。
  14. ^ Jose Canseco: Guardian of Truth” (英語). ESPN.com. 2013年6月20日閲覧。
  15. ^ 元MLBホセ・カンセコ氏 1RKO負け”. AFPBB News. 2013年4月20日閲覧。
  16. ^ Jose Canseco and Danny Bonaduce Fight Ruled a Draw” (英語). Larry Brown Sports. 2013年4月20日閲覧。
  17. ^ <格闘技>チェ・ホンマン、豪勢カンセコに1ラウンドTKO勝”. Innolife.net. 2013年4月20日閲覧。
  18. ^ Broward Judge Fines Canseco $500” (英語). Sun-Sentinel. 2013年3月19日閲覧。
  19. ^ A's Canseco Is Arrested” (英語). The New York Times. 2013年3月19日閲覧。
  20. ^ 【イタすぎるセレブ達】あのホセ・カンセコがマドンナとの不倫を激白!”. Techinsightjapan. 2013年3月28日閲覧。
  21. ^ SPORTS PEOPLE: BASEBALL; Canseco Enters Plea” (英語). The New York Times. 2013年3月19日閲覧。
  22. ^ Canseco twins plead guilty to felony” (英語). CBC.ca Sports. 2013年3月19日閲覧。
  23. ^ Canseco Sent Back To Jail For A Month” (英語). Sun-Sentinel. 2013年3月19日閲覧。
  24. ^ Jose Canseco Loses Home To Foreclosure” (英語). CBSNews.com. 2013年3月19日閲覧。
  25. ^ Stay Away Jose Canseco” (英語). Chicagonow.com. 2013年3月19日閲覧。
  26. ^ Jose Canseco wants to run for Toronto mayor, but first he needs to ‘work out the citizen thingg’” (英語). National Post. 2013年6月19日閲覧。
  27. ^ Jose Canseco accused of sexual assault in Las Vegas” (英語). SportingNews.com. 2013年6月20日閲覧。
  28. ^ Jose Canseco Cleared In Las Vegas Rape Case” (英語). FOXNews.com. 2013年6月20日閲覧。
  29. ^ JoseCansecoのツイート (403315055594176512) 2014年1月30日閲覧。
  30. ^ JoseCansecoのツイート (403567569149255680) 2014年1月30日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]