ディビジョンシリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ディビジョンシリーズ: Division Series, DS)は、メジャーリーグベースボールの優勝チーム決定戦のファーストラウンド(一般のトーナメントフォーマットでいう「リーグセミファイナル(準決勝)」に相当)。ポストシーズンゲームの第2ラウンドであり、日本では地区シリーズと訳される。ナショナルリーグNational League Division Series, NLDS)とアメリカンリーグAmerican League Division Series, ALDS)でそれぞれ開催される。

レギュラーシーズン終了後の10月に、リーグの地区優勝チーム3チーム、及びワイルドカードゲームを勝ち上がった1チームの各リーグ合計4チームがリーグチャンピオンシップシリーズ、さらにはワールドシリーズ進出を賭けて戦う。

歴史・制度[編集]

50日間に及ぶストライキでシーズンが中断された1981年に、一年だけ行われた(後述)が、ここでは1994年(第1回は1995年)より行われている現行制度について説明する。

1969年から1993年まではナショナルリーグアメリカンリーグでは、それぞれの所属チームは主に本拠地をどこに置いているかによってリーグ内でさらに東西2地区に分かれてペナントを争っており、各地区で行ったペナントの優勝チームが引き続きリーグでの優勝を決めるためにリーグチャンピオンシップシリーズを行っていたが、1994年より東中西3地区制となったことで、リーグチャンピオンシップシリーズに出場するチームを決めるためのシリーズが必要になり、その結果ディビジョンシリーズが開催されることとなった。1994年は232日間に及ぶ長期ストライキのため開催されず、1995年が現行制度のスタートとなった。

レギュラーシーズンでの各地区の優勝チーム(3チーム)の他に、両リーグ内でそれぞれ地区優勝チームを除くチームのうち最多勝の1チームがワイルドカードとして出場し、これらの計4チームでトーナメントを行う(このトーナメントの一回戦にあたるものがディビジョンシリーズであり、二回戦(=決勝戦)にあたるものがリーグチャンピオンシップシリーズである)。ディビジョンシリーズ進出の4チームはそれぞれルールによって決まった相手チーム(下記「組み合わせ」参照)と5回戦制で戦い、先に3勝したチームがリーグチャンピオンシップシリーズに進出する。

なお、2012年度からはディビジョンシリーズの予備戦として、ワイルドカードノミネートされた2チーム(各地区優勝チームを除いた中で勝利数上位2チーム)が、ワイルドカード勝利数上位チームの本拠地で1試合のみの「ワイルドカードプレイオフ」を行い、その勝者がワイルドカードとしてディビジョンシリーズに進出する方式となった。

2007年からは、リーグ内で最高の勝率を得たチームに、スケジュールの選択権が与えられる。これまでどおり第1戦と第2戦が連戦になるパターンと、第1戦と第2戦の間に休みが入るパターンから選ぶことができる。なお、この制度は両リーグ間で1年持ち回り制となる。

組み合わせ[編集]

対戦カードは、地区優勝チームの中で「地区優勝3チーム中レギュラーシーズンの勝利数1位のチームとワイルドカード(前述のワイルドカードプレーオフ勝者)」の対戦と「勝利数2位のチームと勝利数3位のチーム」の対戦となる。これは勝利数1位のチームとワイルドカードプレーオフ勝者が同地区の場合も同様である。

勝利数の多いチームにホームアドバンテージがあり、第1戦、第2戦、第5戦(2012年は第3戦~第5戦)を本拠地で開催する権利を得る。ただし、ワイルドカードは勝利数で地区優勝チームを上回ってもホームアドバンテージは得られず、地区優勝チームとワイルドカードでの対戦では常に地区優勝チームにホームアドバンテージがある。これはリーグチャンピオンシップシリーズも同様である。なお、地区優勝チーム同士で成績が同じ場合、当該チーム同士の対戦成績で上位のほうにホームアドバンテージが与えられる。

