MLBの賞の一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

野球メジャーリーグベースボール(MLB)では、優秀な成績を収めた選手・球団を賞やトロフィーで表彰している。ナショナルリーグアメリカンリーグのリーク優勝球団、ワールドシリーズを制覇した球団にはトロフィーが贈られる。全米野球記者協会コミッショナー事務局、スポンサー企業などの組織は、打撃・投球・守備などで卓越した成績を記録した選手を表彰している[1]

最優秀選手賞は、通常はMVPと略されて呼ばれる。1931年から全米野球記者協会 (BBWAA) がMVPの表彰を始め、現在に至る。また、MVPはオールスターリーグチャンピオンシップシリーズワールドシリーズでも選出される。打撃ではシルバースラッガー賞ハンク・アーロン賞、投球ではサイ・ヤング賞ローレイズ・リリーフマン賞、守備ではゴールドグラブ賞などの賞がある。DHL デリバリー・マン・オブ・ザ・イヤーカムバック賞は、2005年に制定された最も新しい賞である[2][3]。コミッショナーは自身の裁量で、歴史的偉業を達成した選手や球団を特別表彰することができる。

チームの賞[編集]

コミッショナーズ・トロフィー[編集]

コミッショナーズ・トロフィー(2004年

コミッショナーズ・トロフィーは、コミッショナーからワールドシリーズの優勝球団へ贈られる。ワールドシリーズはアメリカンリーグナショナルリーグのリーグ優勝球団によって1903年以降ほぼ毎年行われている。例外は1904年1994年で、1904年はナ・リーグのニューヨーク・ジャイアンツがア・リーグのボストン・アメリカンズとの対戦を拒否、1994年は選手会によるストライキのため中止された[4]

ワールドシリーズは現在、7回戦制で行われる。勝利チームにはコミッショナーズ・トロフィー、勝利チームの各選手には指輪が贈られる。トロフィーは、1967年から贈られるようになった[5]

現在のトロフィーは、アメリカンリーグとナショナルリーグの合計チーム数を表す30のペナントが立つデザインとなっている[5]NHLスタンレー・カップ [6]NFLヴィンス・ロンバルディ・トロフィー[7]NBAラリー・オブライエン・トロフィー[8]とは異なり、アメリカ合衆国の4大スポーツリーグの中では唯一、トロフィー名に特定の人物の名が冠されていない。

ウォーレン・ジャイルズ・トロフィー[編集]

ウォーレン・ジャイルズ・トロフィーは、ナショナルリーグの優勝チームに毎年贈られる。名前の由来となったウォーレン・ジャイルズは、1951年から1969年にかけてナショナルリーグ会長を務めた。

ウィル・ハリッジ・トロフィー[編集]

ウィル・ハリッジ・トロフィーは、アメリカンリーグの優勝チームに毎年贈られる。名前の由来となったウィル・ハリッジは、1931年から1958年にかけてアメリカンリーグ会長を務めた。

個人への賞[編集]

最優秀選手[編集]

最優秀選手 (MVP) とは、MLBにおいて最も活躍した選手を表彰するものである。

サイ・ヤング賞[編集]

サイ・ヤング賞

サイ・ヤング賞は、最も活躍した投手を表彰する賞で、アメリカンリーグとナショナルリーグからそれぞれ1人ずつ選出される。この賞は、1955年に死去したサイ・ヤングを称え、翌1956年フォード・フリックコミッショナーが制定[9]。当初は両リーグのうちから1人だけが選ばれていたが、1967年から両リーグからそれぞれ1人ずつという現在の形式になった。

最優秀新人選手[編集]

ルーキー・オブ・ザ・イヤー(新人王)は、最も活躍した新人選手を表彰するもので、アメリカンリーグとナショナルリーグからそれぞれ1人ずつ選出される。1947年に制定され、1948年までは両リーグから1人の選出、1949年から各リーグごとに1人の選出となる。最初の受賞者はジャッキー・ロビンソン。これを記念して1987年に「ジャッキー・ロビンソン賞」という別名がつけられた[10]

フレッド・リン1975年)とイチロー2001年)はMVPと新人王を同時受賞している。フェルナンド・バレンズエラ1981年)はサイ・ヤング賞と新人王を同時に受賞した唯一の選手である。

最優秀監督[編集]

最優秀監督賞は、アメリカンリーグナショナルリーグから最も良い監督を表彰するもので、1983年から選出を始めた。全米野球記者協会 (BBWAA) の会員(ア・リーグは28人、ナ・リーグは32人)により選出し、1位票(5点)・2位票(3点)・3位票(1点)をそれぞれ1票を投じた結果で選出される。ボビー・コックス1985年ブルージェイズ1991年ブレーブスで最優秀監督に選出され、史上初めて両リーグで最優秀監督に選出された監督となった。その後、トニー・ラルーサルー・ピネラジム・リーランドが両リーグで最優秀監督に選出された。ジョー・ジラルディ2006年マーリンズ)は、史上初の負け越したチームからの選出となった[11]

