2001年のワールドシリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
2001年のワールドシリーズ
チーム 勝数
アリゾナ・ダイヤモンドバックスNL 4
ニューヨーク・ヤンキースAL 3
シリーズ情報
試合日程 10月27日 - 11月4日
MVP ランディ・ジョンソン(ARI)
カート・シリング(ARI)
ALCS NYY 4-1 SEA
NLCS ARI 4-1 ATL
チーム情報
アリゾナ・ダイヤモンドバックス(ARI)
監督 ボブ・ブレンリー
シーズン成績 87勝74敗
ニューヨーク・ヤンキース(NYY)
監督 ジョー・トーリ
シーズン成績 94勝68敗
ワールドシリーズ
 < 2000 2002 > 

2001年のワールドシリーズは、2001年10月27日から11月4日まで行われたメジャーリーグワールドシリーズである。

概要[編集]

第97回ワールドシリーズ。アメリカンリーグ西地区の覇者シアトル・マリナーズを破り4連覇を狙うニューヨーク・ヤンキースナショナルリーグ東地区の覇者アトランタ・ブレーブスを破り初出場を果たしたアリゾナ・ダイヤモンドバックスとの対戦となった。9月11日アメリカ同時多発テロ事件の影響でワールドシリーズの開幕が遅れた。結果は4勝3敗でアリゾナ・ダイヤモンドバックスが初優勝を飾った。

MVPは3勝0敗、防御率1.04、19奪三振の成績をあげたランディ・ジョンソンと、1勝0敗、防御率1.69、26奪三振の成績をあげたカート・シリングが同時選出。

試合結果[編集]

表中のR得点H安打E失策を示す。日付は現地時間。

第1戦 10月27日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ヤンキース 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 3 2
ダイヤモンドバックス 1 0 4 4 0 0 0 0 X 9 10 0
  1. : カート・シリング(1-0)  : マイク・ムッシーナ(0-1)  
  2. :  ARI – クレイグ・カウンセル(1) ルイス・ゴンザレス(1)
  3. 観客動員数: 49,646人 試合時間: 2時間44分

第2戦 10月28日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ヤンキース 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0
ダイヤモンドバックス 0 1 0 0 0 0 3 0 X 4 5 0
  1. : ランディ・ジョンソン(1-0)  : アンディ・ペティット(0-1)  
  2. :  ARI – マット・ウィリアムス (1)
  3. 観客動員数: 49,646人 試合時間: 2時間35分

第3戦 10月30日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ダイヤモンドバックス 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 3 3
ヤンキース 0 1 0 0 0 1 0 0 X 2 7 1
  1. : ロジャー・クレメンス (1-0)  : ブライアン・アンダーソン (0-1)  S: マリアノ・リベラ (1)  
  2. :  NYY – ホルヘ・ポサダ (1)
  3. 観客動員数: 55,820人 試合時間: 3時間26分

第4戦 10月31日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 R H E
ダイヤモンドバックス 0 0 0 1 0 0 0 2 0 0 3 6 0
ヤンキース 0 0 1 0 0 0 0 0 2 1 4 7 0
  1. : マリアノ・リベラ(1-0)  : 金炳賢(0-1)  
  2. :  ARI – マーク・グレース(1)  NYY – デレク・ジーター(1) ティノ・マルティネス(1) シェーン・スペンサー(1)
  3. 観客動員数: 55,863人 試合時間: 3時間31分

第5戦 11月1日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
ダイヤモンドバックス 0 0 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 2 8 0
ヤンキース 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 0 1 3 9 1
  1. : スターリング・ヒッチコック(1-0)  : アルビー・ロペス(0-1)  
  2. :  ARI – スティーブ・フィンリー(1) ロッド・バラハス(1)  NYY – スコット・ブロシアス(1)
  3. 観客動員数: 56,018人 試合時間: 4時間15分

第6戦 11月3日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ヤンキース 0 0 0 0 0 2 0 0 0 2 7 1
ダイヤモンドバックス 1 3 8 3 0 0 0 0 X 15 22 0
  1. : ランディ・ジョンソン(2-0)  : アンディ・ペティット(0-2)  
  2. 観客動員数: 49,707人 試合時間: 3時間33分

第7戦 11月4日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ヤンキース 0 0 0 0 0 0 1 1 0 2 6 3
ダイヤモンドバックス 0 0 0 0 0 1 0 0 2 3 11 0
  1. : ランディ・ジョンソン(3-0)  : マリアノ・リベラ(1-1)  
  2. :  NYY – アルフォンソ・ソリアーノ(1)
  3. 観客動員数: 49,589人 試合時間: 3時間20分

展開[編集]

まず、球団創設4年目でのワールドシリーズ制覇を狙うダイヤモンドバックスが、第1戦シリング、第2戦ジョンソンと二枚看板の好投と、打線の爆発で地元で連勝。

ヤンキー・スタジアムに舞台を移した第3戦では、ジョージ・W・ブッシュ大統領ニューヨーク市消防署(FDNY)フリースを来て始球式を行う。地元に戻ったヤンキースはまず第3戦をクレメンス~リベラの継投でまず1勝をあげる。そして、第4戦ではジーターが金炳賢からサヨナラ本塁打。ワールドシリーズ史上初めて11月に行われることとなった第5戦ではアルフォンゾ・ソリアーノがサヨナラ安打と、いずれも延長サヨナラ勝ちを収め、ヤンキースがワールドシリーズ4連覇に王手をかけた。

フェニックスに戻った第6戦では、序盤からダイヤモンドバックス打線が爆発し、先発ジョンソンを早目に降板させる余裕を作って3勝3敗のタイとした。

迎えた最終第7戦の両軍先発投手は、シリングとクレメンスとなった。6回裏にダイヤモンドバックスが1点を先制するが、ヤンキースはすぐに7回表に同点に追いつき、8回表にはソリアーノの本塁打で1点を勝ち越す。ヤンキースがさらにチャンスを作ると、ダイヤモンドバックスは前日104球を投げたジョンソンを登板させ、後続を断った。ヤンキースは8回裏からクローザーのリベラをマウンドに送り、ルイス・ゴンザレスマット・ウィリアムススティーブ・フィンリーといった強打者を3者凡退に打ち取り、ワールドシリーズ4連覇まであと1イニングとなった。しかし9回裏、2イニング目のリベラが捕まる。先頭打者のマーク・グレースがヒットで出塁。続くダミアン・ミラーの送りバントでリベラが二塁封殺を狙ったが間に合わず、無死一・二塁とピンチを広げてしまった。続くジェイ・ベルのバントは三塁封殺したが、トニー・ウォーマックが二塁打を放ち、ダイヤモンドバックスが同点に追いつく。さらにクレイグ・カウンセルデッドボールで満塁となった。そして、ゴンザレスが遊撃手ジーターの頭上を越えるサヨナラヒットを放つ。ヤンキースの4連覇はならず、球団創設4年目のワールドチャンピオンが誕生した。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]