ロブ・ネン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロブ・ネン
Robb Nen
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州サンペドロ
生年月日 1969年11月28日(44歳)
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1987年 MLBドラフト32巡目
初出場 1993年4月10日
最終出場 2002年9月28日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ロバート・アレン・ネンRobert Allen Nen, 1969年11月28日 - )は、MLBの元選手。ポジションは投手アメリカ合衆国カリフォルニア州サンペドロ出身。

父は元メジャーリーガーのディック・ネン

経歴[編集]

高校時代[編集]

ロスアラミトス高校では三塁手兼投手として活躍。チームメイトにはJ.T.スノーがいた。

テキサス・レンジャーズ[編集]

1987年のMLBドラフトテキサス・レンジャーズから32巡目に指名を受け入団。1993年4月10日ボストン・レッドソックス戦でメジャーデビュー。しかし防御率6.35、22.2イニングを投げて26四球を記録するなど結果を残せず、7月17日クリス・カーペンターとのトレードでカート・ミラーと共にフロリダ・マーリンズへ移籍。

フロリダ・マーリンズ[編集]

移籍後も防御率7.02と打ち込まれた。1994年も当初は敗戦処理の役割だったが徐々に安定感を増し、6月からはクローザーとして起用される。1994年から1995年のMLBストライキでシーズンが打ち切られたが、15セーブ・防御率2.95の好成績を挙げた。1995年は23セーブ、1996年は35セーブ・防御率1.95を記録し、メジャー屈指のクローザーに成長する。1997年は前年と同じ35セーブをマークしたものの防御率は3.89と悪化。それでもチームはワイルドカードを獲得し、アトランタ・ブレーヴスとのリーグチャンピオンシップシリーズでは2セーブを記録して、球団創設以来初のリーグ優勝に貢献。クリーヴランド・インディアンズとのワールドシリーズでは不本意な投球ながら2セーブをマークし、シリーズ制覇の立役者となった。このシリーズで記録した102mph(164.1km/h)は、現在もシリーズ最速記録である。球団の緊縮財政の煽りを受け、11月18日にトレードでサンフランシスコ・ジャイアンツへ移籍。

サンフランシスコ・ジャイアンツ[編集]

1998年オールスターゲームに初めて選出される。自身初の40セーブ・防御率1.52・110奪三振を記録。1999年は不調に陥るが、2000年に復活し、41セーブ・防御率1.50・92奪三振の成績で、チームの地区優勝に貢献。ニューヨーク・メッツとのディヴィジョンシリーズでは第3戦でセーブに失敗して延長の末敗れ、チームも1勝3敗で敗退した。サイ・ヤング賞の投票では4位に入った。2001年は安定感は今ひとつだったが、45セーブを記録して最多セーブのタイトルを獲得した。2002年は3度目のオールスターゲーム選出を果たす。8月6日シカゴ・カブス戦で通算300セーブを達成。43セーブ・防御率2.20を記録し、チームのワイルドカード獲得に貢献。ディヴィジョンシリーズリーグチャンピオンシップシリーズでは計5セーブをマークし、チームは13年ぶりのリーグ優勝を果たす。アナハイム・エンゼルスとのワールドシリーズでは、3勝2敗と王手をかけた第6戦の8回、リードした場面で登板したが、トロイ・グロースに逆転の二塁打を浴びて痛恨のセーブ失敗。第7戦も敗れてシリーズ制覇はならなかった。2003年2004年は右腕の故障でプレイできず、2005年2月に引退。ネンの300セーブを記念したプレートがAT&Tパークに飾られた。

特徴[編集]

投球前につま先を軽く叩くという独特の投法からの最速102mph(約164km/h)の速球と、ターミネーターの異名を持つスライダーを武器とし、特にホームベース上で縦方向に急激に変化するスライダーは90mph前半の球速を誇った[1]

入場曲は、ディープ・パープルの『スモーク・オン・ザ・ウォーター』だった。

評価[編集]

好調時のネンの投球は、他球団の脅威であった。ナショナルリーグのライバルチームの監督は、「いかにネンを攻略するか」ではなく、「いかにネンをマウンドに上げさせないか」という結論に達していたという[1]

獲得タイトル・表彰・記録[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b サンフランシスコの守護神『月刊スラッガー』2001年11月号、日本スポーツ企画出版社、雑誌15509-11、22-28頁。

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1993 TEX 9 3 0 0 0 1 1 0 0 .500 113 22.2 28 1 26 0 0 12 2 1 17 16 6.35 2.38
FLA 15 1 0 0 0 1 0 0 0 1.000 159 33.1 35 5 20 0 0 27 4 0 28 26 7.02 1.65
'93計 24 4 0 0 0 2 1 0 0 .667 272 56.0 63 6 46 0 0 39 6 1 45 42 6.75 1.95
1994 44 0 0 0 0 5 5 15 0 .500 228 58.0 46 6 17 2 0 60 3 2 20 19 2.95 1.09
1995 62 0 0 0 0 0 7 23 0 .000 279 65.2 62 6 23 3 1 68 2 0 26 24 3.29 1.29
1996 75 0 0 0 0 5 1 35 0 .833 326 83.0 67 2 21 6 1 92 4 0 21 18 1.95 1.06
1997 73 0 0 0 0 9 3 35 0 .750 334 74.0 72 7 40 7 0 81 5 0 35 32 3.89 1.51
1998 SF 78 0 0 0 0 7 7 40 0 .500 357 88.2 59 4 25 5 1 110 3 0 21 15 1.52 0.95
1999 72 0 0 0 0 3 8 37 0 .273 320 72.1 79 8 27 3 0 77 5 0 36 32 3.98 1.47
2000 68 0 0 0 0 4 3 41 0 .571 256 66.0 37 4 19 1 2 92 5 0 15 11 1.50 0.85
2001 79 0 0 0 0 4 5 45 0 .444 312 77.2 58 6 22 6 1 93 2 0 28 26 3.01 1.03
2002 68 0 0 0 0 6 2 43 0 .750 301 73.2 64 2 20 8 1 81 1 0 19 18 2.20 1.14
通算:10年 643 4 0 0 0 45 42 314 0 .517 2983 715.0 607 51 260 41 7 793 36 3 266 237 2.98 1.21
  • 各年度の太字はリーグ最高

外部リンク[編集]