1995年のアメリカンリーグディビジョンシリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1995年のアメリカンリーグディビジョンシリーズ
チーム 勝数
クリーブランド・インディアンス 3
ボストン・レッドソックス 0
シリーズ情報
試合日程 10月3日 - 10月6日
チーム情報
クリーブランド・インディアンス(CLE)
監督 マイク・ハーグローブ
シーズン成績 100勝44敗(中地区優勝)
ボストン・レッドソックス(BOS)
監督 ケビン・ケネディ
シーズン成績 86勝58敗(東地区優勝)
チーム 勝数
シアトル・マリナーズ 3
ニューヨーク・ヤンキース 2
シリーズ情報
試合日程 10月3日 - 10月8日
チーム情報
シアトル・マリナーズ(SEA)
監督 ルー・ピネラ
シーズン成績 79勝66敗(西地区優勝)
ニューヨーク・ヤンキース(NYY)
監督 バック・ショーウォルター
シーズン成績 79勝65敗(ワイルドカード

 < 1981
ALDS
1995

1996 > 

 < 1981
NLDS
1995

1996 > 
1995ALCS 1995ワールドシリーズ

1995年のアメリカンリーグディビジョンシリーズ1995 American League Division Series, ALDS)は、1995年10月3日から10月8日まで行われたMLBアメリカンリーグディビジョンシリーズ(地区シリーズ)である。

概要[編集]

前年の1994年の球団拡張にともない東中西3地区制に移行し、この年から各地区の優勝チームとワイルドカードを含めた4チームでディビジョンシリーズが開催された。実際は1994年から実施されるはずであったが、ストライキでシーズンが途中で中断されたため開催されず、この年からの開催となった。

対戦は、アメリカンリーグ東地区優勝のボストン・レッドソックスアメリカンリーグ中地区優勝のクリーブランド・インディアンスアメリカンリーグ西地区優勝のシアトル・マリナーズアメリカンリーグ東地区ワイルドカードニューヨーク・ヤンキースとの対戦となった。結果は、3勝0敗でクリーブランド・インディアンスと、3勝2敗でシアトル・マリナーズが勝利し、リーグチャンピオンシップシリーズへ進出した。

この年から3年間は、第1戦を本拠地で開催する権利があるチーム(ホストチーム)があらかじめ決められており、対戦カードはワイルドカードチームが同地区チーム及びホストチームと当たらないように組まれていた。また、第5戦は第3・4戦が開催された球場で行われていた。

試合結果[編集]

表中のR得点H安打E失策を示す。日付は現地時間。

レッドソックス対インディアンス[編集]

第1試合 10月3日[編集]

オハイオ州クリーブランド - ジェイコブス・フィールド

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 R H E
レッドソックス 0 0 2 0 0 0 0 1 0 0 1 0 0 4 11 2
インディアンス 0 0 0 0 0 3 0 0 0 0 1 0 1 5 10 2
  1. : ケン・ヒル (1-0)  : ツェイン・スミス (0-1)  
  2. :  BOS – ジョン・バレンティン (1) ティム・ネーリング (1) ルイス・アリセア (1)
      CLE – アルバート・ベル (1) トニー・ペーニャ (1)
  3. 観客動員数: 44,218人 試合時間: 5時間1分

第2試合 10月4日[編集]

オハイオ州クリーブランド - ジェイコブス・フィールド

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
レッドソックス 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 1
インディアンス 0 0 0 0 2 0 0 2 X 4 4 2
  1. : オーレル・ハーシュハイザー (1-0)  : エリック・ハンソン (0-1)  
  2. :  CLE – エディ・マレー (1)
  3. 観客動員数: 44,264人 試合時間: 2時間33分

第3試合 10月6日[編集]

マサチューセッツ州ボストン - フェンウェイ・パーク

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
インディアンス 0 2 1 0 0 5 0 0 0 8 11 2
レッドソックス 0 0 0 1 0 0 0 1 0 2 7 1
  1. : チャールズ・ネイギー (1-0)  : ティム・ウェイクフィールド (0-1)  
  2. :  CLE – ジム・トーミ (1)
  3. 観客動員数: 34,211人 試合時間: 3時間18分

マリナーズ対ヤンキース[編集]

第1試合 10月3日[編集]

ニューヨーク州ニューヨーク・ブロンクス - ヤンキー・スタジアム

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
マリナーズ 0 0 0 1 0 1 2 0 2 6 9 0
ヤンキース 0 0 2 0 0 2 4 1 X 9 13 0
  1. : デービッド・コーン (1-0)  : ジェフ・ネルソン (0-1)  
  2. :  SEA – ケン・グリフィー・ジュニア 2 (2)  NYY – ウェイド・ボッグス (1) ルーベン・シエラ (1)
  3. 観客動員数: 57,178人 試合時間: 3時間38分

第2試合 10月4日[編集]

ニューヨーク州ニューヨーク・ブロンクス - ヤンキー・スタジアム

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 R H E
マリナーズ 0 0 1 0 0 1 2 0 0 0 0 1 0 0 0 5 16 2
ヤンキース 0 0 0 0 1 2 1 0 0 0 0 1 0 0 2 7 11 0
  1. : マリアノ・リベラ (1-0)  : ティム・ベルチャー (0-1)  
  2. :  SEA – ビンス・コールマン (1) ケン・グリフィー・ジュニア (3)
      NYY – ポール・オニール (1) ルーベン・シエラ (2) ドン・マッティングリー (1) ジム・レイリッツ (1)
  3. 観客動員数: 57,126人 試合時間: 5時間12分

第3試合 10月6日[編集]

ワシントン州シアトル - キングドーム

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ヤンキース 0 0 0 1 0 0 1 2 0 4 6 2
マリナーズ 0 0 0 0 2 4 1 0 X 7 7 0
  1. : ランディ・ジョンソン (1-0)  : ジャック・マクダウエル (0-1)  S: ノーム・チャールトン (1)  
  2. :  NYY – バーニー・ウィリアムス 2 (2) マイク・スタンリー (1)  SEA – ティノ・マルティネス (1)
  3. 観客動員数: 57,944人 試合時間: 3時間14分

第4試合 10月7日[編集]

ワシントン州シアトル - キングドーム

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ヤンキース 3 0 2 0 0 0 0 1 2 8 14 1
マリナーズ 0 0 4 0 1 1 0 5 X 11 16 0
  1. : ノーム・チャールトン (1-0)  : ジョン・ウェッテランド (0-1)  S: ビル・リズリー (1)  
  2. :  NYY – ポール・オニール (2)
      SEA – ケン・グリフィー・ジュニア (4) エドガー・マルティネス 2 (2), ジェイ・ビューナー (1)
  3. 観客動員数: 57,180人 試合時間: 4時間8分

第5試合 10月8日[編集]

ワシントン州シアトル - キングドーム

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 R H E
ヤンキース 0 0 0 2 0 2 0 0 0 0 1 5 6 0
マリナーズ 0 0 1 1 0 0 0 2 0 0 2 6 15 0
  1. : ランディ・ジョンソン (2-0)  : ジャック・マクダウエル (0-2)  
  2. :  NYY – ポール・オニール (3)  SEA – ジョーイ・コーラ (1) ケン・グリフィー・ジュニア (5)
  3. 観客動員数: 57,411人 試合時間: 4時間19分

参考文献[編集]