ダレル・エバンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダレル・エバンス
Darrell Evans
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州パサデナ
生年月日 1947年5月26日(67歳)
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 内野手
プロ入り 1967年 ドラフト7巡目
初出場 1969年4月20日
最終出場 1989年10月1日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

ダレル・エバンスDarrell Wayne Evans , 1947年5月26日 - )は、元MLBの選手。ポジションは内野手(主に三塁手後に一塁手)で、晩年は指名打者 (DH) 。右投左打。アメリカ合衆国カリフォルニア州パサデナ出身。

人物・来歴[編集]

1969年4月20日アトランタ・ブレーブスでメジャーデビュー。1973年に41本塁打を放ち、オールスターに初出場。フィラデルフィア・フィリーズマイク・シュミットと共に、1970年代から1980年代前半にかけてのナ・リーグを代表する強打の三塁手として活躍し、1976年途中にサンフランシスコ・ジャイアンツに移籍。1983年頃よりほぼ一塁手にコンバートするが、この年には10年ぶりに30本塁打を記録。また、10年ぶりにオールスターに出場。

1984年デトロイト・タイガースに移籍。以後は指名打者としての起用も増えた。この年は16本塁打に終わるが、この年チームは開幕からの40試合で35勝5敗(メジャー記録)というロケットスタートを切り、勢いに乗って地区優勝。ア・リーグチャンピオンシップシリーズ(ALCS)も制して自身初のワールドシリーズに進出。シリーズでもサンディエゴ・パドレスを破り、ワールドチャンピオンとなった。そして1985年には、40本塁打を放って唯一のタイトルとなる本塁打王を獲得。38歳での本塁打王は現在でもメジャー最年長記録。また、メジャー史上初の両リーグ40本塁打を達成した。その後も1987年には40歳にして34本塁打、99打点を記録しチームの地区優勝に貢献。この年までに所属した3チームで100本以上の本塁打を記録。これはレジー・ジャクソン[1]に次いでメジャー史上2人目であった。1988年には史上22人目の通算400本塁打を達成。1989年には古巣ブレーブスに復帰し、1シーズンプレイして現役を引退。

引退後は、1990年にはニューヨーク・ヤンキースで打撃コーチ、2007年から2年間は独立リーグロングビーチ・アーマダ(かつてホセ・カンセコらが所属)の監督を務めた。

獲得タイトル・表彰・記録[編集]

年度別打撃成績[編集]

通算打率は.248と低かったが、年間100四球以上が5シーズンあり、通算でも四球(1,605)の方が三振(1,410)よりも多く、出塁率は.361であった。40歳の誕生日以後に合計60本塁打を打っており、これはメジャー記録である。

















































O
P
S
1969 ATL 12 28 26 3 6 0 0 0 6 1 0 0 0 1 1 0 0 8 0 .231 .250 .231 .481
1970 12 52 44 4 14 1 1 0 17 9 0 0 0 0 7 0 1 5 2 .318 .426 .386 .809
1971 89 305 260 42 63 11 1 12 112 38 2 3 0 5 39 4 1 54 4 .242 .338 .431 .769
1972 125 521 418 67 106 12 0 19 175 71 4 2 0 9 90 4 4 58 6 .254 .384 .419 .803
1973 161 733 595 114 167 25 8 41 331 104 6 3 3 8 124 8 3 104 9 .281 .403 .556 .959
1974 160 710 571 99 137 21 3 25 239 79 4 2 4 3 126 9 6 88 11 .240 .381 .419 .800
1975 156 681 567 82 138 22 2 22 230 73 12 3 2 5 105 5 2 106 10 .243 .361 .406 .767
1976 44 169 139 11 24 0 0 1 27 10 3 0 0 0 30 0 0 33 3 .173 .320 .194 .514
SF 92 302 257 42 57 9 1 10 98 36 6 1 1 2 42 4 0 38 2 .222 .329 .381 .710
'76計 136 471 396 53 81 9 1 11 125 46 9 1 1 2 72 4 0 71 5 .205 .326 .316 .642
1977 144 539 461 64 117 18 3 17 192 72 9 6 1 5 69 3 3 50 8 .254 .351 .416 .767
1978 159 668 547 82 133 24 2 20 221 78 4 5 6 10 105 12 0 64 5 .243 .360 .404 .764
1979 160 661 562 68 142 23 2 17 220 70 6 7 1 5 91 14 2 80 6 .253 .356 .391 .747
1980 154 653 556 69 147 23 0 20 230 78 17 5 6 6 83 6 2 65 12 .264 .359 .414 .773
1981 102 419 357 51 92 13 4 12 149 48 2 3 3 3 54 8 2 33 4 .258 .356 .417 .773
1982 141 553 465 64 119 20 4 16 195 61 5 4 3 6 77 7 2 64 8 .256 .360 .419 .779
1983 142 611 523 94 145 29 3 30 270 82 6 6 0 2 84 12 2 81 8 .277 .378 .516 .894
1984 DET 131 483 401 60 93 11 1 16 154 63 2 2 1 4 77 10 0 70 7 .232 .353 .384 .737
1985 151 594 505 81 125 17 0 40 262 94 0 4 1 2 85 12 1 85 5 .248 .356 .519 .875
1986 151 601 507 78 122 15 0 29 224 85 3 2 0 2 91 5 1 105 6 .241 .356 .442 .798
1987 150 609 499 90 128 20 0 34 250 99 6 5 2 6 100 8 2 84 2 .257 .379 .501 .880
1988 144 522 437 48 91 9 0 22 166 64 1 4 0 0 84 4 1 89 14 .208 .337 .380 .717
1989 ATL 107 323 276 31 57 6 1 11 98 39 0 1 0 6 41 6 0 46 1 .207 .303 .355 .658
通算:21年 2687 10737 8973 1344 2223 329 36 414 3866 1354 98 68 34 90 1605 141 35 1410 133 .248 .361 .431 .792
  • 各年度の太字はリーグ最高

エピソード[編集]

脚注[編集]

  1. ^ レジー・ジャクソンはオークランド・アスレチックスニューヨーク・ヤンキースカリフォルニア・エンゼルスでそれぞれ100本以上の本塁打を記録。ただし、1年だけ在籍したボルチモア・オリオールズではもちろん100本は未達成。

外部リンク[編集]