ジェフ・ケント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジェフ・ケント
Jeff Kent
Kent-crop.jpg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 アメリカ合衆国の旗 カリフォルニア州ベルフラワー
生年月日 1968年3月7日(46歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
210 lb =約95.3 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 二塁手
プロ入り 1989年 ドラフト20巡目
初出場 1992年4月12日
年俸 $9,000,000(2008年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ジェフリー・フランクリン・ケントJeffery Franklin Kent , 1968年3月7日 - )は、メジャーリーグベースボールの元選手。ポジションは内野手二塁手)。アメリカ合衆国カリフォルニア州ベルフラワー出身。

1997年 - 2002年まで6年連続、2004年 - 2005年まで2年連続で20本塁打・100打点以上を記録している。サンフランシスコ・ジャイアンツ時代には、メジャー屈指の強打者である3番バリー・ボンズの擁護役として4番に座り、2000年MVPを獲得した。

ほとんどがセカンドとしての出場だが、内野すべての経験がある。

略歴[編集]

ブルージェイズ・メッツ・インディアンス[編集]

1989年トロント・ブルージェイズドラフト20巡目で指名され入団。1992年4月12日にメジャーデビューを果たし、8月27日にデービッド・コーンとの交換トレードニューヨーク・メッツに移籍してレギュラーに定着。この年、102試合に出場して11本塁打は新人選手全体で3位で、50打点は2位であった[2]

1993年は二塁手としてリーグ最多となる21本塁打(クレイグ・ビジオとタイ)・80打点を記録[3]。また1990年グレッグ・ジェフリーズの15本塁打・68打点を上回る二塁手としての球団記録となった[3]

1996年7月29日にトレードでクリーブランド・インディアンスに移籍。11月にトレードでサンフランシスコ・ジャイアンツへ移籍。

サンフランシスコ・ジャイアンツ[編集]

1997年は自己最多の155試合に出場し、打率は.250と前年を下回ったが、29本塁打・121打点・38二塁打と自己ベストの数字を残した。4月30日5月13日5月20日に球団タイ記録となる計3本の満塁本塁打を放ち、7月22日には通算100本塁打を達成した[4]

1998年6月10日から7月9日にかけて故障者リスト入りとなり、その間24試合欠場したが、8月には打率.355・11本塁打を記録し、初の月間MVPを受賞。そして8月は32打点、9月は31打点で2か月連続でリーグ最多打点を記録している[5]。前年を上回る31本塁打・128打点を記録し、打率は前年より4分7厘上昇した。打数を打点で割った値は4.1でマーク・マグワイア(3.5)、サミー・ソーサ(4.1)に次ぐリーグ3位にランクした[5]

1999年5月3日にはサイクル安打を達成し、初めてオールスターゲームに選出された。2000年にはバリー・ボンズを抑えてMVPを受賞した。

2002年は自己最多の37本塁打を放ち、打率.313・108打点の成績を残し、ジャイアンツ移籍後6年連続で100打点を達成した。これは球団史上5人目でウィリー・メイズ(1959年 - 1966年)以来の快挙となった[6]。チームはワイルドカードワールドシリーズへ進出。ケントは第5戦で2本塁打を記録するなどワールドシリーズで計3本塁打を記録するもチームは第7戦で敗退。

アストロズ・ドジャース[編集]

2003年から2年総額1,990万ドルの契約でヒューストン・アストロズFA移籍[7]。移籍1年目の2003年は23本塁打を放ち、クレイグ・ビジオの持つ二塁手としての球団記録22本塁打を更新した。しかし93打点で連続100打点が6年で、39二塁打で連続40二塁打が4年で途切れた[8]

2004年は107打点を記録し。2年ぶり7回目となる100打点を達成した。5月14日から6月11日にかけて球団新記録となる25試合連続安打を達成し、10月2日ロッキーズ戦ではシーズン26・27本塁打を放ち、ライン・サンドバーグの277本塁打を上回り、二塁手としての最多本塁打記録を更新した[9]。シーズン終了後の12月14日に3年総額2,100万ドルでロサンゼルス・ドジャースにへ移籍[7]

2005年7月8日に通算2000本安打を達成し、8月27日に二塁手として史上初の300本塁打を達成した[10]。28本塁打・105打点は二塁手として1958年以降で最多である[10]

2006年は2度の故障者リスト入りで出場試合数が115に終わり、1994年以来の少なさとなった。ニューヨーク・メッツとのディビジョンシリーズではチームは3連敗で敗退となったが、ケントは13打数8安打(打率.615)を記録している。

2009年1月21日、現役引退を表明。

人物[編集]

