フォード・フリック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フォード・フリック(1962年)

フォード・クリストファー・フリック(Ford Christopher Frick、1894年12月19日 - 1978年4月8日)はアメリカMLBの3代目コミッショナー(在任1951年9月20日-1965年11月16日)。

経歴[編集]

野球記者として名声を得た後に、MLBナショナルリーグ会長を歴任したあと、ハッピー・チャンドラーの後任としてコミッショナーに就任した。1970年アメリカ野球殿堂入り。1978年から、メジャーリーグの報道・放送方面で功績のあった人物をたたえる『フォード・C・フリック賞(Ford C. Frick Award)』が創設されている。

ロジャー・マリスの年間最多本塁打記録(1961年)について[編集]

ロジャー・マリスニューヨーク・ヤンキース時代の1961年に、当時の大リーグ年間最多本塁打の61本を放つ。それまで年間最多本塁打の記録を持っていたのは、ベーブ・ルースだった(1927年に記録)。しかし、当時のニューヨークのメディアは、マリスがルースの記録を破るのを快く思っていなかった。コミッショナーのフリックもその一人だった。彼は野球記者時代にベーブ・ルース付きとして親しくしていた[1]

1961年はMLBの球団数が8球団から10球団に、年間試合が154試合から162試合に増加した年であった。フリックはこの記録達成を快く思っておらず、シーズン途中で「ルースは154試合制の下で打ったので、マリスも実際は162試合ではあるが、154試合目までに上回らなかったら、以後これを打っても新記録として認めない」との声明を発表した。これに対して評論家、記者、ファン達が反発して連日議論が盛り上がり、大変な騒ぎとなった[1]

問題の154試合が来たが、マリスは154試合目で59号に到達。ルースの60本塁打を超える事が出来なかった。マリスは158試合目で60号、そして162試合目で61号本塁打を放った。アメリカンリーグ会長のジョー・クローニンは「誰が何と言っても新記録と認めざるを得ない」と強気だった。頑固なフリックもついに折れ、154試合制ではルースの60本、162試合制ではマリスの61本と併記する二本立ての記録を認めた[1]。そして、公式記録にアスタリスク(注釈)を付けるように指示したのであった。

このためマリスの記録は長らくアスタリスク扱いを受けたが、1991年当時コミッショナーだったフェイ・ヴィンセントが「記録は統一されるべきものである。マリスは誰よりも本塁打を打った」との見解を出してアスタリスクを外し、「名誉回復」された。

脚注[編集]

出典・外部リンク[編集]

先代:
ジョン・ヘイドラー
ナショナルリーグ会長
第11代:1934年 - 1951年
次代:
ウォーレン・ジャイルス