ゲイロード・ペリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゲイロード・ペリー
Gaylord Perry
GaylordPerryFlickr.jpg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ノースカロライナ州ウィリアムストン
生年月日 1938年9月15日(76歳)
身長
体重
6' 4" =約193 cm
215 lb =約97.5 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1958年
初出場 1962年4月14日
最終出場 1983年10月2日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg 殿堂表彰者Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg
選出年 1991年
得票率 77.20%
選出方法 BBWAA[1]

ゲイロード・ジャクソン・ペリーGaylord Jackson Perry, 1938年9月15日 - )は、MLBの元選手。ポジションは投手アメリカ合衆国ノースカロライナ州ウィリアムストン出身。

3歳上の実兄ジム・ペリーも元投手。

経歴[編集]

1958年6月3日サンフランシスコ・ジャイアンツと契約。

1962年4月14日シンシナティ・レッズ戦でメジャーデビュー[1]

1964年5月31日ニューヨーク・メッツ戦で延長13回から登板し、10イニングを無失点に抑えて勝利投手[2]となり、6月30日の同カードではメジャー初完封を達成[2]。8月から先発に定着し、12勝11敗・防御率2.75を記録した。

1965年は後半戦からリリーフでの登板が多くなり[3]、8勝に留まる。

1966年は開幕から5連勝、1敗の後に7連勝を記録[4]6月26日のレッズ戦では5回までパーフェクトに抑えて2安打完封勝利を挙げる[5]など前半戦で12勝を記録し、オールスターゲームに初選出される。後半戦は7月22日フィラデルフィア・フィリーズ戦で7回まで無安打に抑え、キャリアハイの15奪三振で1失点完投勝利を挙げる[6]など8連勝を記録したがその後6連敗[4]。それでも21勝8敗・防御率2.99・201奪三振の好成績だった。1967年は勝利に恵まれず前半戦は5勝10敗だったが、9月1日のレッズ戦で16イニングを無失点に抑える[7]など後半戦は10勝7敗・防御率1.71と復調[8]し、15勝17敗ながら防御率2.61・230奪三振を記録した。

1968年8月26日シカゴ・カブス戦で7回1死までパーフェクトに抑え、1安打無四死球の「準完全試合」で完封勝利[9]9月17日セントルイス・カージナルス戦ではボブ・ギブソンとの投手戦を制してノーヒットノーランを達成[10][11]するなど16勝15敗・防御率2.45の成績だった。

1969年は19勝14敗・防御率2.49・233奪三振、リーグ最多の325.1イニングを記録した。

1970年は4年ぶりにオールスターゲームに選出され、9月に4連続完封勝利を挙げる[12]などいずれもリーグ最多の23勝・41先発・5完封・328.2イニング・292被安打を記録。ギブソンと並んで最多勝利のタイトルを獲得し、サイ・ヤング賞の投票ではギブソンに次ぐ2位に入った。

1971年は16勝12敗・防御率2.76の成績でチームの地区優勝に貢献。ピッツバーグ・パイレーツとのリーグチャンピオンシップシリ-ズでは第1戦で3失点完投勝利を挙げるが、第4戦で6回途中7失点と打ち込まれて敗戦投手となり[13]、チームは1勝3敗で敗退した。これが結果的に自身最初で最後のポストシーズンとなった。11月29日サム・マクダウェルとの交換トレードで、1選手と共にクリーブランド・インディアンスに移籍。

1972年は移籍1年目ながら開幕投手を務める。前半戦で16勝8敗・防御率1.73を記録し[14]、2年ぶりにオールスターゲームに選出される。24勝16敗・防御率1.92・234奪三振、リーグトップの29完投を記録してウィルバー・ウッドと並んで最多勝利のタイトルを獲得し、自身初のサイ・ヤング賞を受賞。兄ジムも1970年に受賞しており、兄弟の受賞はMLB史上初となった。MVPの投票では6位に入った[15]

1973年7月3日デトロイト・タイガース戦では兄と投げ合い、7回途中5失点で敗戦投手となった[16]。19勝19敗・防御率3.38、いずれもキャリアワーストの115四球・143失点・315被安打・34被本塁打・17暴投と前年から成績を落としたが、リーグトップの29完投、いずれもキャリアハイの238奪三振・344.0イニング・7完封を記録した。