1995年~1997年の組み合わせ方式[編集]

1995年から1997年まではホーム開催権のあるチーム(ホストチーム)があらかじめ決められており、ワイルドカードがホストチームおよび同じ地区のチームとは当たらないように対戦カードが組まれていた。そのため、対戦カードはワイルドカードチームの所属地区により決まっていた。開催球場も、第1・2戦がホストチームの本拠地、第3~5戦が他方の本拠地という形式だった。

1995年のアメリカンリーグディビジョンシリーズを例にすると
勝利数1位:クリーブランド・インディアンス(中地区優勝、100勝)
勝利数2位:ボストン・レッドソックス(東地区優勝、86勝)
勝利数3位:シアトル・マリナーズ(西地区優勝、79勝)
ワイルドカード:ニューヨーク・ヤンキース(東地区2位、79勝)
この年はホストチームは中地区とワイルドカードにあり、ワイルドカードが東地区から出たことから、インディアンスとレッドソックスがヤンキースと当たらないように対戦カードが組まれた。その結果、インディアンスはレッドソックスと対戦し、マリナーズはヤンキースと対戦することとなった(現行制度の場合、インディアンスはヤンキースと対戦し、レッドソックスはマリナーズと対戦することになる)。

1998年~2011年の組み合わせ方式[編集]

1998年から2011年までは、勝利数1位のチームとワイルドカードが同じ地区に所属している場合は、勝利数1位チームは勝利数3位チームと対戦し、勝利数2位チームとワイルドカードが対戦し、ディビジョンシリーズでは同じ地区に所属している球団同士が対戦しないようなシステムとなっていた。ワイルドカードから見れば、対戦相手は必ず別の地区の地区優勝2チームのうちの勝利数の多いほうとなっていた。なお、地区1位に2球団が並び、両球団ともポストシーズンに進出できる場合は、当該チーム同士の対戦成績で勝ち越しているほうが地区優勝チーム、他方はワイルドカードとなっていた。

2005年のナショナルリーグディビジョンシリーズを例にすると
勝利数1位:セントルイス・カージナルス(中地区優勝、100勝)
勝利数2位:アトランタ・ブレーブス(東地区優勝、90勝)
勝利数3位:サンディエゴ・パドレス(西地区優勝、82勝)
ワイルドカード:ヒューストン・アストロズ(中地区2位、89勝)
本来ならば地区優勝チームの中で勝利数が一番多いカージナルスがワイルドカードのアストロズと対戦するが、カージナルスとアストロズが同じ中地区所属のため、カージナルスは地区優勝チームの中で勝利数が一番少ないパドレスと対戦し、アストロズは地区優勝チームの中で勝利数が二番目のブレーブスと対戦した。ホームアドバンテージはカージナルスとブレーブスに与えられた。

移動日[編集]

第2戦と第3戦の間および、第4戦と第5戦の間には1日移動日を設ける。2006年までは移動日なしで第4戦の翌日に第5戦を行っていたが、ホームアドバンテージが導入されて2試合-2試合-1試合となった1998年以降は、もつれ込んだ場合に長距離の移動も含め、日程的にも非常にきついものとなっていた(最初の3年間は2試合-3試合で、第5戦は第4戦と同じ球場で開催されたため、移動日自体設ける必要が無かった)。そのためか、2007年から第4戦と第5戦の間にも移動日が設けられた。なお2012年はワイルドカードプレーオフの新設がレギュラーシーズンの日程発表後に決定されたため、ディビジョンシリーズが第5戦までもつれた際の移動日をなくして日程を円滑に進める目的でこの年に限り2試合-3試合に戻された。

例えば2005年のアメリカンリーグディビジョンシリーズロサンゼルス・エンゼルスニューヨーク・ヤンキースが対戦した時には、10月9日にニューヨークヤンキー・スタジアムで第4戦を行った翌10月10日に、移動日なしで西海岸のアナハイムに移動して、第5戦を行った。勝ったエンゼルスは翌日にはシカゴに移動してシカゴ・ホワイトソックスリーグチャンピオンシップシリーズ第1戦を戦った。

