1972年の野球

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

< 1972年 | 1972年のスポーツ

競技結果[編集]

日本プロ野球[編集]

ペナントレース[編集]

セントラル・リーグ
順位 球団 勝利 敗戦 引分 勝率 ゲーム差
優勝 読売ジャイアンツ 74 52 4 .587 -
2位 阪神タイガース 71 56 3 .559 3.5
3位 中日ドラゴンズ 67 59 4 .532 7.0
4位 ヤクルトアトムズ 60 67 3 .472 14.5
5位 大洋ホエールズ 57 69 4 .452 17.0
6位 広島東洋カープ 49 75 6 .395 24.0
パシフィック・リーグ
順位 球団 勝利 敗戦 引分 勝率 ゲーム差
優勝 阪急ブレーブス 80 48 2 .625 -
2位 近鉄バファローズ 64 60 6 .5161 14.0
3位 南海ホークス 65 61 4 .5158 14.0
4位 東映フライヤーズ 63 61 6 .508 15.0
5位 ロッテオリオンズ 59 68 3 .465 20.5
6位 西鉄ライオンズ 47 80 3 .370 32.5

日本シリーズ[編集]

  • 読売ジャイアンツ(4勝1敗)阪急ブレーブス

個人タイトル[編集]

  セントラル・リーグ パシフィック・リーグ
タイトル 選手 球団 成績 選手 球団 成績
最優秀選手 堀内恒夫 巨人   福本豊 阪急  
最優秀新人 安田猛 ヤクルト   加藤初 西鉄  
首位打者 若松勉 ヤクルト .329 張本勲 東映 .358
本塁打王 王貞治 巨人 48本 長池徳二 阪急 41本
打点王 王貞治 巨人 120点 野村克也
大杉勝男
南海
東映
101点
最多安打 衣笠祥雄 広島 147本 張本勲 東映 169本
盗塁王 柴田勲 巨人 45個 福本豊 阪急 106個
最多出塁数(セ)
最高出塁率(パ)
王貞治 巨人 249個 張本勲 東映 .443
最優秀防御率 安田猛 ヤクルト 2.08 清俊彦 近鉄 2.36
最多勝利 堀内恒夫 巨人 26勝 山田久志
金田留広
阪急
東映
20勝
最多奪三振 江夏豊 阪神 233個 鈴木啓示 近鉄 180個
最高勝率 堀内恒夫 巨人 .743 佐藤道郎 南海 .750

ベストナイン[編集]

  セントラル・リーグ パシフィック・リーグ
守備位置 選手 球団 選手 球団
投手 堀内恒夫 巨人 山田久志 阪急
捕手 田淵幸一 阪神 野村克也 南海
一塁手 王貞治 巨人 大杉勝男 東映
二塁手 J.シピン 大洋 基満男 西鉄
三塁手 長嶋茂雄 巨人 有藤通世 ロッテ
遊撃手 三村敏之 広島 大橋穣 阪急
外野手 柴田勲 巨人 長池徳二 阪急
高田繁 巨人 張本勲 東映
若松勉 ヤクルト 福本豊 阪急

ダイヤモンドグラブ賞[編集]

  セントラル・リーグ パシフィック・リーグ
守備位置 選手 球団 選手 球団
投手 堀内恒夫 巨人 足立光宏 阪急
捕手 大矢明彦 ヤクルト 種茂雅之 阪急
一塁手 王貞治 巨人 大杉勝男 東映
二塁手 J.シピン 大洋 大下剛史 東映
三塁手 長嶋茂雄 巨人 有藤通世 ロッテ
遊撃手 バート.S 中日 大橋穣 阪急
外野手 高田繁 巨人 福本豊 阪急
山本浩司 広島 池辺巌 ロッテ
柴田勲 巨人 広瀬叔功 南海

オールスターゲーム[編集]

高校野球[編集]

大学野球[編集]

社会人野球[編集]

メジャーリーグ[編集]

できごと[編集]

1月[編集]

3月[編集]

  • 3月11日 - 日本プロ野球コミッショナーの大濱信泉は日本プロ野球の公式記録を1936年7月1日より開催された「結成記念日本野球選手権」を起点とする事を発表[2]

4月[編集]

5月[編集]

6月[編集]

7月[編集]

  • 7月8日 - 広島の山本浩司が対巨人戦(広島)で9打席連続安打のセ・リーグ新記録[13]
  • 7月16日 - 大洋の江藤慎一が対広島戦(青森)で通算1000打点達成[8]
  • 7月18日 - 南海の佐藤道郎6月29日から11試合連続で登板し、パ・リーグ記録を更新[14]
  • 7月18日 - 第1回日米大学野球選手権は日本が5勝2敗で優勝[15]

8月[編集]

9月[編集]