1974年は兄とチームメイトになる。開幕直後から15連勝を記録するなど[17]前半戦で15勝3敗・防御率1.47の好成績で[18]オールスターゲームでは先発投手を務めた[19]。後半戦で6勝10敗と調子を落としたが[18]、21勝13敗・防御率2.51・216奪三振を記録し、サイ・ヤング賞の投票で4位に入った。兄は17勝を挙げ、2人でチーム勝利数(77勝)の半分に当たる38勝を挙げた[20]1975年6月13日に3選手プラス10万ドルとの交換トレードでテキサス・レンジャーズに移籍。

移籍後は4連敗を喫したが、後半戦で11勝3敗・防御率1.86と調子を上げ[21]、シーズン通算で18勝17敗・防御率3.24・233奪三振を記録した。1977年5月18日のタイガース戦で完投勝利を挙げ、サイ・ヤングジム・バニングに次ぐ史上3人目の両リーグ100勝を達成した。

1978年1月25日に1選手プラス12万5千ドルとの交換トレードでサンディエゴ・パドレスに移籍。同年は9月に6勝を記録し、10月1日ロサンゼルス・ドジャース戦ではウォルター・ジョンソン、ギブソンに次ぐ史上3人目の通算3000奪三振を達成するなど、後半戦で12勝2敗・防御率2.36を記録[22]。21勝6敗・防御率2.73の成績で3度目の最多勝利を獲得し、2度目のサイ・ヤング賞を受賞。両リーグでの受賞は史上初だった

1979年は5年ぶりにオールスターゲームに選出されるが、8月に5連敗を喫する[23]など12勝に留まり、連続15勝以上は13年でストップした。

1980年2月15日に1選手との交換トレードで、他2選手と共にレンジャーズに復帰。8月14日に後日発表の1選手を含む2選手との交換トレードでニューヨーク・ヤンキースに移籍。チームは地区優勝を果たしたが、ポストシーズンでの登板はなかった。オフにフリーエージェントとなる。

1981年1月12日アトランタ・ブレーブスに移籍。同年は50日間に及ぶストライキでシーズンが中断・短縮されたこともあって8勝に留まり、10月5日に解雇される。

1982年3月5日に新興のシアトル・マリナーズと契約。5月6日のヤンキース戦で史上15人目の通算300勝を達成。同年は10勝を挙げる。

1983年は3勝10敗と不振で6月27日に解雇。7月6日カンザスシティ・ロイヤルズと契約するが、シーズン通算で7勝14敗に終わり、同年限りで現役引退。兄は通算215勝を記録しており、兄弟の勝利数合計529はフィルジョーのニークロ兄弟(539勝)に次ぐ記録である。

1991年野球殿堂入り。殿堂プレートでは最も長く在籍したジャイアンツの帽子を被っている。2005年7月23日にジャイアンツ時代の背番号36』が球団の永久欠番に指定された.[24]

プレースタイル・特筆[編集]

メジャー史を代表するスピットボーラーであり、ボールにワセリンポマードをつけ、時には紙ヤスリで細工して投げていたという。ジャイアンツで2年間チームメイトだった村上雅則も「ペリーはスピットボールを投げていた」と証言している。しかし誰も証拠を掴めなかったため、引退前年の1982年8月23日に通常考えられない変化球を投げてついに退場処分になるまで一度も退場処分になったことはなかった。また、別のある試合では「怪しい」と感じた審判がペリーを調べたところ、手の中からただの紙がでてきて、紙には「こんなところには隠さないよ。まだまだ甘いね。」と書いてあったという。

1970年春にジャイアンツが来日し、日本各地でオープン戦を行ったが、日本でもスピットボールやグリースボール、エメリーボールを投げた跡がボールから見つかった。審判はまるで気がつかず、「さすがは達人」と唸ってしまい、そのボールを見た伊東一雄は感激したという。

引退後には、新聞記者ボブ・スーダイクとの共著で自伝『私とスピットボール』(原題:Me and the Spitter;: An Autobiographical Confession)を出版。「通算300勝を達成した時にはボールに歯磨き粉をつけて投げていた」等と現役時代のスピッターぶりを告白している。また、自身が反則投球に使用したワセリンを販売する会社を経営している。

