ジョー・マクギニティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョー・マクギニティ
Joe McGinnity
Joe McGinnity Baseball.jpg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 イリノイ州
生年月日 1871年3月20日
没年月日 1929年11月14日(満58歳没)
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
初出場 1899年4月18日
最終出場 1908年10月5日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg 殿堂表彰者Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg
選出年 1946年
選出方法 ベテランズ委員会選出

ジョー・マクギニティ(Joseph Jerome "Joe" McGinnity、 1871年3月20日 - 1929年11月14日)は、1900年代のアメリカメジャーリーグの野球選手。主なポジションは投手イリノイ州ロックアイランド生まれ。右投げ右打ち。"Iron Man"(鉄人)のニックネームを持つ。MLB実働12年で5度の最多勝利を獲得、マイナーリーグを含むと500勝近くを挙げた。

略歴[編集]

メジャーデビューは1899年、彼が28歳の時で、いきなり28勝を挙げリーグ最多勝投手になった。同年所属していたボルチモア球団が消滅、翌年ブルックリンに移り、デビューから2年続けて最多勝投手となる。

現ヤンキースの前身であるボルチモア・オリオールズに在籍していたが、1902年ニューヨーク・ジャイアンツに引き抜かれた。翌1903年から1907年まで、登板試合数は5年続けてリーグ最多、投球回も5年続けて300イニングスを超えるなどかなりの登板数をこなす一方で、1903年と1904年には30勝以上をあげてリーグ最多勝、1905年にはワールドシリーズ出場も果たした。ワールドシリーズは17回を投げ自責点はゼロながら、1勝1敗の成績だった。彼は持ち前のタフな肩で、よくダブルヘッダーに続けて登板することがあった。1903年には、「ダブルヘッダー2連勝」を6度、うち3度はわずか1か月の中で達成し、ファンから「鉄人」と呼ばれるようになった。マクギニティが「鉄人」と言われるようになった由来は、元々彼がオフシーズンの間工場で働いていたからだが、それがいつからか彼自身のタフな肩のことを指すようになっていったという。

メジャーリーグには1908年まで12年在籍し、その後はマイナーリーグで54歳まで投げ続け、54歳のシーズンに6勝をあげている。マイナーでも相変わらずダブルヘッダーを続けて投げることがあり、マイナーリーグではダブルヘッダー2連勝を、44歳の時にやってのけたことがある。1929年にニューヨーク州ブルックリンで、58歳で死去。1946年ベテランズ委員会によりアメリカ野球殿堂入り選手に選出された。

通算成績[編集]

投手成績[編集]
































W
H
I
P
465 381 3441.1 246 32 142 24 1068 3276 52 812 182 30 1016 2.66 1.19

マイナー通算成績 登板599 先発395 勝利239 敗戦216 勝率.525 防御率2.68 投球回3768.2

獲得タイトル・記録[編集]

打撃成績[編集]

  • 通算成績:477試合、1297打数251安打、本塁打0、打点90、打率.194

出典・外部リンク[編集]