ゴールドグラブ賞[編集]

ゴールドグラブ賞

ゴールドグラブ賞は、ナショナルリーグ・アメリカンリーグの各リーグから、守備に卓越した選手が、各チームの監督・コーチの投票によって選出される。所属チームには投票することができない[12]。各ポジション1人(外野手は一括りに3人が選ばれる)ずつ計9人選出される。

シルバースラッガー賞[編集]

シルバースラッガー賞は、アメリカンリーグナショナルリーグの各リーグから、その年のシーズンで最も打撃に優れていた選手が各ポジション1人ずつ計9人が、各チームの監督・コーチの投票によって選出される[13]指名打者制を採用しているアメリカンリーグは投手の代わりに指名打者が選ばれる。

ハンク・アーロン賞[編集]

ハンク・アーロン賞は、アメリカンリーグナショナルリーグの各リーグから、その年に最も活躍したそれぞれ一人ずつの打者を選出。この賞は、1999年ハンク・アーロンが、ベーブ・ルースの通算本塁打記録を更新してから25周年を記念して制定された[14][15]。選出方法は何回か変更が加えられ、2009年はMLB30チームからそれぞれ3人の候補が選ばれ、ファン投票によって各チーム1人、合計30人に絞り、そこから再びファン投票により最終決定された[15]

ローレイズ・リリーフマン賞[編集]

ローレイズ・リリーフマン賞は、1976年に制定され、投手のレギュ―ラーシーズン成績を元に最も多くのポイントを得たリリーフ投手が選出される。セーブが3ポイント(登板時に同点または逆転となる走者が塁にいる時に登板した場合(タフ・セーブ)は4ポイント)、勝利数が2ポイント、敗戦数と救援失敗数がマイナス2ポイント。

カムバック賞[編集]

カムバック賞は、MLBが制定したもっとも新しい表彰である。この賞は2005年にMLBとファイザー社のバイアグラ間のスポンサー契約によって制定された[16]

ワールドシリーズ最優秀選手[編集]

ワールドシリーズ最優秀選手は、ワールドシリーズで最も勝利に貢献した選手に与えられる。この賞は1955年に制定された。当初はスポーツマガジン (SPORT Magazine) によって選出されたが、現在はシリーズ最終戦で記者の委員会と関係者によって選出される[17]

リーグチャンピオンシップシリーズ最優秀選手[編集]

リーグチャンピオンシップシリーズは、ディビジョンシリーズの勝利チームによって行われ、7回戦制で、勝利チームがワールドシリーズに進出する。リーグチャンピオンシップシリーズ最優秀選手は、ナショナルリーグでは1977年アメリカンリーグでは1980年に制定された。

MLBオールスターゲーム最優秀選手[編集]

MLBオールスターゲーム最優秀選手は、オールスターゲームで最も活躍した選手が選出される。1962年アーク・ワードによってアーク・ワード・メモリアル・アワード (Arch Ward Memorial Award) として制定された[18]1970年からコミッショナーズ・トロフィーへ改名したが、1985年から当初のアーク・ワード・メモリアル・アワードに戻した[18]2002年7月5日にテッド・ウィリアムズが死去。同年のオールスターから彼の名誉を称え、テッド・ウィリアムズ最優秀選手 (Ted Williams Most Valuable Player) へ改名[18]2002年のMLBオールスターゲームは引き分けとなったため、MVPは受賞者なしとなり[19]、テッド・ウィリアムズ最優秀選手として初の受賞者は2003年ギャレット・アンダーソンである。

ロベルト・クレメンテ賞[編集]

ロベルト・クレメンテ賞は、ファンやメディアの投票によって人格者で慈善活動を精力的に行っているメジャーリーグ選手に贈られる。この賞は、コミッショナー賞として1971年に制定されたが、1972年のニカラグア地震の救援活動中に事故死したロベルト・クレメンテの名にちなみロベルト・クレメンテ賞へ改称[20]。毎年、全30球団から1人ずつ候補者を選出し、そこから受賞者を選出する[20]

DHL デリバリー・マン・オブ・ザ・イヤー[編集]

DHL デリバリー・マン・オブ・ザ・イヤーは最も優秀なリリーフ投手に贈られる賞である。この賞は、MLBDHLスポンサー契約の一環として2005年に制定された[2]。年間の受賞者 (DHL presents the Delivery Man of the Year) はファン投票[21]、月間の受賞者 (DHL presents the Major League Baseball Delivery Man of the Month) は野球専門家やコメンテーターによって選出される[22]

