1941年の野球

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

< 1941年 | 1941年のスポーツ

競技結果[編集]

日本プロ野球[編集]

ペナントレース[編集]

順位 球団 勝利 敗戦 引分 勝率 ゲーム差
優勝 東京巨人軍 62 22 2 .738 -
2位 阪急軍 53 31 1 .631 9.0
3位 大洋軍 47 37 3 .560 15.0
4位 南海軍 43 41 0 .512 19.0
5位 阪神軍 41 43 0 .488 21.0
6位 名古屋軍 37 47 0 .440 25.0
7位 黒鷲軍 28 56 1 .333 34.0
8位 朝日軍[1] 25 59 1 .298 37.0

個人タイトル[編集]

タイトル 選手 球団 成績
最優秀選手 川上哲治 巨人  
首位打者 川上哲治 巨人 .310
本塁打王 服部受弘 名古屋 8本
打点王 川上哲治 巨人 57点
最多安打 川上哲治 巨人 105本
盗塁王 坪内道則 朝日 26個
最優秀防御率 野口二郎 大洋軍 0.88
最多勝利 森弘太郎 大洋軍 30勝
最多奪三振 中尾輝三 巨人 179個
最高勝率 須田博 巨人 .833

ベストナイン[編集]

この年は選出なし

中等野球[編集]

大学野球[編集]

社会人野球[編集]

メジャーリーグ[編集]


できごと[編集]

1月[編集]

3月[編集]

4月[編集]

6月[編集]

7月[編集]

8月[編集]

10月[編集]

誕生[編集]

1月[編集]

2月[編集]

3月[編集]

4月[編集]

5月[編集]

6月[編集]

7月[編集]

8月[編集]

9月[編集]

10月[編集]

11月[編集]

12月[編集]

死去[編集]

脚注[編集]

  1. ^ この年より、ライオン軍から球団名を変更。また、前年に続いてこの年も最下位となり日本プロ野球史上初の連続最下位となる。
  2. ^ 合併時の日付については、南海ホークス刊『南海ホークス四十年史』55ページ
  3. ^ a b c d 南海ホークス刊『南海ホークス四十年史』55ページ
  4. ^ a b 日本プロ野球では継投によるノーヒットノーランは個人の記録と認められておらず、参考の記録となる。