ハンク・グリーンバーグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハンク・グリーンバーグ
Hank Greenberg
Hank Greenberg 1937 cropped.jpg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ニューヨーク州ニューヨーク
生年月日 1911年1月1日
没年月日 1986年9月4日(満75歳没)
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 一塁手
プロ入り 1929年
初出場 1930年9月14日
最終出場 1947年9月18日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg 殿堂表彰者Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg
選出年 1956年
得票率 84.97%
選出方法 BBWAA[1]選出

ハンク・グリーンバーグHenry Benjamin 'Hank' Greenberg, 1911年1月1日 - 1986年9月4日)はユダヤ系の元メジャーリーグ選手。主なポジションは一塁手ニューヨーク市生まれ。

経歴[編集]

ユダヤ系選手でメジャーリーグにおいて彼に比肩する成功を収めたのはロサンゼルス・ドジャースサンディー・コーファックスくらいである。1947年にジャッキー・ロビンソンが黒人初のメジャーリーガーとなり、数々の人種差別・嫌がらせを経験するが、グリーンバーグもまた多くの軋轢を経験する。

現役時代はデトロイト・タイガース1930年1933年 - 1946年)とピッツバーグ・パイレーツ1947年)に所属、一塁手または外野手として活躍。そのうちシーズンを通して活躍したのは9年のみで、第二次世界大戦に従軍したため合計5シーズン近くの空白がある。また、手首の骨折のためほぼ一シーズンを棒に振ったこともある。メジャー2年目の1934年に最初のMVPを獲得、チームの25年ぶりのワールドシリーズ進出に大きく貢献する。

1938年にシーズン58本塁打を放ち、ベーブ・ルースのシーズン60本塁打にあと一歩まで迫った。シーズン終盤に敬遠攻めに遭ったため記録更新には至らなかったが、1998年マーク・マグワイアサミー・ソーサに破られるまで右打者のシーズン最多本塁打として残った。

しかし本人は本塁打よりも打点量産に重きを置いていた。しばしばチームメイトに「塁に出ろ」「走者を三塁に進めろ」と口にし、実際に打点を稼いだ。1935年に170打点を記録、1937年には183打点を記録する。シーズン183打点以上を記録したのは1930年のハック・ウィルソンと1931年のルー・ゲーリッグのみである。

1940年から外野手に転向し、タイガースのリーグ優勝と自身2度目のMVP受賞を達成する。その後、第二次世界大戦の開戦に伴い1941年より従軍し、1945年の終戦とともに退役、球界に復帰する。同年のシーズンには最終戦に満塁本塁打を放ち、チームのアメリカンリーグ及びワールドシリーズ制覇に貢献し、1946年に現役最高の状態を迎える。

1947年に年俸減を提示したタイガースとの契約交渉が決裂し、引退を決意するが、タイガースは彼をピッツバーグ・パイレーツにトレードする。グリーンバーグを思いとどまらせるため、パイレーツは史上初の年俸10万ドルを提示し、当時としては異例の遠征時の個室提供を約束する。チームの共同オーナーの一人であるビング・クロスビーは彼を歓迎するために曲を録音し、左翼側には「グリーンバーグ・ガーデン」と称する特別席も作り、彼の引退を思いとどまらせた。同年に彼は主に一塁を守り、初の黒人選手であるジャッキー・ロビンソンを歓迎する数少ない選手となる。また、この頃頭角を現してきたチームメイトのラルフ・カイナーにも影響を与えている。

1948年に現役引退し、クリーブランド・インディアンスのファーム・ディレクターとなる。2年後に同ファームシステムのゼネラルマネージャーに就任し、1950年代のインディアンスの躍進に貢献する。その後シカゴ・ホワイトソックスの共同オーナーの一人となり、1963年に完全に野球界から身を引いた。

通算成績は1394試合出場、打率.313、331本塁打、1276打点だが、戦争などによる現役時代の中断がなければ、500 - 600本塁打、1800 - 2000打点を記録できたとされている。

1956年には野球殿堂入りを果たし、晩年の1983年には、古巣デトロイト・タイガースで在籍時の背番号5永久欠番に指定される。そして3年後の1986年にビバリーヒルズでその生涯を閉じた。カリフォルニア州のヒルサイド・メモリアル・パークに彼の墓がある。

また、1970年に勃発したカート・フラッド事件では、ジャッキー・ロビンソンらと共に選手側の証人として法廷に立ち、フラッドを擁護している。

年度別打撃成績[編集]

































O
P
S
1930 DET 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
1933 117 449 59 135 33 3 12 87 6 46 78 .301 .367 .468 .835
1934 153 593 118 201 63 7 26 139 9 63 93 .339 .404 .600 1.004
1935 152 619 121 203 46 16 36 170 4 87 91 .328 .411 .628 1.039
1936 12 46 10 16 6 2 1 16 1 9 6 .348 .455 .630 1.085
1937 154 594 137 200 49 14 40 183 8 102 101 .337 .436 .668 1.104
1938 155 556 144 175 23 4 58 146 7 119 92 .315 .438 .683 1.121
1939 138 500 112 156 42 7 33 112 8 91 95 .312 .420 .622 1.042
1940 148 573 129 195 50 8 41 150 6 93 75 .340 .433 .670 1.103
1941 19 67 12 18 5 1 2 12 1 16 12 .269 .410 .463 .873
1945 78 270 47 84 20 2 13 60 3 42 40 .311 .404 .544 .948
1946 142 523 91 145 29 5 44 127 5 80 88 .277 .373 .604 .977
1947 PIT 125 402 71 100 13 2 25 74 0 104 73 .249 .408 .478 .886
通算成績 1394 5193 1051 1628 379 71 331 1276 58 852 844 .313 .412 .605 1.017

出典・外部リンク[編集]