1940年の野球

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

< 1940年 | 1940年のスポーツ

競技結果[編集]

日本プロ野球[編集]

ペナントレース[編集]

順位 球団 勝利 敗戦 引分 勝率 ゲーム差
優勝 東京巨人軍 76 28 0 .731 -
2位 阪神軍 64 37 3 .634 10.5
3位 阪急軍 61 38 5 .616 12.5
4位 翼軍 56 39 10 .589 15.5
5位 名古屋軍 58 41 5 .586 15.5
6位 黒鷲軍 46 54 4 .460 28.0
7位 名古屋金鯱軍 34 63 7 .351 38.5
8位 南海軍 28 71 6 .283 45.5
9位 ライオン軍 24 76 4 .240 50.0

個人タイトル[編集]

タイトル 選手 球団 成績
最優秀選手 須田博 巨人  
首位打者 鬼頭数雄 ライオン .310
本塁打王 川上哲治 巨人 9本
打点王 中島治康 巨人 67点
最多安打 鬼頭数雄 ライオン 124本
盗塁王 石田政良 名古屋 32個
最優秀防御率 野口二郎 0.91
最多勝利 須田博 巨人 38勝
最多奪三振 亀田忠 黒鷲 297個
最高勝率 三輪八郎 阪神 .762

ベストナイン[編集]

守備位置 選手 球団
投手 須田博 巨人
捕手 田中義雄 阪神
一塁手 川上哲治 巨人
二塁手 苅田久徳
三塁手 水原茂 巨人
遊撃手 上田藤夫 阪急
外野手 鬼頭数雄 ライオン
山田伝 阪急
中島治康 阪神

中等野球[編集]

大学野球[編集]

社会人野球[編集]

メジャーリーグ[編集]


できごと[編集]

3月[編集]

4月[編集]

5月[編集]

6月[編集]

7月[編集]

8月[編集]

  • 8月2日 - 【MLB】ボストン・レッドソックスジョー・クローニンが2度目のサイクル安打を達成。
  • 8月3日 - 大阪の三輪八郎が満州国の大連大連満倶球場で行われた対巨人戦においてノーヒットノーランを達成、スコアは1対0。日本国外での達成はプロ野球史上初で唯一の事例。
  • 8月6日 - 名古屋対翼戦は延長11回0対0の引き分けに終わるが、名古屋の岡本敏男は11回を完封しているが、完封して引き分けたのは日本プロ野球初[8]
  • 8月11日 - 大連満倶球場の大阪と西日本との試合において、試合は若林の三塁打をスクイズで返した1点を守り、1対0で大阪が勝利したが、この時先発した阪神の若林忠志が80球、西日本の森弘太郎が77球の、両軍合わせて157球で試合を終わらせている。[9][10]
  • 8月22日 - 阪急の石田光彦が対ライオン戦(大連満倶球場)において、2度目のノーヒットノーランを達成、スコアは9対0。

9月[編集]

10月[編集]

11月[編集]

  • 11月16日 - 巨人対阪神戦(後楽園球場)において巨人が勝利し、巨人の優勝が決定している。
  • 11月16日 - 南海の清水秀雄が対阪急戦で延長12回ながら17奪三振を記録[12]
  • 11月29日 - 黒鷲の亀田忠が対ライオン戦の7回、日本タイ記録の1イニング6与四死球(押し出し2)を記録[13]

シーズンオフ[編集]

誕生[編集]

1月[編集]

2月[編集]

3月[編集]

4月[編集]

5月[編集]

6月[編集]

7月[編集]

8月[編集]

9月[編集]

10月[編集]

11月[編集]

12月[編集]

死去[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ベースボールマガジン2011年11月号37ページ
  2. ^ 南海ホークス刊『南海ホークス四十年史』54ページ
  3. ^ a b 南海ホークス刊『南海ホークス四十年史』55ページ
  4. ^ a b 講談社刊 宇佐美徹也著「日本プロ野球記録大鑑」692ページ
  5. ^ 南海ホークス刊『南海ホークス四十年史』94ページ
  6. ^ 大修館書店刊「近代体育スポ-ツ年表1800-1907」173ページ
  7. ^ 中日新聞社刊「中日ドラゴンズ70年史」44ページ
  8. ^ 講談社刊 宇佐美徹也著「日本プロ野球記録大鑑」852ページ
  9. ^ 公式記録では1948年8月11日に若林が投げた試合が最少投球としているが、これは戦前の記録を公式から除外しているため
  10. ^ ベースボールマガジン2011年11月号63-64ページ
  11. ^ 講談社刊『昭和 二万日の全記録』第5巻295ページ
  12. ^ 南海ホークス刊『南海ホークス四十年史』94ページ
  13. ^ 講談社刊 宇佐美徹也著「日本プロ野球記録大鑑」637ページ
  14. ^ 戦後の大洋ホエールズとは球団の系譜は無関係