  • 9月17日 - 阪急の福本豊が対南海戦(大阪)でNPB史上初のシーズン100盗塁
  • 9月19日 - 阪神対巨人戦(甲子園)で試合中にアルプススタンドに爆弾を仕掛けたとの脅迫電話があり、3回に12分間中断[16]。この試合、巨人の王貞治が初回に阪神の山本和行から本塁打を放ち、NPB新記録の6試合連続本塁打[19]
  • 9月20日 - 巨人の王貞治が対阪神戦(甲子園)で初回、村山実からNPB記録を更新する7試合連続本塁打。翌21日の同戦で無本塁打に終わり、記録はストップ[19]
  • 9月24日 - 大洋監督代行の青田昇が胆石で入院。コーチの宮崎剛が代行に[8]
  • 9月26日 - 阪急が対南海戦(西宮)に勝利し、2年連続5度目のパ・リーグ優勝[20]
  • 9月30日 - ピッツバーグ・パイレーツロベルト・クレメンテが対ニューヨーク・メッツ戦でMLB通算3000安打達成。この年12月31に亡くなったクレメンテの最後の安打となった

10月[編集]

11月[編集]

  • 11月2日 - 阪神の村山実が現役引退を表明[24]
  • 11月9日 - パ・リーグは来季より前後期の2シーズン制となり、プレーオフの導入を決める[25]。福岡野球による西鉄の買収ならびに球団名変更も正式に承認される。
  • 11月14日 - 大洋監督にこの年監督代行を務めた青田昇が正式就任[8]
  • 11月22日 - 東京球場のロッテへの買取交渉がこの日までに決裂し、同球場の閉鎖が決定する。
  • 11月22日 - 大洋は横浜市に対し、本拠地を移転する事を申し入れる[8]

12月[編集]

  • 12月8日 - この年まで西鉄に在籍していた榎本喜八の任意引退が太平洋より発表。引退に関する榎本の会見やコメントはなく、球団社長は「もはや太平洋に必要などしない」とコメント。
  • 12月11日 - NPBのプロ野球実行委員会はフランチャイズを1球団につき1都道府県とすることに改める[2]
  • 12月31日 - ピッツバーグ・パイレーツのロベルト・クレメンテが、故国のニカラグアで発生した大地震の救援物資を運ぶ飛行機でニカラグアに向かう途中、飛行機がカリブ海に墜落し死亡

誕生[編集]

1月[編集]

2月[編集]

3月[編集]

4月[編集]

5月[編集]

6月[編集]

7月[編集]

8月[編集]

9月[編集]

10月[編集]

11月[編集]

12月[編集]

死去[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 日本プロ野球史■ 1月11日〜20日全国野球振興会 日本プロ野球OBクラブ公式サイト
  2. ^ a b 中日新聞社刊「中日ドラゴンズ70年史」75ページ
  3. ^ 週刊ベースボール2012年4月16日号96ページ
  4. ^ a b 南海ホークス刊『南海ホークス四十年史』362ページ
  5. ^ a b c 球団のあゆみ 1970年代ヤクルト球団公式サイト
  6. ^ 【4月29日】1972年(昭47) 伝説の右腕と2人だけ 外木場義郎3度目の大記録スポーツニッポン2009年4月11日配信
  7. ^ 講談社刊 宇佐美徹也著「日本プロ野球記録大鑑」708ページ
  8. ^ a b c d e f ベースボール・マガジン社刊「ホエールズ&ベイスターズ60年の軌跡」49ページ
  9. ^ ベースボール・マガジン社刊「東京ヤクルトスワローズ40年史ツバメの記憶1969-2009」ページ
  10. ^ 引用エラー: 無効な <ref> タグです。 「as98」という名前の引用句に対するテキストが指定されていません
  11. ^ 日本文芸社刊「2000年優勝記念号巨人軍歴史新聞」94ページ
  12. ^ イースト・プレス刊 村瀬秀信著「プロ野球最期の言葉」156ページ
  13. ^ ベースボールマガジン社刊「広島東洋カープ60年史 HISTORY 1950-2009」47ページ
  14. ^ 南海ホークス刊『南海ホークス四十年史』74ページ
  15. ^ 大修館書店刊「近代体育スポ-ツ年表1800-1907」237ページ
  16. ^ a b 【8月24日】1972年(昭47) 「巨人ベンチの上に爆弾。7時45分に爆発する」スポーツニッポン2007年8月6日配信
  17. ^ 日外アソシエイツ刊 森岡浩編「プロ野球人名事典」64ページ
  18. ^ 講談社刊 宇佐美徹也著「日本プロ野球記録大鑑」645ページ
  19. ^ a b 【9月20日】1972年(昭47) さらに更新!王貞治7試合連続本塁打 引退決意した村山実スポーツニッポン2009年09月11日配信
  20. ^ a b 講談社刊 宇佐美徹也著「日本プロ野球記録大鑑」135ページ
  21. ^ 日外アソシエイツ刊「日本スポーツ事典トピックス1964-2005」102ページ
  22. ^ 日本プロ野球史■ 10月1日〜10日全国野球振興会 日本プロ野球OBクラブ公式サイト
  23. ^ http://bis.npb.or.jp/scores/nipponseries/boxscore1972_5.html 1972年度日本シリーズ 試合結果(第5戦)]NPB公式サイト
  24. ^ 日本プロ野球史■ 11月1日〜10日全国野球振興会 日本プロ野球OBクラブ公式サイト
  25. ^ 大修館書店刊「近代体育スポ-ツ年表1800-1907」236ページ