1965年の野球

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

< 1965年 | 1965年のスポーツ

競技結果[編集]

日本プロ野球[編集]

ペナントレース[編集]

セントラル・リーグ
順位 球団 勝利 敗戦 引分 勝率 ゲーム差
優勝 読売ジャイアンツ 91 47 2 .659 -
2位 中日ドラゴンズ 77 59 4 .566 13.0
3位 阪神タイガース 71 66 3 .518 19.5
4位 大洋ホエールズ 68 70 2 .493 23.0
5位 広島カープ 59 77 4 .434 31.0
6位 サンケイスワローズ 44 91 5 .326 45.5
パシフィック・リーグ
順位 球団 勝利 敗戦 引分 勝率 ゲーム差
優勝 南海ホークス 88 49 3 .642 -
2位 東映フライヤーズ 76 61 3 .555 12.0
3位 西鉄ライオンズ 72 64 4 .529 15.5
4位 阪急ブレーブス 67 71 2 .486 21.5
5位 東京オリオンズ 62 74 4 .456 25.5
6位 近鉄バファローズ 46 92 2 .333 42.5

日本シリーズ[編集]

読売ジャイアンツ(4勝1敗)南海ホークス

個人タイトル[編集]

  セントラル・リーグ パシフィック・リーグ
タイトル 選手 球団 成績 選手 球団 成績
最優秀選手 王貞治 巨人   野村克也 南海  
最優秀新人 該当者なし   池永正明 西鉄  
首位打者 江藤慎一 中日 .336 野村克也 南海 .320
本塁打王 王貞治 巨人 42本 野村克也 南海 42本
打点王 王貞治 巨人 104点 野村克也 南海 110点
最多安打 近藤和彦 大洋 152本 野村克也 南海 156本
盗塁王 高木守道 中日 44個 広瀬叔功 南海 39個
最優秀防御率 金田正一 巨人 1.84 三浦清弘 南海 1.57
最多勝利 村山実 阪神 25勝 尾崎行雄 東映 27勝
最多奪三振 村山実 阪神 205個 尾崎行雄 東映 259個
最高勝率 山中巽 中日 .857 林俊彦 南海 .850

ベストナイン[編集]

  セントラル・リーグ パシフィック・リーグ
守備位置 選手 球団 選手 球団
投手 村山実 阪神 尾崎行雄 東映
捕手 森昌彦 巨人 野村克也 南海
一塁手 王貞治 巨人 高木喬 近鉄
二塁手 高木守道 中日 D.スペンサー 阪急
三塁手 長嶋茂雄 巨人 小玉明利 近鉄
遊撃手 吉田義男 阪神 小池兼司 南海
外野手 江藤愼一 中日 張本勲 東映
近藤和彦 大洋 広瀬叔功 南海
中暁生 中日 堀込基明 南海

オールスターゲーム[編集]

ドラフト会議[編集]

高校野球[編集]

大学野球[編集]

社会人野球[編集]

メジャーリーグ[編集]

できごと[編集]

2月[編集]

3月[編集]

4月[編集]

5月[編集]

6月[編集]

7月[編集]

8月[編集]

9月[編集]


10月[編集]

11月[編集]

誕生[編集]

1月[編集]

2月[編集]

3月[編集]

4月[編集]

5月[編集]

6月[編集]

7月[編集]

8月[編集]

9月[編集]

10月[編集]

11月[編集]

12月[編集]

死去[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b タイガースヒストリー 1965-1969阪神球団公式サイト
  2. ^ a b 球団のあゆみ 1960年代ヤクルト球団公式サイト
  3. ^ a b 南海ホークス刊『南海ホークス四十年史』362ページ
  4. ^ 講談社刊 宇佐美徹也著「日本プロ野球記録大鑑」170ページ
  5. ^ a b チームヒストリーロッテ球団公式サイト
  6. ^ 日本文芸社刊「2000年優勝記念号 巨人軍歴史新聞」62ページ
  7. ^ 【7月25日】1965年(昭40) 東大卒初のプロ、「南氷洋に行ったつもりで」1年目に初白星スポーツニッポン 2008年7月24日
  8. ^ 南海ホークス刊『南海ホークス四十年史』361ページ
  9. ^ 日外アソシエイツ刊「日本スポーツ事典トピックス1964-2005」14ページ
  10. ^ a b c ベースボール・マガジン社刊『ホエールズ&ベイスターズ60年の軌跡』49ページ
  11. ^ 講談社刊 宇佐美徹也著「日本プロ野球記録大鑑」806ページ
  12. ^ ベースボール・マガジン2012年11月号72ページ
  13. ^ 【8月19日】1965年(昭40) 90打席、506日もヒットが打てなかった男スポーツニッポン 2007年8月11日
  14. ^ a b 【9月4日】1965年(昭40) 通算“401勝” カネやん生涯唯一の2軍登板スポーツニッポン 2007年8月20日
  15. ^ 伊藤茂樹 「アメリカ野球雑学概論」 『週刊ベースボール』2009年3月30日号” (英語). ベースボール・マガジン社. 2012年4月10日閲覧。
  16. ^ 日外アソシエイツ刊「日本スポーツ事典トピックス1964-2005」15ページ
  17. ^ 日本文芸社刊「2000年優勝記念号 巨人軍歴史新聞」63ページ
  18. ^ 週刊ベースボール2011年11月21日号52ページ
  19. ^ 南海ホークス刊『南海ホークス四十年史』194ページ