勝利チーム(1995年以後)[編集]

ワールドシリーズ進出 ワイルドカード ワイルドカードから
ワールドシリーズ進出

ナショナルリーグ (NLDS)[編集]

年度 勝利チーム 勝敗 敗戦チーム 勝利チーム 勝敗 敗戦チーム
1995 アトランタ・ブレーブス 3-1 コロラド・ロッキーズ シンシナティ・レッズ 3-0 ロサンゼルス・ドジャース
1996 アトランタ・ブレーブス 3-0 ロサンゼルス・ドジャース セントルイス・カージナルス 3-0 サンディエゴ・パドレス
1997 アトランタ・ブレーブス 3-0 ヒューストン・アストロズ フロリダ・マーリンズ 3-0 サンフランシスコ・ジャイアンツ
1998 アトランタ・ブレーブス 3-0 シカゴ・カブス サンディエゴ・パドレス 3-1 ヒューストン・アストロズ
1999 アトランタ・ブレーブス 3-1 ヒューストン・アストロズ ニューヨーク・メッツ 3-1 アリゾナ・ダイヤモンドバックス
2000 セントルイス・カージナルス 3-0 アトランタ・ブレーブス ニューヨーク・メッツ 3-1 サンフランシスコ・ジャイアンツ
2001 アトランタ・ブレーブス 3-0 ヒューストン・アストロズ アリゾナ・ダイヤモンドバックス 3-2 セントルイス・カージナルス
2002 セントルイス・カージナルス 3-0 アリゾナ・ダイヤモンドバックス サンフランシスコ・ジャイアンツ 3-2 アトランタ・ブレーブス
2003 シカゴ・カブス 3-2 アトランタ・ブレーブス フロリダ・マーリンズ 3-1 サンフランシスコ・ジャイアンツ
2004 セントルイス・カージナルス 3-1 ロサンゼルス・ドジャース ヒューストン・アストロズ 3-2 アトランタ・ブレーブス
2005 セントルイス・カージナルス 3-0 サンディエゴ・パドレス ヒューストン・アストロズ 3-1 アトランタ・ブレーブス
2006 ニューヨーク・メッツ 3-0 ロサンゼルス・ドジャース セントルイス・カージナルス 3-1 サンディエゴ・パドレス
2007 アリゾナ・ダイヤモンドバックス 3-0 シカゴ・カブス コロラド・ロッキーズ 3-0 フィラデルフィア・フィリーズ
2008 ロサンゼルス・ドジャース 3-0 シカゴ・カブス フィラデルフィア・フィリーズ 3-1 ミルウォーキー・ブルワーズ
2009 ロサンゼルス・ドジャース 3-0 セントルイス・カージナルス フィラデルフィア・フィリーズ 3-1 コロラド・ロッキーズ
2010 フィラデルフィア・フィリーズ 3-0 シンシナティ・レッズ サンフランシスコ・ジャイアンツ 3-1 アトランタ・ブレーブス
2011 セントルイス・カージナルス 3-2 フィラデルフィア・フィリーズ ミルウォーキー・ブルワーズ 3-2 アリゾナ・ダイヤモンドバックス
2012 セントルイス・カージナルス 3-2 ワシントン・ナショナルズ サンフランシスコ・ジャイアンツ 3-2 シンシナティ・レッズ
2013 セントルイス・カージナルス 3-2 ピッツバーグ・パイレーツ ロサンゼルス・ドジャース 3-1 アトランタ・ブレーブス

アメリカンリーグ (ALDS)[編集]