その他[編集]

トロフィーは銀色の土台の上に金色の野球ボールのデザインとなっている。

コミッショナー特別表彰[編集]

コミッショナー特別表彰は、MLBコミッショナーが歴史的偉業を達成した団体や選手を表彰する[23]。表彰のトロフィーは、ティファニーが製作したものである[24]。表彰は今までにコミッショナーのバド・セリグが選手を9回、球団を1回、それ以外に1回の計11回表彰している。メジャーリーグ記録を更新した選手が表彰されることが多い。シーズン本塁打更新ではサミー・ソーサマーク・マグワイアバリー・ボンズの3選手。イチローはシーズン安打、カル・リプケンは連続試合出場、リッキー・ヘンダーソンは通算の盗塁や得点の記録更新で表彰された[25]

脚注[編集]

  1. ^ MLB Awards” (英語). MLB.com. 2010年1月29日閲覧。
  2. ^ a b DHL named exclusive express delivery and logistics provider for Major League Baseball, MLB Advanced Media” (英語). MLB.com (2005年3月31日). 2010年1月29日閲覧。
  3. ^ Major League Baseball, Pfizer announce the "Major League Baseball Comeback Player of the Year Award Presented by Viagra (sildenafil citrate)"” (英語). MLB.com (2005年8月24日). 2010年1月29日閲覧。
  4. ^ "History of the World Series - 1904" , History of the World Series - 1994” (英語). Sporting News. 2010年1月29日閲覧。
  5. ^ a b Phillies Announce World Series Trophy Tour Presented by Teva Pharmaceuticals and Comcast SportsNet” (英語). PR Newswire Association (2009年1月9日). 2010年1月29日閲覧。
  6. ^ Shea, Kevin l. “Stanley Cup Journals” (英語). Hockey Hall of Fame. 2010年1月29日閲覧。
  7. ^ Lombardi trophy on display” (英語). Central Florida News (2009年1月25日). 2010年1月29日閲覧。
  8. ^ December 2004: Picture This” (英語). National Archives and Records Administration. 2010年1月29日閲覧。
  9. ^ Cy Young Award” (英語). Baseball Almanac. 2010年2月2日閲覧。
  10. ^ Year In Review : 1987 American League” (英語). Baseball Almanac. 2010年2月2日閲覧。
  11. ^ Associated Press (2006年11月17日). “Ex-Marlin Girardi, Tigers' Leyland are top managers” (英語). ESPN.com. 2009年2月2日閲覧。
  12. ^ Gold Glove National League Outfielders” (英語). Baseball Almanac. 2010年2月2日閲覧。
  13. ^ LOUISVILLE SLUGGER ® SILVER SLUGGER™ AWARDS” (英語). Louisville Slugger. 2010年1月31日閲覧。
  14. ^ Prince Fielder, Alex Rodriguez win 2007 Sharp presents Hank Aaron Award” (英語). MLB.com (2007年10月28日). 2010年1月31日閲覧。
  15. ^ a b Fans given larger role in voting process for 2009 Sharp presents the Hank Aaron Award” (英語). MLB.com (2007年8月19日). 2010年1月31日閲覧。
  16. ^ Major League Baseball, Pfizer announce the "Major League Baseball Comeback Player of the Year Award Presented by Viagra (sildenafil citrate)"” (英語). MLB.com (2005年8月24日). 2010年1月31日閲覧。
  17. ^ World Series Most Valuable Player Award” (英語). Baseball Almanac. 2010年1月30日閲覧。
  18. ^ a b c All Star Game Most Valuable Player Award” (英語). Baseball Almanac. 2010年1月30日閲覧。
  19. ^ McCalvy, Adam (2002年7月9日). “All-Star Game finishes in tie” (英語). MLB.com. 2010年1月28日閲覧。
  20. ^ a b Roberto Clemente Award” (英語). MLB.com. 2010年1月30日閲覧。
  21. ^ Newman, Mark (2007年9月25日). “DHL Delivery Man voting has begun” (英語). MLB.com. 2010年1月30日閲覧。
  22. ^ Inaugural season of the "DHL Presents the Major League Baseball Delivery Man of the Month Award" begins” (英語). MLB.com (2005年5月2日). 2010年1月22日閲覧。
  23. ^ Bloom, Barry M. (2007年4月15日). “Commissioner honors Rachel Robinson” (英語). MLB.com. 2010年1月30日閲覧。
  24. ^ About Tiffany & Co.: Tiffany & Co. Sports Trophies” (英語). Tiffany & Co. 2010年1月30日閲覧。
  25. ^ Commissioner's Historic Achievement Award” (英語). MLB.com. 2010年1月30日閲覧。

外部リンク[編集]