バッティングは苦手で、メジャー2年目の1963年には「俺がホームランを打つ前に人類は月へ行くだろう」と語っていた。事実、1969年7月20日午後4時17分にアポロ11号月面に着陸。その直後に初ホームランを打っている(通算では6本打った)。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1962 SF 13 7 1 0 0 3 1 0 -- .750 195 43.0 54 3 14 2 0 20 3 0 29 25 5.23 1.58
1963 31 4 0 0 0 1 6 2 -- .143 340 76.0 84 10 29 7 2 52 4 1 41 34 4.03 1.49
1964 44 19 5 2 1 12 11 5 -- .522 832 206.1 179 16 43 6 5 155 5 0 65 63 2.75 1.08
1965 47 26 6 0 0 8 12 1 -- .400 848 195.2 194 21 70 16 6 170 12 0 105 91 4.19 1.35
1966 36 35 13 3 5 21 8 0 -- .724 1035 255.2 242 15 40 3 5 201 7 0 92 85 2.99 1.10
1967 39 37 18 3 0 15 17 1 -- .469 1178 293.0 231 20 84 17 4 230 13 1 98 85 2.61 1.08
1968 39 38 19 3 5 16 15 1 -- .516 1159 291.0 240 10 59 12 4 173 6 0 93 79 2.44 1.03
1969 40 39 26 3 2 19 14 0 -- .576 1345 325.1 290 23 91 14 11 233 12 0 115 90 2.49 1.17
1970 41 41 23 5 7 23 13 0 -- .639 1336 328.2 292 27 84 8 8 214 11 0 138 117 3.20 1.14
1971 37 37 14 2 1 16 12 0 -- .571 1149 280.0 255 20 67 4 5 158 8 0 116 86 2.76 1.15
1972 CLE 41 40 29 5 2 24 16 1 -- .600 1345 342.2 253 17 82 16 12 234 11 0 79 73 1.92 0.98
1973 41 41 29 7 2 19 19 0 -- .500 1410 344.0 315 34 115 9 5 238 17 0 143 129 3.38 1.25
1974 37 37 28 4 3 21 13 0 -- .618 1262 322.1 230 25 99 7 6 216 2 0 98 90 2.51 1.02
1975 15 15 10 1 1 6 9 0 -- .400 509 121.2 120 16 34 5 1 85 2 0 57 48 3.55 1.27
TEX 22 22 15 4 2 12 8 0 -- .600 739 184.0 157 12 36 1 3 148 3 0 70 62 3.03 1.05
'75計 37 37 25 5 3 18 17 0 -- .514 1248 305.2 277 28 70 6 4 233 5 0 127 110 3.24 1.14
1976 32 32 21 2 5 15 14 0 -- .517 1005 250.1 232 14 52 3 0 143 1 0 93 90 3.24 1.13
1977 34 34 13 4 1 15 12 0 -- .556 986 238.0 239 21 56 4 5 177 3 0 108 89 3.37 1.24
1978 SD 37 37 5 2 2 21 6 0 -- .778 1055 260.2 241 9 66 8 2 154 4 3 96 79 2.73 1.18
1979 32 32 10 0 0 12 11 0 -- .522 963 232.2 225 12 67 10 4 140 6 0 90 79 3.06 1.26
1980 TEX 24 24 6 2 1 6 9 0 -- .400 655 155.0 159 12 46 3 7 107 4 0 74 59 3.43 1.32
NYY 10 8 0 0 0 4 4 0 -- .500 229 50.2 65 2 18 0 1 28 5 0 33 25 4.44 1.64
'80計 34 32 6 2 1 10 13 0 -- .435 884 205.2 224 14 64 3 8 135 9 0 107 84 3.68 1.40
1981 ATL 23 23 3 0 2 8 9 0 -- .471 644 150.2 182 9 24 1 4 60 3 1 70 66 3.94 1.37
1982 SEA 32 32 6 0 0 10 12 0 -- .455 923 216.2 245 27 54 4 4 116 13 0 117 106 4.40 1.38
1983 16 16 2 0 1 3 10 0 -- .231 437 102.0 116 18 23 3 3 42 1 0 60 56 4.94 1.36
KC 14 14 1 1 0 4 4 0 -- .500 374 84.1 98 6 26 1 1 40 4 0 48 40 4.27 1.47
'83計 30 30 3 1 1 7 14 0 -- .333 811 186.1 214 24 49 4 4 82 5 0 108 96 4.64 1.41
通算:22年 777 690 303 53 43 314 265 11 -- .542 21953 5350.1 4938 399 1379 164 108 3534 160 6 2128 1846 3.11 1.18
  • 各年度の太字はリーグ最高