厳格な性格で1人でいるのを好む性格である[11]。「SI.com」が2007年に464人の大リーグ選手を対象に「最も嫌われている選手」のアンケートでバリー・ボンズの26%に次ぐ20%がケントとなっている[11]。白人優越主義者とささやかれ、ボンズとは「犬猿の仲」である[12]

獲得タイトル[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1992 TOR 65 222 192 36 46 13 1 8 85 35 2 1 0 4 20 0 6 47 3 .240 .324 .443 .767
NYM 37 121 113 16 27 8 1 3 46 15 0 2 0 0 7 0 1 29 2 .239 .289 .407 .696
'92計 102 343 305 52 73 21 2 11 131 50 2 3 0 4 27 0 7 76 5 .239 .312 .430 .742
1993 140 544 496 65 134 24 0 21 221 80 4 4 6 4 30 2 8 88 11 .270 .320 .446 .766
1994 107 452 415 53 121 24 5 14 197 68 1 4 1 3 23 3 10 84 7 .292 .341 .475 .816
1995 125 514 472 65 131 22 3 20 219 65 3 3 1 4 29 3 8 89 9 .278 .327 .464 .791
1996 89 361 335 45 97 20 1 9 146 39 4 3 1 3 21 1 1 56 7 .290 .331 .436 .745
CLE 39 116 102 16 27 7 0 3 43 16 2 1 0 3 10 0 1 22 1 .265 .328 .422 .750
'96計 128 477 437 61 124 27 1 12 189 55 6 4 1 6 31 1 2 78 8 .284 .330 .432 .762
1997 SF 155 651 580 90 145 38 2 29 274 121 11 3 0 10 48 6 13 133 14 .250 .316 .472 .788
1998 137 594 526 94 156 37 3 31 292 128 9 4 1 10 48 4 9 110 16 .297 .359 .555 .914
1999 138 585 511 86 148 40 2 23 261 101 13 6 0 8 61 3 5 112 12 .290 .366 .511 .877
2000 159 695 587 114 196 41 7 33 350 125 12 9 0 9 90 6 9 107 17 .334 .424 .590 1.020
2001 159 696 607 84 181 49 6 22 308 106 7 6 0 13 65 4 11 96 11 .298 .369 .507 .876
2002 152 682 623 102 195 42 2 37 352 108 5 1 0 3 52 3 4 101 20 .313 .368 .565 .933
2003 HOU 130 552 505 77 150 39 1 22 257 93 6 2 0 3 39 2 5 85 13 .297 .351 .509 .860
2004 145 606 540 96 156 34 8 27 287 107 7 3 0 11 49 3 6 96 23 .289 .348 .531 .879
2005 LAD 149 637 553 100 160 36 0 29 283 105 6 2 0 4 72 8 8 85 19 .289 .377 .512 .889
2006 115 473 407 61 119 27 3 14 194 68 1 2 0 3 55 8 8 69 9 .292 .385 .477 .862
2007 136 562 494 78 149 36 1 20 247 79 1 3 0 6 57 4 5 61 17 .302 .375 .500 .875
2008 121 474 440 42 123 23 1 12 184 59 0 1 0 2 25 1 7 52 13 .280 .327 .418 .745
通算:17年 2298 9537 8498 1320 2461 560 47 377 4246 1518 94 60 10 103 801 61 125 1522 224 .290 .356 .500 .856
  • 2008年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

脚注[編集]

  1. ^ Los Angeles Dodgers Salaries - 2008” (英語). 2008年5月13日閲覧。
  2. ^ Jeff Kent 1992 Career Highlights” (英語). 2008年5月13日閲覧。
  3. ^ a b Jeff Kent 1993 Career Highlights” (英語). 2008年5月13日閲覧。
  4. ^ Jeff Kent 1997 Career Highlights” (英語). 2008年5月13日閲覧。
  5. ^ a b Jeff Kent 1998 Career Highlights” (英語). 2008年5月13日閲覧。
  6. ^ Jeff Kent 2002 Career Highlights” (英語). 2008年5月13日閲覧。
  7. ^ a b Jeff Kent - Los Angeles Dodgers Infielders Jeff Kent” (英語). 2008年5月13日閲覧。
  8. ^ Jeff Kent 2003 Career Highlights” (英語). 2008年5月13日閲覧。
  9. ^ Jeff Kent 2004 Career Highlights” (英語). 2008年5月13日閲覧。
  10. ^ a b Jeff Kent 2005 Career Highlights” (英語). 2008年5月13日閲覧。
  11. ^ a b 村上雅則 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2008』 廣済堂出版、2008年、448項。ISBN 978-4-331-51300-2
  12. ^ 村上雅則 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2007』 廣済堂出版、2007年、412項。ISBN 978-4-331-51213-5

外部リンク[編集]