ジム・バウトン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジム・バウトン
Jim Bouton
基本情報
出身地 Flag of the United States.svgニュージャージー州ニューアーク
生年月日 1939年3月8日(75歳)
身長
体重
6' 0" =約182.9 cm
185 lb =約83.9 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1959年
初出場 1962年4月22日
最終出場 1978年9月29日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ジム・バウトン(James Alan Bouton、1939年3月8日 - )は、アメリカメジャーリーグの元投手で、引退後にスポーツキャスター。ニュージャージー州ニューアーク出身。右投げ右打ち。現役時代のニックネームは"Bulldog"(ブルドッグ)。

来歴・人物[編集]

1962年にニューヨーク・ヤンキースでメジャーデビューしヤンキースのリーグ優勝に貢献。その後シアトル・パイロッツヒューストン・アストロズと渡り歩きアストロズで現役を引退した。

1971年に『Ball Four』(邦題『ボール・フォア 大リーグ衝撃の内幕』)を出版。自らの体験を元に大リーガーたちの生態を描いたこの本は大きな反響を呼びベストセラーを記録。バウトンはスポーツキャスターとして活躍する。一方大リーガーたちの生態が赤裸々に描かれたことから、他の出版社も大リーガーたちの私生活を探ろうとしたため、球団側もマスコミとの距離を置くようになる。本書の出版はメジャーリーグにおいて選手とマスコミの関係を大きく変えるきっかけになったとも指摘される。

引退後のバウトンはテレビのスポーツキャスターに転進。また、映画俳優としてロバート・アルトマン監督の『ロング・グッドバイ』にも出演するなど、成功を収める。一方で現役への未練も密かに断ちがたかった。大リーグへの現役復帰を目指して、1975年にマイナーリーグのポートランド・マーヴェリクスと選手契約を結び現役復帰。そして1977年にシカゴ・ホワイトソックスとマイナー契約を結び本格的に大リーグ復帰を目指す。しかし、バウトンは結果を残せずホワイトソックスではメジャー昇格はならなかった。

しかし1978年、アトランタ・ブレーブスがバウトンと契約を結び、そして1978年9月に大リーグに昇格。自身8年ぶりに大リーグ復帰を果たした。この年は5試合に登板し、1勝をあげた。

近年は、19世紀に行われていた素朴な「ヴィンテージベースボール」の復活活動に力を注ぎ、「ヴィンテージ・ベース・ボール連盟」(Vintage Base Ball Federation)の理事長を務めている。

通算成績[編集]

投手成績[編集]























防御率
304 144 1238.2 62 11 63 6 720 1131 127 435 23 38 492 3.57

獲得タイトル・記録[編集]

打撃成績[編集]

  • 通算:307試合、347打数35安打、本塁打0、打点21、打率.101

出典・外部リンク[編集]