1938年の野球

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

< 1938年 | 1938年のスポーツ

競技結果[編集]

日本プロ野球[編集]

ペナントレース[編集]

  • 春季
順位 球団 勝利 敗戦 引分 勝率 ゲーム差
優勝 大阪タイガース 29 6 0 .829 -
2位 東京巨人軍 24 11 0 .686 5.0
3位 阪急軍 21 13 1 .618 7.5
4位 イーグルス 18 15 2 .545 10.0
5位 東京セネタース 13 21 1 .382 15.5
6位 名古屋金鯱軍 13 22 0 .371 16.0
7位 名古屋軍 11 24 0 .314 18.0
8位 ライオン軍 9 26 0 .257 20.0
  • 秋季
順位 球団 勝利 敗戦 引分 勝率 ゲーム差
優勝 東京巨人軍 30 9 1 .769 -
2位 大阪タイガース 27 13 0 .675 3.5
3位 阪急軍 21 17 2 .553 8.5
4位 名古屋軍 19 18 3 .514 10.0
5位 東京セネタース 19 20 1 .487 11.0
ライオン軍 19 20 1 .487 11.0
7位 イーグルス 15 20 5 .429 13.0
8位 南海軍 11 26 3 .297 18.0
9位 名古屋金鯱軍 11 29 0 .275 19.5

個人タイトル[編集]

  • 春季
タイトル 選手 球団 成績
最優秀選手 苅田久徳 東京セネタース  
首位打者 中島治康 巨人 .345
本塁打王 B.ハリス イーグルス 6本
打点王 景浦將 大阪 31点
盗塁王 江口行男 金鯱 14個
最優秀防御率 西村幸生 大阪 1.52
最多勝利 スタルヒン 巨人 14勝
最多奪三振 亀田忠 イーグルス 137個
最高勝率 御園生崇男 大阪 .909
  • 秋季
タイトル 選手 球団 成績
最優秀選手 中島治康 巨人  
首位打者 中島治康 巨人 .361
本塁打王 中島治康 巨人 10本
打点王 中島治康 巨人 38点
盗塁王 佐々木常助 金鯱 20個
最優秀防御率 スタルヒン 巨人 1.05
最多勝利 スタルヒン 巨人 19勝
最多奪三振 スタルヒン 巨人 146個
最高勝率 スタルヒン 巨人 .905

ベストナイン[編集]

この年は選出なし

中等野球[編集]

大学野球[編集]

社会人野球[編集]

藤倉電線東京市)4-1 全京城(京城市

メジャーリーグ[編集]


できごと[編集]

3月[編集]

4月[編集]

6月[編集]

7月[編集]

8月[編集]

  • 9月11日 - 南海が対ライオン軍戦(阪急西宮球場)において、17四球で日本プロ野球初の毎回与四球を記録[10]。試合は8対7で南海がサヨナラ勝利。
  • 9月30日 - イーグルスの亀田忠が対金鯱戦で日本プロ野球初の毎回奪三振(三振数は12)を記録[11]

10月[編集]

11月[編集]

  • 11月12日 - 東京巨人軍対金鯱戦(後楽園)で巨人が勝利し、巨人の秋季に於ける優勝が決定。
  • 11月16日 - イーグルス対大阪戦において、日本プロ野球史上初の打順間違いが起きる(参照)[13]
  • 11月17日 - 巨人の中島治康が日本プロ野球史上初の打撃部門のタイトル三冠王を達成するが、当時は三冠王の認識がなく、1965年9月30日のプロ野球実行委員会において三冠王に認定されている[14]
  • 11月26日 - タイガース対巨人の年度優勝決定戦第1戦で、審判の判定に不服を持った巨人・藤本定義監督とバットを手にした三原脩が、試合後に抗議のために審判室に押しかけ、後日、出場停止処分と罰金処分を受ける。三原はこの処分を不服として、閉幕後に巨人を退団。

誕生[編集]

1月[編集]

2月[編集]

3月[編集]

4月[編集]

5月[編集]

6月[編集]

7月[編集]

9月[編集]

10月[編集]

11月[編集]

12月[編集]

死去[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 大修館書店刊「近代体育スポ-ツ年表1800-1907」168-169ページ
  2. ^ a b 南海ホークス刊『南海ホークス四十年史』54ページ
  3. ^ 講談社刊 宇佐美徹也著「日本プロ野球記録大鑑」724ページ
  4. ^ 講談社刊 宇佐美徹也著「日本プロ野球記録大鑑」634ページ
  5. ^ 講談社刊 宇佐美徹也著「日本プロ野球記録大鑑」637ページ
  6. ^ 講談社刊 宇佐美徹也著「日本プロ野球記録大鑑」637ページ
  7. ^ 南海ホークス刊『南海ホークス四十年史』84ページ
  8. ^ 南海ホークス刊『南海ホークス四十年史』85ページ
  9. ^ 講談社刊 宇佐美徹也著「日本プロ野球記録大鑑」534-535ページ
  10. ^ 8安打17残塁、押し出し1
  11. ^ 講談社刊 宇佐美徹也著「日本プロ野球記録大鑑」692ページ
  12. ^ 講談社刊 宇佐美徹也著『プロ野球記録大鑑』P430
  13. ^ 講談社刊 宇佐美徹也著「日本プロ野球記録大鑑」501ページ
  14. ^ 週刊ベースボール2011年11月21日52ページ