2000年のアメリカンリーグディビジョンシリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
2000年のアメリカンリーグディビジョンシリーズ
チーム 勝数
シアトル・マリナーズ 3
シカゴ・ホワイトソックス 0
シリーズ情報
試合日程 10月3日 - 10月6日
チーム情報
シアトル・マリナーズ(SEA)
監督 ルー・ピネラ
シーズン成績 91勝71敗(ワイルドカード
シカゴ・ホワイトソックス(CWS)
監督 ジェリー・マニエル
シーズン成績 95勝67敗(中地区優勝)
チーム 勝数
ニューヨーク・ヤンキース 3
オークランド・アスレチックス 2
シリーズ情報
試合日程 10月3日 - 10月8日
チーム情報
ニューヨーク・ヤンキース(NYY)
監督 ジョー・トーリ
シーズン成績 87勝74敗(東地区優勝)
オークランド・アスレチックス(OAK)
監督 アート・ハウ
シーズン成績 91勝70敗(西地区優勝)

 < 1999
ALDS
2000

2001 > 

 < 1999
NLDS
2000

2001 > 
2000ALCS 2000ワールドシリーズ

2000年のアメリカンリーグディビジョンシリーズ2000 American League Division Series, ALDS)は、2000年10月3日から10月8日まで行われたMLBアメリカンリーグディビジョンシリーズ(地区シリーズ)である。

概要[編集]

2000年の対戦は、アメリカンリーグ中地区優勝のシカゴ・ホワイトソックスワイルドカードシアトル・マリナーズアメリカンリーグ西地区優勝のオークランド・アスレチックスアメリカンリーグ東地区優勝のニューヨーク・ヤンキースとの対戦となった。結果は、3勝0敗でシアトル・マリナーズと、3勝2敗でニューヨーク・ヤンキースが勝利し、リーグチャンピオンシップシリーズへ進出した。

試合結果[編集]

表中のR得点H安打E失策を示す。日付は現地時間。

ホワイトソックス対マリナーズ[編集]

第1試合 10月3日[編集]

イリノイ州シカゴ - コミスキー・パークⅡ

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 R H E
マリナーズ 2 1 0 0 0 0 1 0 0 3 7 13 0
ホワイトソックス 0 2 2 0 0 0 0 0 0 0 4 9 0
  1. : ホセ・メサ (1-0)  : キース・フォーク (0-1)  S: 佐々木主浩 (1)  
  2. :  SEA – エドガー・マルティネス (1) ジョン・オルルド (1) ジョー・オリバー (1)  CWS – レイ・ダーラム (1)
  3. 観客動員数: 45,290人 試合時間: 4時間12分

第2試合 10月4日[編集]

イリノイ州シカゴ - コミスキー・パークⅡ

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
マリナーズ 0 2 0 1 1 0 0 0 1 5 9 1
ホワイトソックス 1 0 1 0 0 0 0 0 0 2 5 1
  1. : ポール・アボット (1-0)  : マイク・シロッカ (0-1)  S: 佐々木主浩 (2)  
  2. :  SEA – ジェイ・ビューナー (1)
  3. 観客動員数: 45,383人 試合時間: 3時間16分

第3試合 10月6日[編集]

ワシントン州シアトル - セーフコ・フィールド

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ホワイトソックス 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1 3 1
マリナーズ 0 0 0 1 0 0 0 0 1 2 6 0
  1. : ホセ・パニアグア (1-0)  : ケリー・ウンシュ (0-1)  
  2. 観客動員数: 48,010人 試合時間: 2時間40分

アスレチックス対ヤンキース[編集]

第1試合 10月3日[編集]

カリフォルニア州オークランド - ネットワーク・アソシエイツ・コロシアム

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ヤンキース 0 2 0 0 0 1 0 0 0 3 7 0
アスレチックス 0 0 0 0 3 1 0 1 X 5 10 2
  1. : ギル・ヘレディア (1-0)  : ロジャー・クレメンス (0-1)  S: ジェイソン・イズリングハウゼン (1)  
  2. 観客動員数: 47,360人 試合時間: 3時間04分

第2試合 10月4日[編集]

カリフォルニア州オークランド - ネットワーク・アソシエイツ・コロシアム

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ヤンキース 0 0 0 0 0 3 0 0 1 4 8 1
アスレチックス 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 6 1
  1. : アンディ・ペティット (1-0)  : ケビン・エイピアー (0-1)  S: マリアノ・リベラ (1)  
  2. 観客動員数: 47,860人 試合時間: 3時間15分

第3試合 10月6日[編集]

ニューヨーク州ニューヨーク・ブロンクス - ヤンキー・スタジアム

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
アスレチックス 0 1 0 0 1 0 0 0 0 2 4 2
ヤンキース 0 2 0 1 0 0 0 1 X 4 6 1
  1. : オーランド・ヘルナンデス (1-0)  : ティム・ハドソン (0-1)  S: マリアノ・リベラ (2)  
  2. :  OAK – テレンス・ロング (1)
  3. 観客動員数: 56,606人 試合時間: 3時間12分

第4試合 10月7日[編集]

ニューヨーク州ニューヨーク・ブロンクス - ヤンキー・スタジアム

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
アスレチックス 3 0 0 0 0 3 0 1 4 11 11 0
ヤンキース 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1 8 0
  1. : バリー・ジト (1-0)  : ロジャー・クレメンス (0-2)  
  2. :  OAK – オルメド・サインズ (1)
  3. 観客動員数: 56,915人 試合時間: 3時間42分

第5試合 10月8日[編集]

カリフォルニア州オークランド - ネットワーク・アソシエイツ・コロシアム

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ヤンキース 6 0 0 1 0 0 0 0 0 7 12 0
アスレチックス 0 2 1 2 0 0 0 0 0 5 13 0
  1. : マイク・スタントン (1-0)  : ギル・ヘレディア (1-1)  S: マリアノ・リベラ (3)  
  2. :  NYY – デービッド・ジャスティス (1)
  3. 観客動員数: 41,170人 試合時間: 3時間50分

参考文献[編集]