年度 勝利チーム 勝敗 敗戦チーム 勝利チーム 勝敗 敗戦チーム
1995 クリーブランド・インディアンス 3-0 ボストン・レッドソックス シアトル・マリナーズ 3-2 ニューヨーク・ヤンキース
1996 ニューヨーク・ヤンキース 3-1 テキサス・レンジャーズ ボルチモア・オリオールズ 3-1 クリーブランド・インディアンス
1997 ボルチモア・オリオールズ 3-1 シアトル・マリナーズ クリーブランド・インディアンス 3-2 ニューヨーク・ヤンキース
1998 ニューヨーク・ヤンキース 3-0 テキサス・レンジャーズ クリーブランド・インディアンス 3-1 ボストン・レッドソックス
1999 ニューヨーク・ヤンキース 3-0 テキサス・レンジャーズ ボストン・レッドソックス 3-2 クリーブランド・インディアンス
2000 シアトル・マリナーズ 3-0 シカゴ・ホワイトソックス ニューヨーク・ヤンキース 3-2 オークランド・アスレチックス
2001 ニューヨーク・ヤンキース 3-2 オークランド・アスレチックス シアトル・マリナーズ 3-2 クリーブランド・インディアンス
2002 ミネソタ・ツインズ 3-2 オークランド・アスレチックス アナハイム・エンゼルス 3-1 ニューヨーク・ヤンキース
2003 ニューヨーク・ヤンキース 3-1 ミネソタ・ツインズ ボストン・レッドソックス 3-2 オークランド・アスレチックス
2004 ニューヨーク・ヤンキース 3-1 ミネソタ・ツインズ ボストン・レッドソックス 3-0 アナハイム・エンゼルス
2005 シカゴ・ホワイトソックス 3-0 ボストン・レッドソックス ロサンゼルス・エンゼルス 3-2 ニューヨーク・ヤンキース
2006 デトロイト・タイガース 3-1 ニューヨーク・ヤンキース オークランド・アスレチックス 3-0 ミネソタ・ツインズ
2007 ボストン・レッドソックス 3-0 ロサンゼルス・エンゼルス クリーブランド・インディアンス 3-1 ニューヨーク・ヤンキース
2008 タンパベイ・レイズ 3-1 シカゴ・ホワイトソックス ボストン・レッドソックス 3-1 ロサンゼルス・エンゼルス
2009 ニューヨーク・ヤンキース 3-0 ミネソタ・ツインズ ロサンゼルス・エンゼルス 3-0 ボストン・レッドソックス
2010 テキサス・レンジャーズ 3-2 タンパベイ・レイズ ニューヨーク・ヤンキース 3-0 ミネソタ・ツインズ
2011 テキサス・レンジャーズ 3-1 タンパベイ・レイズ デトロイト・タイガース 3-2 ニューヨーク・ヤンキース
2012 ニューヨーク・ヤンキース 3-2 ボルチモア・オリオールズ デトロイト・タイガース 3-2 オークランド・アスレチックス
2013 ボストン・レッドソックス 3-1 タンパベイ・レイズ デトロイト・タイガース 3-2 オークランド・アスレチックス

1981年のディビジョンシリーズ[編集]

1981年のシーズンはストライキによって、6月12日から8月8日にわたってシーズンが中断され、8月9日のオールスターの後、8月10日にシーズンが再開されるまで、全体の38パーセントにあたる713試合が行われなかった。そのため、シーズンを前期(6月12日以前)と後期(8月10日以後)に分けて、各地区で前期・後期の優勝チームによって、地区優勝チームを決めるために5回戦制でディビジョンシリーズを行った。

結果は下記のとおり。

シリーズ 地区 勝利チーム 勝敗 敗戦チーム
NLDS 東地区 モントリオール・エクスポズ 3-2 フィラデルフィア・フィリーズ
西地区 ロサンゼルス・ドジャース 3-2 ヒューストン・アストロズ
ALDS 東地区 ニューヨーク・ヤンキース 3-2 ミルウォーキー・ブルワーズ
西地区 オークランド・アスレチックス 3-0 カンザスシティ・ロイヤルズ

関連項目[編集]