獲得タイトル・表彰・記録[編集]

  • サイ・ヤング賞 2回:1972年, 1978年
  • 最多勝利 3回:1970年, 1972年, 1978年
  • MLBオールスターゲーム 選出 5回:1966年, 1970年, 1972年, 1974年, 1979年
  • ノーヒットノーラン 1回:1968年9月17日

脚注[編集]

  1. ^ 1962 Pitching Gamelogs” (英語). Baseball-Reference.com. 2013年3月23日閲覧。
  2. ^ a b 1964 Pitching Gamelogs” (英語). Baseball-Reference.com. 2013年3月23日閲覧。
  3. ^ 1965 Pitching Gamelogs” (英語). Baseball-Reference.com. 2013年3月24日閲覧。
  4. ^ a b 1966 Pitching Gamelogs” (英語). Baseball-Reference.com. 2013年3月23日閲覧。
  5. ^ Jun 26, 1966, Giants at Reds Box Score and Play by Play” (英語). Baseball-Reference.com. 2013年3月24日閲覧。
  6. ^ Jul 22, 1966, Phillies at Giants Box Score and Play by Play” (英語). Baseball-Reference.com. 2013年3月31日閲覧。
  7. ^ 1967 Pitching Gamelogs” (英語). Baseball-Reference.com. 2013年4月3日閲覧。
  8. ^ 1967 Pitching Splits” (英語). Baseball-Reference.com. 2013年3月31日閲覧。
  9. ^ Aug 26, 1968, Cubs at Giants Box Score and Play by Play” (英語). Baseball-Reference.com. 2013年3月31日閲覧。
  10. ^ Sep 17, 1968, Cardinals at Giants Box Score and Play by Play” (英語). Baseball-Reference.com. 2013年3月31日閲覧。
  11. ^ 翌日チームは逆にカージナルスのレイ・ウォシュバーンにノーヒットノーランを喫した。
  12. ^ 1970 Pitching Gamelogs” (英語). Baseball-Reference.com. 2013年3月31日閲覧。
  13. ^ Postseason Pitching Gamelogs” (英語). Baseball-Reference.com. 2013年4月1日閲覧。
  14. ^ 1972 Pitching Splits” (英語). Baseball-Reference.com. 2013年4月3日閲覧。
  15. ^ 1972 1972 Awards Voting” (英語). Baseball-Reference.com. 2013年4月3日閲覧。
  16. ^ Jul 3, 1973, Tigers at Indians Play by Play and Box Score” (英語). Baseball-Reference.com. 2013年4月3日閲覧。
  17. ^ 1974 Pitching Gamelogs” (英語). Baseball-Reference.com. 2013年4月3日閲覧。
  18. ^ a b 1974 Pitching Splits” (英語). Baseball-Reference.com. 2013年4月3日閲覧。
  19. ^ All-Star Game History and Leaders” (英語). Baseball-Reference.com. 2013年4月3日閲覧。
  20. ^ 1974 Cleveland Indians Batting, Pitching, & Fielding Statistics” (英語). Baseball-Reference.com. 2013年4月3日閲覧。
  21. ^ 1975 Pitching Splits” (英語). Baseball-Reference.com. 2013年4月3日閲覧。
  22. ^ 1978 Pitching Splits” (英語). Baseball-Reference.com. 2013年4月3日閲覧。
  23. ^ 1979 Pitching” (英語). Baseball-Reference.com. 2013年4月4日閲覧。
  24. ^ “Padres Acquire Randa From the Reds”. The Washington Post. (2005年7月24日). http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2005/07/23/AR2005072301059_pf.html 

外部リンク[編集]